安全保障

さらに危険性を増した香港国家安全法! 令状なし捜査も可能に! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

国家安全法によって設置が決まった「国家安全維持委員会」の第1回目の会合が開かれ、香港の国家安全法の危険性がさらに強化された。

強化された第1点は、特別な事情がある場合には、警察権力が裁判所の令状なく各所への捜索ができることを認めたことだ。

令状を取ることすらなく、いきなり乗り込んで各種資料などを押収することが可能になるということになる。

国家安全法違反を口実に外国企業に乗り込み、関連資料の押収と称して企業秘密を持っていくようなことさえ行える可能性も考えなければならない。

強化された第2点は、警察権力は、インターネット系の企業にコンテンツの削除を命じたり、その設備の差し押さえができるとしたことだ。

インターネット系の企業というのは、Facebook、Twitter、YouTubeなどのソーシャルメディアはもちろん、各種のニュースサイトなども含まれると思われるが、ここに中国政府にとって都合の悪い情報が掲載されれば、そうした情報の削除を求めることができるとしているわけだ。

例えば私たちがFacebookに中国政府に都合の悪い内容の投稿を行った場合に、Facebook側はこうした内容を削除しなければならないということになるかもしれない。

Facebookがこの規制から逃れようとすれば、香港から撤退し、香港ではユーザー登録もアクセスもできないようにしないといけなくなりそうだ。

反中国的なニュースを扱っているニュースサイトに対しても、ニュースの削除を求めることができるということなのだろう。

ただ、削除ができるとしただけでは、削除された後に再びアップすることもできるわけで、それだけでは不十分だと考えたのだ思われる。

さらにその情報アップをするのに使ったパソコンとかサーバとかの差し押さえができるとすることで、二度と反中国的な情報をアップすることができないようにするということまで規定しているわけだ。

強化された第3点は、香港の外部で運営されている政治的なグループに対して、情報を要求できるとしたことだ。

ここで求められる情報とは、グループの活動内容だけでなく、詳細な個人情報、資産、収入、収入源などを含む。

海外を拠点とした反中国的な動きを牽制するための圧力だろうと思われるが、「政治的なグループ」の範囲が曖昧なために、どこまで拡大解釈されるかわからない危険性がある。

強化された第4点は、香港の行政長官の認可があれば、あらゆる通信傍受も秘密捜査活動も認められるとしている点だ。

盗聴もメールのやり取りなども、合法的に全部筒抜けにできるとしているわけだ。

これは反中國的な運動だけでなく、企業活動にも脅威だろう。

強化された第5点は、捜査中の被疑者が香港を離れることができないように制限を加えたり、被疑者の持つ財産を凍結・差し押さえすることもできるとしている。

香港の民主主義のために動いてきた周庭(アグネス・チョウ)さんや黄之峰(ジョシュア・ウォン)さんらが香港を離れて、活動拠点を海外に求めようとしても、これを認めないとすることができるわけだ。

こうした規定が、法律自体を改正する手続きによらずに、「国家安全維持委員会」の会合だけで新たに決められるというのは、恐るべきことだ。

しかも、こうした規定が香港だけを対象としているわけではなく、外国にまで広く及ぶようにしているため、我々もまた無関係ではいられない。

悪用されれば、企業情報さえ合法的に抜き取れることにもなりうる。

香港を含めて中国と関わりを持つ場合の危険が、より一層明確になったといえるだろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のサウス・チャイナ・モーニング・ポストの記事
https://www.scmp.com/news/hong-kong/politics/article/3092070/national-security-law-hong-kong-polices-sweeping-new-powers

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  4. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  5. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    恐らく、北朝鮮でも新型コロナウイルスが拡散!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ラジ…

  2. 安全保障

    英空母を南シナ海派遣へ! 極東常駐案も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  3. 人権・民主主義

    民主党に都合の悪い言論を取締り? Twitterの怪しい動き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

  4. 安全保障

    中国の知的財産窃盗対策に遅れがあることを焦るアメリカ! もっとゆるい日本!(朝香 豊)

    ☆☆☆ 今回はメルマガですでに流していた記事を、ブログに再掲載いたしま…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    トランプ陣営がニューヨークタイムズを提訴! これで民主党は壊滅する!(朝香 豊)…
  2. 安全保障

    GoogleはAI開発で中国と共同研究! 軍事部門も手がけている! (朝香 豊)…
  3. 人権・民主主義

    ニュージーランドには謝罪しない! 韓国外交官が犯したセクハラ事件で康京和氏!(朝…
  4. 人権・民主主義

    中国では携帯の購入時に顔認証が義務化へ! 中国政府はそこまで追い込まれている?(…
  5. 人権・民主主義

    蔡英文勝利! 57%を確保!(朝香 豊)
PAGE TOP