未分類

NHKを映らないテレビでもNHKに受信料を支払え! 時代錯誤の最高裁判決!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

NHKの放送だけ映らないように加工したテレビを購入した女性が、NHKと受信契約を結ぶ義務がないことの確認を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷は女性の上告を退ける決定をした。すなわち、NHKが映らないテレビであってもNHKと受信契約を結ばなければならないという高裁判決が確定したことになる。

NHKが公益性の観点から、採算などによって受信地域を限定することなく、日本全国どこにおいてでもその電波を受信できるようにしてきたのは確かだ。かつてはこうしたことを行える民間企業は存在せず、NHKがその公共性を一手に引き受けていた。NHKがこうした公共性を実現する費用を賄うために受信料制度を必要とし、テレビを購入すれば必ず受信料を支払う必要が生じるようにしたことには、過去には一定の合理性があったことは認められる。

だが、民間の衛星放送が一般に広がってからは、この前提はすでに崩れている。衛星からの電波を受信するのはわずかな費用でできることであり、しかも場所を問わなくなった。NHKだけが日本中に電波を届けられるという状態ではなくなったのである。

さらにインターネットが発達し、インターネット回線を引きさえすれば、日本全国どこにおいてもインターネット番組を視聴できるようになっている。電波に基づく放送という形態はすでに時代遅れになってきているともいえる。

インターネット番組では、放送時間が何時かを気にする必要もないし、理解し損ねたらすぐに見直すこともできるし、いらない部分だと思ったら飛ばすこともできるし、繰り返し何度も見直すこともできる。このインターネット通信の自由さに慣れると、様々な束縛に縛られた電波受信というあり方は、時代の役目を終えつつあると考えてもよいだろう。

にもかかわらず、電波放送を維持するためにNHKに受信料を払うというのはそもそも合理的ではない。NHKの番組にYouTubeやNetflixなどに勝るだけの競争力があるならば、そのコンテンツの力だけで勝負すればいいのではないか。

自由競争の中で有料放送として視聴者の支持を勝ち取る力がないのであれば、それはもはやいらないということである。NHKが「皆様のNHK」を名乗るであれば、「皆様」が喜んでお金を出したい放送を行うべきなのであり、「皆様」から好むと好まざるとに関わらず料金を強制的に徴収するということは行うべきではないだろう。

NHKには広告料金を徴収することが許されていないから受信料形態も仕方がないのだという擁護論もあるようだが、であればNHKに広告を解禁してあげればよいのではないか。その方が強制的な受信料形態よりも国民の支持を得られるのは間違いないだろう。

いずれにせよ、強制的な受信料という形態でNHKを維持するというのは既に歴史的な役割を終えたのであり、最高裁がこの点を見落としているのは、法に基づいて裁く裁判所としての限界なのだろうか。最高裁には国民感情とのズレを修正する力がないとするなら、まさに行政がここに着手することを望むしかないだろう。そしてここにしっかりと手を伸ばすなら、岸田内閣の支持率は急上昇するのではないか。ぜひ手をつけてもらいたいものだ。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

資本論をブームとして持ち上げるNHK ! 実は自らがブームの火付け役のマッチポンプ!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6268

『緑なき島』の映像をめぐり、NHK前田会長がありえないすり替え ! これ以上しらを切るならNHKを潰すべきだ!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6251

NHKの受信料、テレビなし世帯の負担も検討! 総務省!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/3209

NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り! (朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/647

www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE03DBE0T01C21A2000000/
NHK受信料の画像
https://www.news24.jp/images/photo/2017/12/06/20171206-171157-1-0001.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  2. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  3. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…

関連記事

  1. 未分類

    来年の参議院議員選挙で憲法改正を! 維新の松井代表が強力アシスト!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「日…

  2. 未分類

    免疫は祭りで作られる! 高橋淳教授が面白い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 未分類

    朝日新聞の誤報の訂正が無残! 台風の冠水報道に関して!(朝香 豊)

    今回の台風報道に関して、朝日新聞は「台風19号の大雨で横浜国際…

  4. 未分類

    新型コロナウイルスで大打撃を受ける韓国産業!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!現在…

  5. 未分類

    「サナエタオル」は即完売! ますます広がる高市支持の波!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!高市…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    小池百合子東京都知事の学歴詐称疑惑! 後ろ盾はエジプト政界の重鎮!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国共産党がさらに強力なウイルスを放出する可能性! アメリカ亡命の大富豪の郭文貴…
  3. 人権・民主主義

    台湾の実業家が中国で拘束! 台湾の民進党は、香港と中国への渡航自粛を勧告! (朝…
  4. 未分類

    アフリカでも中国離反の動きが! 追い詰められる中国!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    フィリピンで中国軍兵士が潜伏か? 調査へ!(朝香 豊)
PAGE TOP