人権・民主主義

中国政府が李文亮医師への処分を撤回! 家族に謝罪! 中共が弱っている!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国国家監察委員会は、新型コロナウイルスへの警鐘を早期に鳴らした李文亮医師を地元の公安当局が拘束し、処分したことについて、「法執行の手続きが規範に沿っておらず不当」だとする調査報告書を公表した。

同委員会は李医師がSNS上に投稿した内容について、「公共秩序を乱す意図はなかった」と認めた。

公安当局は、李医師に対する処分を撤回し、李医師の家族に対して謝罪を表明した。

李医師は、同僚医師から送られてきた患者の診察結果の写真を、SNS上のグループチャットに転載し、7人がSARSだと診断されたと書き込んだ。

このグループチャットは、李医師の医学部時代の仲間で作られているもので、診察の際に防護服を着るなどの対応を求めた。

李医師は2月6日に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった。

李医師が亡くなったこともあって、中国の情報統制のあり方への批判が中国国内で急激に高まっている。

共産党中央宣伝部は、新型コロナウイルスと戦う共産党や習近平主席を称える書籍『大国戦“疫”』を作成し、大々的な宣伝を行ったが、これに対する反発がSNS上で高まりすぎて、結局販売中止に追い込まれる事態に至った。

武漢市党委書記の王忠林氏が、新型コロナウイルスに関連して、「市民を教育し、総書記や党の恩に感謝させなければならない」と発言したことが報じられると、これに対しても大々的な非難がSNS上で湧き上がった。

この結果、この王忠林氏の発言記事が一斉に削除されるに至った。

今や中国共産党の一方的な言論統制に、中国国民は黙っていなくなり、強烈な反撃を食らわせることで、逆に共産党の側が方針変更を余儀なくされているのだ。

今回の李医師への処分撤回は、こうした一連の動きを反映したものだ。

習近平体制を終焉させないと、中国共産党は生き残ることができなくなっている。

習近平総書記が解任されることになる予兆として、この事件を捉えたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/world/news/200319/wor2003190025-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  5. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

関連記事

  1. 外交

    親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

    ☆☆☆ 今回はメルマガで2月9日に流していた記事を、ブログに再掲載いた…

  2. 人権・民主主義

    恐怖! チョ・グク法相が就任早々えげつない検察潰しに着手!

    就任したばかりの韓国のチョ・グク法相が早速検察潰しに動いた。…

  3. 経済

    中国の不動産販売が9割減! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    アフリカ政府庁舎は中国の盗聴器だらけか? ヘリテージ財団が警告! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アフ…

  5. 人権・民主主義

    トランスジェンダーの出場は不公平! 女子高生選手が提訴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!心と…

  6. 安全保障

    ウイルスのゲノム配列を解析・公開した中国の研究所が、閉鎖されていた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!上海…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 中国

    WTOの判断延期に騙されるな! 新型コロナウィルス!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    世界知的所有権機関のトップに中国人が就きそう! 高まる危機感!(朝香 豊)
  3. 経済

    12月の景気動向指数が発表! 抜本的な経済方針の転換を!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    アメリカ3大テレビ局が中国批判を避けている! 研究機関が公表!(朝香 豊)
  5. 中国

    中国共産党内部で、水面下で党内対立激化か?(朝香 豊)
PAGE TOP