人権・民主主義

韓国のチョ・グク法相の辞任の「裏」を見落とすな!(朝香 豊)

疑惑に揺れる韓国のチョ・グク法相が突然辞任した。

国民の反発を受けて辞任に追い込まれたという側面はもちろんあるが、単純にそれだけで捉えるのは違っているのではないかと、個人的には思っている。

韓国の世論調査会社の「リアルメーター」が最近発表した政党支持率では、与党の「共に民主党」が35.3%、保守系最大野党の「自由韓国党」が34.4%と、ほぼ拮抗しているというものだった。「自由韓国党」の支持率は文在寅政権発足後最大の値である。

「リアルメーター」の発表は、政権側に極めて寄ったものとなっている疑惑があり、恐らくは実際の数字では大きく逆転しているのではないかと思われる。

こういうところに文在寅政権側が危機感を覚えたというところは、当然ながらあるだろう。

だが、チョ・グク法相は、辞意を表明する前の段階で検察特捜部の縮小を骨子とする検察改革案をすでに示し、これは明日の閣議で決定となる見込みだ。

つまり、「検察改革」の道筋をすでに付けているわけだ。

チョ・グク法相が辞任を発表して、その話題が盛り上がれば、「検察改革」の話題が隠れてくれることになる。

これを狙ったと考えるべきではないだろうか。

そして実際に、チョ・グク法相が示したはずの「検察改革」の中身は、韓国メディアを確認しても、全く具体的内容がわからない状態になっている。

大統領府も当惑していると報道されているが、ここまでの計算高さからして、予定された行動だった可能性が高いと、わたしは思う。

そしてこの「検察改革」によって、チョ・グク氏の起訴が非常にやりにくいものになっている可能性もある。

辞任という表面的な出来事の裏で、どんな腹黒い動きが動いているのか、我々はそちらに目を向けるのを怠ってはならないと思う。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  5. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    拉致問題を教育で扱ってはいけない! 立憲民主党議員の本音!?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!立憲…

  2. 人権・民主主義

    香港で民主派デモへの寄付金10億円を凍結! 取り締まりをさらに強化!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  3. 人権・民主主義

    武漢支援の医療スタッフが医学誌に窮状訴える投書!  その後に謎の撤回!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  4. 安全保障

    英国防委員会がファーウェイの早期排除を提言! ドイツも反中に舵を切る!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  5. 人権・民主主義

    不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 未分類

    蔡英文総統が二期目の就任式! おめでとう!(朝香 豊)
  2. 経済

    IMFが世界成長率予測の更なる引き下げを示唆! 日本は政策転換せよ!(朝香 豊)…
  3. 人権・民主主義

    湖北省住民と江西省警察が激突! 警察車両が横転させられる!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    オーストラリア初の中国系下院議員が、中国の統一戦線工作に従事していたと報道される…
  5. 経済

    サンダースの危険性! 過小評価するな!(朝香 豊)
PAGE TOP