中国

中国の若者が貧困で病死! 「脱貧困」達成宣言の習近平に逆風に!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国共産党の習近平総書記は、2020年末までに中国全土での「脱貧困」により「小康社会」(ややゆとりのある社会)を全面的に実現したとして、大々的な宣伝を行っている。

こうした中で、中国の農村部の22歳の若者が、貧しさのために入院費用が払えないために入院を拒絶し、死亡してしまった事件が話題になっている。

この若者は「墨茶Official」というユーザー名で、中国の動画共有サイト「哔哩哔哩」(ビリビリ)に自作の動画をアップしていた。

「墨茶Official」の投稿仲間の「御坂伊里奇」が1月19日に、ネット上で「『墨茶Official』が今月初めに貧困で病死しました」との情報をアップしたことから、彼の悲惨な状況がネットを通じて知られるようになった。

「墨茶Official」は地元を離れて荷役工の職に就いていたが、毎月の収入が800元(約1万3000円)で、家賃を除くと生活費は300元(約4800円)しかなかった。それなのに雇用主が2018年4月から給与の支払いを怠るようになり、直談判したが支払ってもらえず、友人にお金を借りて地元に戻ったという。

「墨茶Official」は地元で生活を支える足しにするために、動画投稿で人気が出ないかと考えて取り組んでいた。機材などは友人たちが寄付した中古品だった。

「墨茶Official」は数ヶ月前から体の不調を感じていて、病院で診察を受けた際に入院を勧められたが、治療費が払えないとして断っていた。

昨年末に「墨茶Official」は「とってもイチゴが食べたい。でもイチゴが高すぎる」と投稿していた。

「墨茶Official」の悲惨な死がネット上で広がると、政府系メディア「川観新聞」は「墨茶Official」は貧困で亡くなったのではないとし、「性格が偏屈で」「両親との関係が悪く」「食いしん坊の怠け者だ」と批判した。

それはともかくとして、「脱貧困」により「小康社会」を実現したとする習近平に対するあてつけのように、この話題が中国社会の中で広がっている。

 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.epochtimes.jpの記事
https://www.epochtimes.jp/p/2021/01/67602.html
墨茶Officialの画像
https://i.ytimg.com/vi/jIy_BFGwrX4/maxresdefault.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  2. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 経済

    着実に進む中国のバブル崩壊! 「四川信託」破綻が示すもの!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 人権・民主主義

    中国がニューヨーク・タイムズなどの記者を追放! 愚かな一手!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 中国

    新型コロナウイルスはどう広がったのか! 大胆推理!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  4. 道理

    広がるベラルーシの反体制デモ! 恐れる中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ベラ…

  5. 経済

    中国の製造業再開が暗礁に! 海外の受注が大激減!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 安全保障

    健全なオーストラリア国民の対中意識! 日本政府はここから学べ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オー…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. 経済

    サプライチェーン組み換え予算はショボい! 緊急経済対策!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    中国系テレビメディアの偏向報道をイギリスが調査へ! (朝香 豊)
  4. 経済

    深刻な中国の銀行の資本不足! 世界経済最大の撹乱要因!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国系アメリカ人教授が脱税で摘発される! 中国の「千人計画」に関与!(朝香 豊)…
PAGE TOP