経済

ジャック・マーがアリババ取締役を退任! 進む毛沢東路線への回帰!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アリババの創業者のジャック・マー氏が、アリババの取締役からも退任していたことがわかった。

マー氏は1年前に取締役会長を辞任し、取締役のメンバーのうちの1人となっていたが、今回取締役も辞任したことになる。

マー氏は保有するアリババ株もどんどん売却し、現在の保有割合は4.8%にまで低下している。

これはアリババを中国共産党系の企業にしようとする習近平政権の方針に従ったものだと思われる。

同様の動きはレノボ、テンセントなど多くの中国の民間大企業でも起こっており、創業者が身の安全を確保するために進んで退任している。

改革・開放経済の進展で、非効率な国有企業の民営化を行って経済成長を実現させてきたのは、「今は昔」の話となった。

近年は「国進民退」(国有企業が勢力を伸ばし、民営企業が衰退する)傾向が強まっている。

これはそのまま中国の再社会主義化であり、毛沢東時代への回帰でもある。

日本などから進出している外資系企業に対する統制も、今度さらに強まっていくのは必然であろう。

中国に進出している日本企業には、このトレンドをぜひ見逃さず、勇気ある撤退を選んでもらいたいものだ。
 
 

ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の看中国の記事
https://www.visiontimesjp.com/?p=9448
Noteからの引用画像(アリババとジャック・マー)
https://assets.st-note.com/production/uploads/images/26389453/rectangle_large_type_2_d32424ca7780f9951c442f40a587b66c.png?fit=bounds&format=jpeg&quality=45&width=960

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  2. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  3. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  4. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    WHOの会計を精査せよ! 不都合な真実! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  2. 経済

    韓国企業が海外進出を積極化! 文政権の経済政策のために国内に見切りをつけている! (朝香 豊)

    これまでの韓国経済は、保守派政権が財閥企業の育成などの産業重視…

  3. 安全保障

    アメリカと台湾を結ぶ海底ケーブルが承認される! 香港ルートはボツ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米連…

  4. 人権・民主主義

    香港民主化リーダーがハンマーで頭部を殴られる!(朝香 豊)

    香港民主化運動のリーダーの岑子傑氏がハンマーで頭部を殴られ、血…

  5. 安全保障

    中国の産業スパイを米司法省が訴追へ! スパイ防止対策強化に日本も動け!(朝香 豊)

    アメリカの司法省は、米農業大手モンサント(現バイエル)の中国人…

  6. 経済

    韓国のルノーサムスンが夜間生産を停止! 強硬な組合員を排除して昼間だけ生産へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ルノ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    タリバンがアフガンを征す! それでも背後にいる中国の思惑は実現できない!(朝香 …
  2. 人権・民主主義

    郵便投票制度拡大法案! 米民主党が準備!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    新型コロナ対策が遅い! 批判されるトランプ大統領!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    マサチューセッツ工科大学、中国AI企業との協業を見直しへ!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    ホンハイ精密工業の郭台銘氏は無所属で総統選出馬か? (朝香 豊)
PAGE TOP