人権・民主主義

トランプ弾劾で民主党から造反! 共和党に移籍へ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカの民主党下院議員であるバンドリュー氏は、トランプ大統領の弾劾に反対する立場から民主党を離党し、共和党に移籍する見通しとなった。

バンドリュー氏は「党派を超えた支持がなければ、弾劾調査は国家をさらに分断し、最終的には上院で却下されるだけだ」と主張した。

この主張はもっともだと、私は考える。

党派的な立場のみからトランプ弾劾に動いた今回の民主党の方針は、アメリカの憲政史上の明らかな汚点になるだろう。

本来弾劾に該当するのは、明確な証拠によって、党派を超えて問題を共有できる場合だけだ。

なお、アメリカの世論もトランプ弾劾に否定的に動いている。

ボストンのエマーソン大学が行なった世論調査では、トランプ大統領に対する弾劾を支持したものが前回より5ポイント下がって43%になり、反対したものが前回より1ポイント増えて45%となった。

特に注目すべきは民主党・共和党のどちらも支持しない無党派層で、「弾劾支持」が14ポイント減って34%に、「弾劾反対」が10ポイント増えて49%になっている。

「疑惑」を煽りながらも、印象ばかりが語られ、まともな証拠が上がってこない中では、弾劾支持の流れができていかないのは、ある意味当然だろう。

民主党は自ら墓穴を掘ったのではないかと、感じている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!
 
ネタ元となるCNNの記事
https://thehill.com/homenews/campaign/471542-poll-finds-sharp-swing-in-opposition-to-impeachment-among-independents

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港の影響か! ロシア社会でデモ参加者を弾圧する政権批判が急速に広がる!(朝香 豊)

    モスクワ市議会選挙では、反体制派の立候補が妨害されるという事態…

  2. 安全保障

    ツイッターの闇を暴くきっかけに! ビットコイン詐欺事件!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 人権・民主主義

    必見! 香港警察に実弾を撃たれた若者が、一命をとりとめての記者会見!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!香港警…

  4. 人権・民主主義

    アメリカだって有罪率は99%超だった! 日本を一方的に非難するな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!レバ…

  5. 人権・民主主義

    香港の高度な自治は衰退したと、米国務次官補!(朝香 豊)

    アメリカのスティルウェル国務次官補は、中国政府が軍による介入を…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    米企業のファーウェイへの技術・製品輸出を認める! 改めて示したバイデン政権の親中…
  2. 道理

    具体策が見えないぞ! 河野太郎氏出馬会見!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    反乱法は無理! 冷静になって考えよう!(朝香 豊)
  4. 未分類

    「サナエタオル」は即完売! ますます広がる高市支持の波!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    オリンピック組織委員会参与の夏野剛氏の「アホな国民感情」発言が問題視される! 真…
PAGE TOP