人権・民主主義

ツイッターもフェイスブックも偏向していた! 上院公聴会で明らかに!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカ上院の商業委員会の公聴会で、Twitterの公共政策のディレクターをやっていたカルロス・モンジェ氏が、バイデン政権誕生した場合の政権移行チームに加わるためにツイッター社から離れていたことがわかった。

カルロス・モンジェ氏はオバマ政権の時に安全保障担当として政権を支える役割を果たすなど、民主党の中で枢要な役割を果たしてきた人物でもある。

つまり、民主党中枢に近い人材が、Twitterの政治的議論のチェックの責任者をやっていたということになる。

Facebookの取締役であったジェシカ・ハーツ氏も、同じバイデンの政権移行チームに参加したこともわかった。

さらにFacebookの選挙における公平性を監督する責任者が、以前ジョー・バイデンのスタッフだったアンナ・マカンジュ氏という女性だったことも、明らかにされた。

アンナ・マカンジュ氏はバイデンが副大統領だった時に、バイデンの欧州とユーラシアの政策アドバイザーを務めていた。

この事実について公聴会に呼ばれたFacebookのザッカーバーグ氏は知らなかったと答え、対処を約束した。

こうした人材がいることに対してバランスの取れる保守派の人材の配置をFacebookは考えていなかったことを、ザッカーバーグ氏は認めたわけだ。

公聴会の議論を通じて、SNS上の言論の公平性が保たれていないことが如実に示されたと言えるだろう。

ユーザーの投稿を規制することを免責する通信品位法230条の規定によって、こうした企業の「検閲」は現在罪に問われない形になっているが、見直される方向に議論が進むことを大いに期待したい。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の Citizens Journal の記事
https://www.citizensjournal.us/facebook-google-twitter-defend-censoring-biden-family-corruption-story-face-section-230-regulatory-changes-by-congress-to-protect-1st-amendment/
ソフィアキャンパスサポートからの引用画像(ツイッターとフェイスブック)
https://sophia-cs.co.jp/wp-content/uploads/2020/01/1001-04-img01.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  2. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    沖縄タイムスが軍隊廃止のコスタリカを絶賛! 歴史的背景を無視!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!常備…

  2. 経済

    中国、工場稼働中断を勧告! 韓国企業に大打撃! 日本経済も笑えない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    外国からのパクリで強大化した中国! したたかなその戦略を甘く見るな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 人権・民主主義

    香港の覆面禁止条例の違憲判断に、中国全人代報道官が大反発!(朝香 豊)

    中国の全国人民代表大会常務委員会法制作業委員会の臧鉄偉報道官は…

  5. 道理

    朝日新聞が旭日旗を否定する社説を掲載! 自社の社旗はどうするの?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!朝日…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ソレイマニ暗殺で、却って緊張は低減する! 私の独断!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    トランプ政権は中共解体計画策定! スティーブ・バノン氏!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    厚労省のウイルス対応の目安は現実的ではない! もっと「危ない」提案を求める!(朝…
  4. 未分類

    トランプがバイデンを完全逆転! 英イクスプレス報道!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    主要戦略物資は国内生産へ! ナバロ大統領補佐官!(朝香 豊)
PAGE TOP