経済

ジャック・マーがアリババ取締役を退任! 進む毛沢東路線への回帰!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アリババの創業者のジャック・マー氏が、アリババの取締役からも退任していたことがわかった。

マー氏は1年前に取締役会長を辞任し、取締役のメンバーのうちの1人となっていたが、今回取締役も辞任したことになる。

マー氏は保有するアリババ株もどんどん売却し、現在の保有割合は4.8%にまで低下している。

これはアリババを中国共産党系の企業にしようとする習近平政権の方針に従ったものだと思われる。

同様の動きはレノボ、テンセントなど多くの中国の民間大企業でも起こっており、創業者が身の安全を確保するために進んで退任している。

改革・開放経済の進展で、非効率な国有企業の民営化を行って経済成長を実現させてきたのは、「今は昔」の話となった。

近年は「国進民退」(国有企業が勢力を伸ばし、民営企業が衰退する)傾向が強まっている。

これはそのまま中国の再社会主義化であり、毛沢東時代への回帰でもある。

日本などから進出している外資系企業に対する統制も、今度さらに強まっていくのは必然であろう。

中国に進出している日本企業には、このトレンドをぜひ見逃さず、勇気ある撤退を選んでもらいたいものだ。
 
 

ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の看中国の記事
https://www.visiontimesjp.com/?p=9448
Noteからの引用画像(アリババとジャック・マー)
https://assets.st-note.com/production/uploads/images/26389453/rectangle_large_type_2_d32424ca7780f9951c442f40a587b66c.png?fit=bounds&format=jpeg&quality=45&width=960

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  4. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  5. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    中国経済のプラス成長は与太話! 全く信頼してはならない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 中国

    トランプ大統領、国籍取得目的の出産排除へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!生ま…

  3. 経済

    テスラが本社移転を示唆! コロナで工場再開できず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 安全保障

    台湾独立派が過半数を超える! 台湾世論調査結果!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Ta…

  5. 経済

    8月の訪日韓国人客が昨年比48%減と、朝日新聞が大々的に取り上げる! (朝香 豊)

    確かに朝日新聞が大々的に取り上げた通り、8月の韓国からの訪日観…

  6. 中国

    中国で末端の行政単位に行政執法権付与の愚策! 追い詰められた中国共産党!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    無法地帯が生まれたシアトル! 背後に組織があるのは確実!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中共は明天集団を接収! 中国・香港は投資できる場所ではなくなった!(朝香 豊)
  3. 中国

    中国の若者が貧困で病死! 「脱貧困」達成宣言の習近平に逆風に!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    日本で人工呼吸器の増産が進まない理由がわかった! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    新興国・発展途上国支援を、今こそ国策として追求しよう! (朝香 豊)
PAGE TOP