安全保障

コロナ調査要求に対して、中国が豪州を恫喝! 豪州ははねのける! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカは、新型コロナウイルスがどのように生み出され、武漢の地域的な流行から世界的な蔓延にどう変わったかについて、徹底的な調査を求めている。

オーストラリアもこれに賛同する立場を表明し、新型コロナウイルスの起源と感染拡大に関して、(WHOが既に行った調査とは別の)独立調査を行うことへの支持をWHOのすべての加盟国に求め、世界の首脳を相手にロビー活動を展開している。

この動きに機嫌を損ねたのが中国だ。

中国の駐オーストラリア大使は、こうした動きを危険だとし、中国の一般の人たちは、どうしてオーストラリアのワインを飲み、オージービーフを食べないといけないのか言うかもしれないとか、旅行先をオーストラリアにするかどうか考え直すかもしれないとか、子供の留学先がオーストラリアでいいのかとも思うかもしれないと述べ、オーストラリアを脅した。

ワインと牛肉は、オーストラリアの主要な輸出品であり、留学生の受け入れや観光もオーストラリアが外貨を稼ぐのに大いに役立ってきた。

それゆえに、こうした中国大使の発言は、まさにオーストラリアのアキレス腱に触れるような発言だ。

しかも2018年にオーストラリアと中国の間に外交関係で摩擦が生まれた際に、中国はオーストラリア産のワインと牛肉の輸出に嫌がらせを行ったことがある。

オーストラリアのペイン外相は、中国がこうした経済的な威圧を行うことに反対の姿勢を明確にし、今は国際的な協力が求められる時だと述べた。

オーストラリアは全輸出の4割が中国向けとなっており、貿易相手国としての中国の存在感はあまりに絶大だ。

それにも関わらず、オーストラリアは中国の威圧になんとか負けない態度を示している。

さて、私たちの国、日本はどうなんだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://www.reuters.com/article/us-health-coronavirus-australia-china/australia-rejects-chinese-economic-coercion-threat-amid-planned-coronavirus-probe-idUSKCN2290Z6

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 経済

    韓国の建設会社の28%が利払い不能状態に!(朝香 豊)

    韓国の建設会社のうち、外部監査の対象となる1833社の昨年の事…

  2. 道理

    トルコにいる約50万人のウイグル難民! 収容所に親が捕えられた子どもも多い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トル…

  3. 安全保障

    周到な工作で「米製」と偽装しての中国製機器の販売発覚! 8800万ドル分!(朝香 豊)

    ニューヨーク州にあるアベンチュラ・テクノロジーズ社は、十数年に…

  4. 中国

    習近平主席が姿を消す! すでに一週間!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!CN…

  5. 安全保障

    中国系アメリカ人教授が脱税で摘発される! 中国の「千人計画」に関与!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元エ…

  6. 人権・民主主義

    中国刑務所からのSOSのクリスマスカード! 書いた本人名乗り出る!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!英大…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    習近平思想の学習が、中国中の宗教コミュニティで義務化へ!(朝香 豊)
  2. 経済

    政府は大規模減税を示唆! 新型コロナ対策で!(朝香 豊)
  3. 外交

    ラグビーW杯での旭日旗使用さえ、韓国教授は抗議へ! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国の統計は信用ならない! あのイランも言い出す!(朝香 豊)
  5. 道理

    朝日新聞系のwithnewsが「日本死ね!」の称賛記事を掲載! 事実に基づかない…
PAGE TOP