人権・民主主義

中国は香港を支持したNBAのモリー氏の解雇を要求! NBAはこれを拒否! 全米中に騒動は拡大へ!(朝香 豊)

全米プロバスケットボールリーグNBAのジェネラル・マネージャーのモリー氏が香港のデモを支持するツイートを行った件で、中国政府はモリー氏の解雇を要求し、NBAコミッショナーのシルバー氏がこれを拒否していたことが明らかになった。

中国に向かったロサンジェルス・レイカーズのチームメンバーは、中国滞在中にグーグルやツイッターが見られなくなるのではないかとか、私的な会話が盗聴されるのではないかといった憂慮をしていた。

街中に監視カメラが設置されていることにも窮屈な思いをし、すぐにアメリカに帰ってよいかと尋ねるメンバーもいた。

中国政府に不都合なことを言ったら、中国政府が自分たちを時間通りに飛行機に載せないのではないかとか、中国にいて安全なのかと心配するメンバーもいた。

NBAコミッショナーのシルバー氏は、安全だとは言いながらも、全ての選手に単独行動は慎み、集団行動を求めた。

モリー氏のツイッターの件は、中国が自らの価値観を中国国外にも押し付ける意識があることを明確に示した。

今回の一件を通して、中国の危険性・異質性をアメリカ国民は存分に感じ取ったに違いない。

NBAの試合には香港やモリー・ジェネラル・マネージャーを支持する人たちが詰めかけ、その様子がまた全米に放映されている。(トップ画像は試合の様子を報じたNBCテレビの画像)

トップ画像はNBCの試合に詰め掛けた観客の様子をNBCテレビが報じたもの
https://nba.nbcsports.com/2019/10/15/report-daryl-morey-tweeted-about-hong-kong-when-he-did-because-of-face-mask-ban/
https://nbcprobasketballtalk.files.wordpress.com/2019/10/gettyimages-1181224231-e1571168650466.jpg

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    「黒人の命は大切」運動の創設者は共産主義者! 自ら明かす!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ウィ…

  2. 人権・民主主義

    トランプ弾劾で民主党から造反! 共和党に移籍へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメリカ…

  3. 人権・民主主義

    習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!⭐⭐…

  4. 人権・民主主義

    ウクライナ疑惑で新しい動き! バイデンを潰せるか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ウク…

  5. 人権・民主主義

    ドイツのメルケル首相が中国に対して香港の件で釘をさす!

    いいぞ、メルケル!ドイツのメルケル首相は中国の李克…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    アフリカ豚コレラの蔓延に警戒を強める諸外国! 日本は大丈夫か?(朝香 豊)
  2. 道理

    東京地検がゴーン妻に逮捕状! 異例の公表!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    「武漢日記」著者に中国内で大バッシング! 裏切り者! (朝香 豊)
  4. 未分類

    金正恩は本当に脳死か? それとも回復過程か? (朝香 豊)
  5. 安全保障

    12月の段階で、中国政府は新型コロナウイルスがSARS系だと知っていた!(朝香 …
PAGE TOP