安全保障

中国へのLINEの情報漏えい疑惑浮上! 政府は厳しい対応を!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

LINEはシステム開発を委託している中国の関連会社の従業員4人が、21年2月まで日本のサーバーにある個人情報にアクセスできる状態になっていたことを公表した。アクセスできたのは、氏名・電話番号のほか、利用者から「不適切だ」と通報があったメッセージも含まれるとされる。

LINEは写真や動画、LINE Payの取引情報を韓国のデータセンターに保管していることも、併せて公表した。

LINE側の説明としては、情報が悪用されたという報告はないとのことだが、彼らが情報を抜き取っていたとしても、正直に報告することなどありえないだろう。最悪の状態を想定するという見地に立てば、LINEのこのあり方は杜撰であったと言わざるをえない。

そもそもLINEは行政との関わりを強めている。例えば渋谷区や市川市などは、LINEによる住民票の写しの申請受け付けを行っていた。この申請を行う際には、顔写真付きの身分証明書を送る必要があったわけだが、こうしたデータが中国や韓国で漏洩した可能性も考えておかなくてはならない。

尼崎市ではAIチャットボットにより、住民からの問い合わせについてAIが自動的に回答する仕組みを構築していた。中国の関連企業はAI開発も担当していたとされ、こうした問い合わせについての個人情報にもアクセスできた疑いは濃厚だ。ちなみに厚生労働省もコロナ関連の情報提供に関して、LINEのAIチャットボットを利用している。

東京都、大阪府、神奈川県などは、電気・ガス・水道の公共料金すべてで「LINE Pay 請求書支払い」での支払いが可能となっている。

LINEが日本の公共サービスを事業として引き受けるつもりがあるなら、国外にデータが漏洩しかねない事態は絶対に避けるべきであっただろう。企業倫理の観点から見て、LINEの対応は不適切であったと言われても仕方がない。

ただもう一方で、LINEの情報漏えいについては、創業段階から様々に指摘されてきたことでもあり、こうした問題がありうることを可能性として理解しながら、これを問題にすることなく放置してきた日本政府のあり方にも大いに問題がある。

今回の事態を受けても、個人情報保護委員会の福浦事務局長は「事実関係をさらに確認し適切に対応したい」との曖昧な発言しか行わず、加藤官房長官も「今後、個人情報保護委員会をはじめ、関係政府機関において事実関係を確認のうえ適切に対応していくことになる」との、やはり曖昧な発言しか行わなかった。なぜにこれほど及び腰なのであろうか。

これを機に、LINEへの対応を厳格化することを日本政府に望みたい。すなわち、日本の事業については日本国内で完結し、情報の国外流出が全くないように制度設計を行えと、菅政権はLINEに対して申し入れをすべきである。そしてそれがコストなどの観点からできないとLINEがいうのであれば、日本国内の事業について日本企業に売却することを要求すべきである。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

nhk.or.jpの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210317/k10012918871000.html
linecorp.comの記事
https://linecorp.com/ja/csr/activity/government
LINEの個人情報漏洩疑惑の画像
https://i.ytimg.com/vi/An1t9RBAIio/maxresdefault.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  3. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  4. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 中国

    新型コロナウイルスはどう広がったのか! 大胆推理!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  2. 安全保障

    イラン政府が新型コロナで情報隠蔽の疑い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  3. 安全保障

    中国がフランスを貶めるコラムを掲載! フランスが大反発!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!在仏…

  4. 中国

    武漢発新型肺炎の蔓延を、習近平国家主席の国賓招日拒否につなげよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  5. 安全保障

    WHOが全員検査を勧告! やはり背景には中国か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  6. 安全保障

    「落ち着いて行動するように」と安倍総理! 国民の不安を解消しているのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    新型肺炎で中国との境界封鎖要求高まる! 香港!(朝香 豊)
  2. 経済

    中国人民銀行が地方政府の投資債のデフォルトの連鎖を警告!(朝香 豊)
  3. 経済

    北朝鮮のマネロンに中国人が関与! 米の真のターゲットは中国の銀行かも!(朝香 豊…
  4. 安全保障

    米軍がタリバンに残した武器類は総額10兆円近く! バイデンは意図的にやっている?…
  5. 道理

    パウエル弁護士のトランプ弁護団からの離脱! 事実は事実として受け止めよう!(朝香…
PAGE TOP