安全保障

バイデン一家への外国からの資金は14年前から! 迂回手段はヘッジファンド!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国からアメリカに渡り、中国共産党を潰す活動をスティーブ・バノンと進めている大富豪に郭文貴という人物がいる。

彼が運営している “G NEWS” というサイトには、”Typhoon Investigations” という中国国内のグループからもたらされた特別なレポートが掲載されている。

そのレポートはバイデン一家と中国共産党との関係について書かれたものだ。

このレポートには、バイデン一家をめぐる怪しいお金が14年前ほどから動いていたことが記されている。

2006年にハンター・バイデンは叔父のジェームズ・バイデンと共同で「パラダイム・グローバル・アドバイザーズ」というヘッジファンドを買収した。

2人はジョー・バイデンの選挙キャンペーンに合法的に献金ができない外国人のために、このファンドを用意したとされる。

つまり、外国人がここにお金を入れても、ヘッジファンドに投資しただけであり、政治献金とは全く関係ないという建前にしたということだろう。

クリントン財団への寄付は政治家ヒラリーとは無関係のものであり、賄賂には当たらないという逃げを作ったのと同じだと考えれば、わかりやすいのではないか。

ジェームズ・バイデンは従業員に対して「(このファンドに投資する)投資家のことを心配するな。ジョー・バイデンに投資したい人は世界中にいる」と述べたとされ、これが当時問題となった。

この発言があったかどうかを尋ねられて、ジェームズもハンターも否定した。

だが翌年に、ジョー・バイデンが民主党の大統領選挙候補の予備選に出馬する際に、このファンドを運営していることでの利益相反の可能性があることが問題となり、ハンターは「パラダイム・グローバル・アドバイザーズ」のCEOを辞任したとされる。

この件の事実確認と、ファンドの運用の実際についての調査を進めることが必要ではないだろうか。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のG NEWSの記事
https://gnews-media-offload.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2020/10/22154446/Biden’s-Business-Ties-with-China-Full-report-.pdf
Washington Examinerからの引用画像(ジェームズ・バイデンとハンター・バイデン)
https://mediadc.brightspotcdn.com/dims4/default/f62787a/2147483647/strip/true/crop/1060×557+0+22/resize/1200×630!/quality/90/?url=https%3A%2F%2Fmediadc.brightspotcdn.com%2F58%2F14%2F3fbe5f6d45d488d7ed6776bb0bdb%2Funtitled-1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  3. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    「北ミサイルは韓国への挑発ではない」 韓国国防相が発言! (朝香 豊)

    韓国と北朝鮮は1年前に両国の緊張緩和を進めるために「9・19軍…

  2. 安全保障

    河野防衛相、中国の軍事拡大に警告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  3. 人権・民主主義

    トルコでも反中デモが! ウイグル政策に反発! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 人権・民主主義

    統計的に見てあまりに異常! 激戦州でのバイデン票!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!統計…

  5. 安全保障

    釜山市は「慶祝・中華人民共和国建国70周年」の横断幕を許可! (朝香 豊)

    釜山市は3箇所の歩道橋に、韓中友好親善協会が申請した「慶祝・中…

  6. 安全保障

    新型コロナウイルス人工説! 台湾大学教授も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    香港民主派の大物、黎智英氏逮捕! 西側の反発は必至!(朝香 豊)
  2. 経済

    ビジネスマンは意外と脱中国化に賛成している! 日経新聞のアンケート結果!(朝香 …
  3. 安全保障

    トランプ政権は中共解体計画策定! スティーブ・バノン氏!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国の監視カメラ企業など8社をトランプ政権はブラックリストに掲載!(朝香豊)
  5. 外交

    習近平国家主席の国賓来日予定に変更なし! 菅官房長官!(朝香 豊)
PAGE TOP