安全保障

韓国財界が北朝鮮に激怒! 現代グループの裏金で核開発を進めながら、用済みになるとポイ捨て!(朝香 豊)

金大中大統領(当時)は北朝鮮に対して太陽政策を打ち出した。北朝鮮を暖かく援助することによって、北朝鮮が変わるのを期待する政策だ。

この時に金大中大統領にもっとも協力した財閥は、現代グループだ。

現代グループは北朝鮮の金剛山の観光開発に協力し、この観光事業を通じて多額の利益を北朝鮮側にもたらした。

さらに現代グループは、裏金として5億ドルを用意し、北朝鮮に貢いだ。

こうした資金を北朝鮮は核ミサイルの開発費用に利用した。

こういう経緯があるにも関わらず、北朝鮮の金正恩国務委員長は、金剛山観光施設から「見るだけで気分が悪くなる南側の施設を全て運び出せ」と命じた。要するに、現代グループの施設はもういらないということだ。

北朝鮮からすると、核ミサイル開発に成功した現在では、現代グループはすでに用済みのようだ。

あまりの非礼ぶりに、現代グループだけでなく、韓国の財界はカンカンに怒っている。

だが、文在寅政権は北朝鮮には何も言えない政治を続けている。

韓国の矛盾は拡大している。

文在寅派と反文在寅派との対立は、さらに先鋭化していくのだろう。

これのネタ元の朝鮮日報の記事http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/23/2019102380263_2.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  2. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)

    中国が次々世代通信技術「6G」技術の研究開発を正式に開始した。…

  2. 安全保障

    国内のアウトブレイク対策に移行せよ! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ダイ…

  3. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?

    トランプ大統領は、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)…

  4. 安全保障

    「緊急事態宣言」法が成立! だが、中身は全く不十分! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 安全保障

    河野防衛相、中国の軍事拡大に警告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  6. 安全保障

    新型コロナウイルスの専門家会議! 対応がのろすぎる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    アメリカがギリシャ北部の港の民営化に積極的な動き! 中国牽制のためか?(朝香 豊…
  2. 安全保障

    フィリピンで中国軍兵士が潜伏か? 調査へ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    日本国内の感染リスクは意外と小さい! 節度は持っても過剰な心配は無用だ!(朝香 …
  4. 人権・民主主義

    イランの反政府デモの鎮圧で、死者は1000名を越えた?(朝香 豊)
  5. 経済

    中国が豪州産牛肉輸入の一部を差し止め! コロナ独立調査機関呼びかけに対抗!(朝香…
PAGE TOP