人権・民主主義

ツイッターもフェイスブックも偏向していた! 上院公聴会で明らかに!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカ上院の商業委員会の公聴会で、Twitterの公共政策のディレクターをやっていたカルロス・モンジェ氏が、バイデン政権誕生した場合の政権移行チームに加わるためにツイッター社から離れていたことがわかった。

カルロス・モンジェ氏はオバマ政権の時に安全保障担当として政権を支える役割を果たすなど、民主党の中で枢要な役割を果たしてきた人物でもある。

つまり、民主党中枢に近い人材が、Twitterの政治的議論のチェックの責任者をやっていたということになる。

Facebookの取締役であったジェシカ・ハーツ氏も、同じバイデンの政権移行チームに参加したこともわかった。

さらにFacebookの選挙における公平性を監督する責任者が、以前ジョー・バイデンのスタッフだったアンナ・マカンジュ氏という女性だったことも、明らかにされた。

アンナ・マカンジュ氏はバイデンが副大統領だった時に、バイデンの欧州とユーラシアの政策アドバイザーを務めていた。

この事実について公聴会に呼ばれたFacebookのザッカーバーグ氏は知らなかったと答え、対処を約束した。

こうした人材がいることに対してバランスの取れる保守派の人材の配置をFacebookは考えていなかったことを、ザッカーバーグ氏は認めたわけだ。

公聴会の議論を通じて、SNS上の言論の公平性が保たれていないことが如実に示されたと言えるだろう。

ユーザーの投稿を規制することを免責する通信品位法230条の規定によって、こうした企業の「検閲」は現在罪に問われない形になっているが、見直される方向に議論が進むことを大いに期待したい。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の Citizens Journal の記事
https://www.citizensjournal.us/facebook-google-twitter-defend-censoring-biden-family-corruption-story-face-section-230-regulatory-changes-by-congress-to-protect-1st-amendment/
ソフィアキャンパスサポートからの引用画像(ツイッターとフェイスブック)
https://sophia-cs.co.jp/wp-content/uploads/2020/01/1001-04-img01.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  2. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  3. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ドイツは中国軍への支援中止を! 香港民主派の黄之鋒氏!(朝香 豊)

    香港の民主活動家の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏は、ドイツの大…

  2. 道理

    日本学術会議の新メンバーの一部拒否! 菅総理!(朝香 豊)

    ラウンドボタン-L人気ブログランキングへのご協力をよろしく…

  3. 安全保障

    近づく台湾有事! 日本の防衛力強化は待ったなし!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 道理

    日本の「無印良品」の商標権、中国でまたも認められず敗訴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「無…

  5. 人権・民主主義

    BLM”本当の”意味とは? Burn、Loot、Murder!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!NH…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    イラン、ついに撃墜を認める! ウクライナ機!(朝香 豊)
  2. 経済

    日本の半導体戦略の敗北 ! 日本自身が抱えている弱点を直視しよう!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)
  4. 道理

    数万ドルの献金で麻薬犯でも赦免! 北朝鮮!(朝香 豊)
  5. 未分類

    トランプなおリードとの調査結果発表! 強気で戦い、勝利を掴め!(朝香 豊)
PAGE TOP