安全保障

GoogleはAI開発で中国と共同研究! 軍事部門も手がけている! (朝香 豊)

Googleは今なお、中国のAI開発に積極的に協力している。

Googleは中国にAIを研究する「中国AIセンター」を設立したほか、北京、広州、上海、深センに事務所を構えている。

Googleは軍事用のAI開発を目的とした研究にも協力している。

Googleが雇用する翟樹民氏は、AIにより素早く、高精度で標的を定めるという、軍事面で利用価値の高い技術についての論文を発表している。この技術は中国の最新ステルス戦闘機である殲20にも搭載されているようだ。

Googleと中国との手をどうやって切らせるかは、西側全体の課題だ。

これに関連する大紀元時報の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 安全保障

    台湾のTSMCがファーウェイからの受注を停止! 中国に大打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!半導…

  2. 安全保障

    日本で人工呼吸器の増産が進まない理由がわかった! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    新興国・発展途上国支援を、今こそ国策として追求しよう! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    フィリピン、米軍地位協定破棄を通告! 対中戦略に打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フィ…

  5. 安全保障

    海鮮市場は最初の感染源ではない! なんと中国の研究機関が発表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 安全保障

    米内務省、中国製ドローン800機を使用停止! 調査開始へ! (朝香 豊)

    アメリカの内務省は、保有する中国製のドローン全ての利用を停止し…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    中国、武漢をようやく封鎖! 春節前にギリギリ間に合った!(朝香 豊)
  2. 道理

    ニューヨーク州などが反トラスト法違反の疑いでフェイスブックを調査へ
  3. 経済

    今回の想定を超える台風被害の背景に、インフラの老朽化の影響がある! (朝香 豊)…
  4. 人権・民主主義

    中国で強まるクリスマス禁止令!(朝香 豊)
  5. Featured Video Play Icon

    人権・民主主義

    香港のデモ隊には警察のスパイが入り込んでいる!
PAGE TOP