安全保障

バイデン一家への外国からの資金は14年前から! 迂回手段はヘッジファンド!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国からアメリカに渡り、中国共産党を潰す活動をスティーブ・バノンと進めている大富豪に郭文貴という人物がいる。

彼が運営している “G NEWS” というサイトには、”Typhoon Investigations” という中国国内のグループからもたらされた特別なレポートが掲載されている。

そのレポートはバイデン一家と中国共産党との関係について書かれたものだ。

このレポートには、バイデン一家をめぐる怪しいお金が14年前ほどから動いていたことが記されている。

2006年にハンター・バイデンは叔父のジェームズ・バイデンと共同で「パラダイム・グローバル・アドバイザーズ」というヘッジファンドを買収した。

2人はジョー・バイデンの選挙キャンペーンに合法的に献金ができない外国人のために、このファンドを用意したとされる。

つまり、外国人がここにお金を入れても、ヘッジファンドに投資しただけであり、政治献金とは全く関係ないという建前にしたということだろう。

クリントン財団への寄付は政治家ヒラリーとは無関係のものであり、賄賂には当たらないという逃げを作ったのと同じだと考えれば、わかりやすいのではないか。

ジェームズ・バイデンは従業員に対して「(このファンドに投資する)投資家のことを心配するな。ジョー・バイデンに投資したい人は世界中にいる」と述べたとされ、これが当時問題となった。

この発言があったかどうかを尋ねられて、ジェームズもハンターも否定した。

だが翌年に、ジョー・バイデンが民主党の大統領選挙候補の予備選に出馬する際に、このファンドを運営していることでの利益相反の可能性があることが問題となり、ハンターは「パラダイム・グローバル・アドバイザーズ」のCEOを辞任したとされる。

この件の事実確認と、ファンドの運用の実際についての調査を進めることが必要ではないだろうか。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のG NEWSの記事
https://gnews-media-offload.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2020/10/22154446/Biden’s-Business-Ties-with-China-Full-report-.pdf
Washington Examinerからの引用画像(ジェームズ・バイデンとハンター・バイデン)
https://mediadc.brightspotcdn.com/dims4/default/f62787a/2147483647/strip/true/crop/1060×557+0+22/resize/1200×630!/quality/90/?url=https%3A%2F%2Fmediadc.brightspotcdn.com%2F58%2F14%2F3fbe5f6d45d488d7ed6776bb0bdb%2Funtitled-1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  5. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…

関連記事

  1. 安全保障

    台湾の高校、日本への修学旅行を延期! 新型コロナウイルスで! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  2. 道理

    新聞の正確な記事と責任ある論評の意義は一段と大きくなっている? ふざけるな!(朝香 豊)

    不確かなフェイクニュースがインターネットを通じて拡散する中、し…

  3. 安全保障

    「日本はアジアで最も対策がずさん」! 日本在住の台湾人女優! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    スウェーデン検察、自国の元在中国大使を「外国勢力との不当交渉」で起訴!(朝香 豊…
  2. 人権・民主主義

    BLM”本当の”意味とは? Burn、Loot、Murder!(朝香…
  3. 中国

    さらに強まる習近平独裁体制! 任志強は党籍剥奪!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    湖北省住民と江西省警察が激突! 警察車両が横転させられる!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    一帯一路の鉄道プロジェクトの詳細を機密扱いに! ハンガリー議会!(朝香 豊)
PAGE TOP