経済

中国の配車サービスのDiDiに中国政府が圧力! 上場したてのアメリカの投資家に大打撃!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国国家インターネット情報弁公室(CAC)はアプリストア運営各社に対し、配車サービスを手掛ける中国の滴滴出行(DiDi)のアプリを提供リストから除外するよう命じた。これにより、DiDiは新規ユーザーを獲得できなくなった。

なお、既存ユーザーはアプリを削除しない限り、使用できる模様だ。DiDiは、規制上の要件に沿う形にアプリを修正する作業に取り組んでいるとしている。

中国企業として最大級となったアメリカでの新規株式公開(44億ドル=日本円で5000億円程度の資金を調達)からまだ数日しか経過していないタイミングでのこの命令で、新規公開に応募したアメリカの株主にはこの上ない打撃になった。

共産党機関紙の環球時報はDiDiのアプリの除外命令に関する論説で、アメリカに上場したDiDiの大株主は外国企業だと指摘し、中国は情報セキュリティーで厳しい監督を採用する必要があると主張した。今回の命令は個人情報と国家の安全確保が目的であるとしている。

大株主となったアメリカ人・アメリカ企業であっても、中国企業の企業情報には今まで以上にアクセスできないようにするということのようだ。それならアメリカに株主がまだ生み出されていない新規株式公開前にやるべきではないのか。アメリカの株主の利益など度外視している中国政府の姿勢が、ここに見て取れる。

さらに同紙は、政府が集めるよりも詳細な個人情報を備える「スーパーデータベース」をインターネット企業が持つことを中国は決して容認しないと指摘し、ネット企業が業務で得たデータの全面活用も禁じるとの見通しを示した。

これを文字通り解釈すると、DiDiが規制上の要件に沿う形にアプリを修正するというのは、企業が集めた個人情報を中国政府がそのまま吸い上げる仕組みを作り、その一部だけをDiDiが利用できるようにするという改変を行うということだと思われる。この流れはアリババに対する扱いと同じである。中国政府が企業を通じてビッグデータの情報を徹底的に吸い上げる仕組みに向かっていることを、我々は理解すべきだ。

なお、中国では企業の会計情報を国外に持ち出すことが禁止されている。このためニューヨークなどに上場している中国企業の「会計情報」はデタラメだと思っていい。「それでも習近平が中国経済を崩壊させる」にも記した話だが、中国企業の「デュオヤン・グローバル・ウォーター」は売上を80倍にも水増しした「監査報告書」をアメリカの証券取引所に提出していたくらいである。

こうした中国企業の上場について厳しい姿勢を示していたのがトランプ政権であったが、バイデン政権になってから再び緩められる動きが出ていた。だが、さすがに今回のDiDiの問題を受けては、親中姿勢を持っているバイデン政権であっても、中国企業の上場について考え直さなければならなくなるだろう。

米中のデカップリングは資本市場でも進んでいかざるをえないのが流れである。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.bloomberg.co.jpの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-07-04/QVQ1ONDWRGG301
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/4917
DiDiの画像
https://static.reuters.com/resources/r/?m=02&d=20210704&t=2&i=1567855530&r=LYNXNPEH6305J&w=800

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  2. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  3. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  4. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  5. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    習近平総書記は韓国訪問へ! 世界の流れに逆行する韓国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自由…

  2. 道理

    持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ゴー…

  3. 安全保障

    中国共産党員と家族の米渡航禁止? 揺さぶりかけるトランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    露独の天然ガスパイプラインに暗雲! ロシア反体制指導者毒殺未遂で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロシ…

  5. 人権・民主主義

    民主派の「予備選」が「国家安全法」違反だって! 香港!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    沖縄タイムスが軍隊廃止のコスタリカを絶賛! 歴史的背景を無視!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    香港国家安全維持法が成立! 残念ながら香港は敗北!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    サウジへの派遣軍の増員は抑止と防衛のためだ=ポンペオ国務長官 (朝香 豊)
  4. 安全保障

    ドミニオン集計機のデータはやはりドイツに送られた! 証拠は国土安全保障省へ!(朝…
  5. 経済

    HSBC銀行に「国家安全法」への支持を脅す! 中国政府!(朝香 豊)
PAGE TOP