経済

今回の想定を超える台風被害の背景に、インフラの老朽化の影響がある! (朝香 豊)

東京電力パワーグリッドは台風襲撃から5日目の13日に、今後の復旧にさらに2週間かかること、それでも全部の復旧が完了するかどうかはわからないことを明らかにした。

想定外の事態に陥っている背景には、老朽化したインフラの影響が大きいようだ。例えば、送電線の鉄塔は1970年代に建てられたものが多い。1970年代は年間で6000基から8000基の鉄塔が毎年建てられていたが、2000年以降は年間で1000基程度に留まっている。今回の台風では2基の鉄塔が倒れたが、これらは1972年に建てられたもののようだ。

今後の被害をなくすためには、送電線の埋設も重要になるが、コストが圧倒的に変わるので、電力会社としては進めにくいのが実際だろう。このあたりについては情報をしっかりと開示した上で適正な議論が進められるようにすることが求められる。

さて、日本では1995年から電力自由化が少しずつ進められるようになり、この頃から電力会社はコスト削減を強く意識するようになった。1995年に東京電力の資材部長に就任した清水正孝氏(福島原発事故当時の社長)は「コストカッター」とも呼ばれ、全体で2兆円かかっていた調達費の4割削減を実現させたことでも知られる。

総括原価主義で電気料金を上げたい放題だと日本の電力会社は叩かれていたが、実は裏ではこのような激しいコストカットが行われていた。

さらに受注業者を事前に絞り込む談合を行なっていたことが公正取引委員会から独禁法違反だとされ、完全競争入札を求められていたことが響いていることも考えられる。完全競争入札で最安値を提示した企業から購入するとなれば、品質の確保は当然ながら難しくなる。設備関係で完全競争入札を行うのは現実的ではないと思っていたのだが、そういったことも今回の事態に絡んでいる可能性は否定できない。

電力会社を悪者にして終わりとするような議論ではなく、将来をどのようにすればうまく進んでいくのかということを、真剣に議論することを進めていきたいものである。

※ 写真は時事通信のものです

これと関連する日経新聞の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  2. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 人権・民主主義

    トランプ陣営への不当な盗聴! FBI機密文書公開でより明確に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ス…

  2. 経済

    EUからのイギリスの離脱交渉が急激に動き始めた! 合意到達間近か!(朝香 豊)

    交渉内容はまったくわからないが、今月末でのBrexitは、イギ…

  3. 道理

    高校生の修学旅行の中国行きを推進! 観光庁はアホか!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!観光…

  4. 経済

    レバノンで反政府デモと治安部隊が激突! 400人負傷!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カル…

  5. 道理

    英軍ラグビーチームが靖国を訪問したことに関する韓国の報道は実はフェイクではない! (朝香 豊)

    英軍ラグビーチームが靖国神社と遊就館を訪問して、記念撮影の写真…

  6. 安全保障

    新型肺炎のデータ破棄を指示! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!遼寧…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    台湾の国防能力の大幅強化! 米、台湾への1900億円の武器売却!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港を応援しよう! 台湾は29日に香港応援デモ開催へ!
  3. 人権・民主主義

    中国刑務所からのSOSのクリスマスカード! 書いた本人名乗り出る!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    「中国はウイグル自治区に国連監視団受け入れよ」と、イギリスが要求!(朝香 豊)
  5. 経済

    日中韓自由貿易協定の公式交渉開催へ こんなもの必要か?(朝香 豊)
PAGE TOP