安全保障

バイデン一家への外国からの資金は14年前から! 迂回手段はヘッジファンド!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国からアメリカに渡り、中国共産党を潰す活動をスティーブ・バノンと進めている大富豪に郭文貴という人物がいる。

彼が運営している “G NEWS” というサイトには、”Typhoon Investigations” という中国国内のグループからもたらされた特別なレポートが掲載されている。

そのレポートはバイデン一家と中国共産党との関係について書かれたものだ。

このレポートには、バイデン一家をめぐる怪しいお金が14年前ほどから動いていたことが記されている。

2006年にハンター・バイデンは叔父のジェームズ・バイデンと共同で「パラダイム・グローバル・アドバイザーズ」というヘッジファンドを買収した。

2人はジョー・バイデンの選挙キャンペーンに合法的に献金ができない外国人のために、このファンドを用意したとされる。

つまり、外国人がここにお金を入れても、ヘッジファンドに投資しただけであり、政治献金とは全く関係ないという建前にしたということだろう。

クリントン財団への寄付は政治家ヒラリーとは無関係のものであり、賄賂には当たらないという逃げを作ったのと同じだと考えれば、わかりやすいのではないか。

ジェームズ・バイデンは従業員に対して「(このファンドに投資する)投資家のことを心配するな。ジョー・バイデンに投資したい人は世界中にいる」と述べたとされ、これが当時問題となった。

この発言があったかどうかを尋ねられて、ジェームズもハンターも否定した。

だが翌年に、ジョー・バイデンが民主党の大統領選挙候補の予備選に出馬する際に、このファンドを運営していることでの利益相反の可能性があることが問題となり、ハンターは「パラダイム・グローバル・アドバイザーズ」のCEOを辞任したとされる。

この件の事実確認と、ファンドの運用の実際についての調査を進めることが必要ではないだろうか。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のG NEWSの記事
https://gnews-media-offload.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2020/10/22154446/Biden’s-Business-Ties-with-China-Full-report-.pdf
Washington Examinerからの引用画像(ジェームズ・バイデンとハンター・バイデン)
https://mediadc.brightspotcdn.com/dims4/default/f62787a/2147483647/strip/true/crop/1060×557+0+22/resize/1200×630!/quality/90/?url=https%3A%2F%2Fmediadc.brightspotcdn.com%2F58%2F14%2F3fbe5f6d45d488d7ed6776bb0bdb%2Funtitled-1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  3. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  4. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  5. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国共産党のネット検閲システムを破壊する計画 !? トランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ホワ…

  2. 道理

    日韓首脳対話は、韓国が周到な準備の上での不意打ち! 撮影も無断だった!(朝香 豊)

    韓国大統領府が公表した、安倍総理と文在寅大統領の面談の写真は、…

  3. 安全保障

    金正恩、「苦痛は怒りに変わった」とアメリカを批判!(朝香 豊)

    北朝鮮の金正恩委員長は、「アメリカをはじめとする敵対勢力がわれ…

  4. 道理

    ジェイコブ・ブレークは最低男だった! 明らかになる実態!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 道理

    トランプ再選の切り札は封印か? トランプ大統領は怒り心頭!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  6. 安全保障

    イランの保健副大臣が感染! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    これはオシャレ! 中国の放送時間に合わせた試合時間の変更に、フランスのサッカーフ…
  2. 人権・民主主義

    中国で、新型肺炎を両肺移植手術で治療! その肺はどこから…(朝香 豊)
  3. 中国

    新型肺炎で中国との境界封鎖要求高まる! 香港!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    韓国検察がチョ・グク法相の自宅を家宅捜索! (朝香 豊)
  5. 道理

    骨のある市長だ! チェコのプラハ市長が北京市との姉妹都市を解消決断!(朝香 豊)…
PAGE TOP