安全保障

コロナ調査要求に対して、中国が豪州を恫喝! 豪州ははねのける! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカは、新型コロナウイルスがどのように生み出され、武漢の地域的な流行から世界的な蔓延にどう変わったかについて、徹底的な調査を求めている。

オーストラリアもこれに賛同する立場を表明し、新型コロナウイルスの起源と感染拡大に関して、(WHOが既に行った調査とは別の)独立調査を行うことへの支持をWHOのすべての加盟国に求め、世界の首脳を相手にロビー活動を展開している。

この動きに機嫌を損ねたのが中国だ。

中国の駐オーストラリア大使は、こうした動きを危険だとし、中国の一般の人たちは、どうしてオーストラリアのワインを飲み、オージービーフを食べないといけないのか言うかもしれないとか、旅行先をオーストラリアにするかどうか考え直すかもしれないとか、子供の留学先がオーストラリアでいいのかとも思うかもしれないと述べ、オーストラリアを脅した。

ワインと牛肉は、オーストラリアの主要な輸出品であり、留学生の受け入れや観光もオーストラリアが外貨を稼ぐのに大いに役立ってきた。

それゆえに、こうした中国大使の発言は、まさにオーストラリアのアキレス腱に触れるような発言だ。

しかも2018年にオーストラリアと中国の間に外交関係で摩擦が生まれた際に、中国はオーストラリア産のワインと牛肉の輸出に嫌がらせを行ったことがある。

オーストラリアのペイン外相は、中国がこうした経済的な威圧を行うことに反対の姿勢を明確にし、今は国際的な協力が求められる時だと述べた。

オーストラリアは全輸出の4割が中国向けとなっており、貿易相手国としての中国の存在感はあまりに絶大だ。

それにも関わらず、オーストラリアは中国の威圧になんとか負けない態度を示している。

さて、私たちの国、日本はどうなんだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://www.reuters.com/article/us-health-coronavirus-australia-china/australia-rejects-chinese-economic-coercion-threat-amid-planned-coronavirus-probe-idUSKCN2290Z6

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  5. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    さらに5カ国がイスラエルとの国交正常化へ! 明らかに変わる中東の力学!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!UA…

  2. 安全保障

    Clubhouseのデータはダダ漏れ! 中国のサーバに暗号化もなしで送信!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    5Gへのファーウェイ参入阻止に向け、米上院が英国に超党派で書簡!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!5G…

  4. 人権・民主主義

    香港「国家安全法」導入決定! 強硬路線進む中国! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 安全保障

    台湾独立派が過半数を超える! 台湾世論調査結果!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Ta…

  6. 経済

    カラチの証券取引所が襲撃される! 知っておきたい裏事情!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!パキ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    コロナ対応の日独差は、何に起因するのか? (朝香 豊)
  2. 経済

    アルゼンチンがまたデフォルト! 新興国危機のラッシュか?(朝香 豊)
  3. 中国

    「文革」が復活する中国! その一方で権力の分裂も進む!(朝香 豊)
  4. 経済

    ソフトバンクG、ピンチ! 三菱も三井住友も融資に応じない見通し! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国で拘束された商社マンに、懲役3年の実刑判決!(朝香 豊)
PAGE TOP