経済

新型肺炎で、韓国経済は崩壊へ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

韓国は輸出依存度の極めて高い国で、対GDP比で70%にも達する。

輸出の中では中国向けが最大で、全体の25%程度を占めている。

この結果、韓国のGDPに対する中国向け輸出の割合は18%程度を占めている。

これを念頭に置いた場合、武漢発の新型コロナウイルスの蔓延が韓国経済に与える影響は、極めて甚大だ。

中国の工場の操業停止が2月10日や14日まで延びることになったから、なおさらだ。

実は、韓国製造業の生産能力は2018年に前年比で0.2%減少し、2019年にはさらに1.2%減少した。

韓国にとって国難だった1997年のアジア通貨危機の時でも、製造業の生産能力は0.2%とはいえ増加していたのと比べれば、文在寅政権になってからの韓国の製造業の衰退がいかに大きいかがわかる。

当然ながらこれは、文在寅政権の親労組・反企業姿勢によるもので、企業は国内投資を嫌って海外投資に走ったからだ。

2019年の韓国の設備投資は前年比7.6%の減少で、過去10年間で最大の落ち込みとなった。

設備投資が盛り上がらず、生産能力も落ちているのに、製造業稼働率は72.9%というこれまた21年ぶりの低い値となった。

この中での中国経済の大ブレーキが韓国経済に致命傷になりかねないダメージを与えているのは、容易に想像できるだろう。

こうしたダメージを補うために、韓国政府は国債発行を増やして国家財政を拡張している。

実際にこの積極財政が韓国経済を支えている効果は大きい。

ただし、韓国ウォンの信用力がないため、韓国ウォン建てではなく、ドル建てによって賄われているということは知っておきたい。

ここで問題なのは、韓国企業の外資比率が極めて高いことだ。

韓国経済が今後も厳しい状況が続くとなれば、外資は撤退の動きを進めることになる。

これが韓国ウォンの暴落の引き金になるわけだ。

韓国ウォンが暴落すると、ドル建ての債務のウォンでの換算額が膨れ上がることになる。

つまり、韓国ウォンでの元利払いが急増することになる。

これが韓国の国家財政を一気に締め上げる力として作用するわけだ。

上記で見たように、韓国経済は極めて脆弱な基盤の上に成り立っている。

本来であれば、この基盤の弱さを修復する方向で経済のかじ取りが行われなければならない中で、文在寅政権はこれとは真逆の方向に動いている。

これが韓国経済を崖っぷちに追いやっているわけだ。

そこに武漢発の新型コロナウイルスによって、韓国経済にもっとも大切な中国マーケットに異変が生じてしまった。

これが結果として、韓国経済の息の根をとめる可能性はかなり高いと言えるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の朝鮮日報の記事
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/01/2020020180003.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  3. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  4. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    アメリカが中国の為替操作国を除外へ! 狡猾なトランプ政権! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米財…

  2. 安全保障

    南部は豪雨、北部は異常な気温低下! バッタの大量発生にも苦しむ中国! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 経済

    コロナウイルス禍を奇貨として、日本の大改造を行え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 人権・民主主義

    「斬首競演大会」という名の、駐韓米大使糾弾の集会が本当に開かれた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!ソウル…

  5. 経済

    万国郵便連合からのアメリカの脱退は寸前で回避! (朝香 豊)

    小型国際郵便の料金の設定の仕方がおかしいとし、万国郵便連合から…

  6. 人権・民主主義

    韓国で「検察改革法」成立! これはマズい!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    蔡英文圧勝を中国メディアが酷評! 「汚い小細工」だって(笑)(朝香 豊)
  2. 安全保障

    おかしな方向にどんどん動いていくアメリカ! 警察解体も!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    チェ・スンシル氏、タブレット端末を使用した事実さえない! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国は1月上旬に「人→人感染」を知っていた! 対外的には否定の二枚舌!(朝香 豊…
  5. 人権・民主主義

    「リベラル」マスコミはトランプ大統領を激しく非難! アメリカ国民の見方と相違!(…
PAGE TOP