人権・民主主義

トランプ弾劾がいよいよ開始! 逆転劇の始まりだ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

いよいよ米上院でトランプ前大統領の弾劾の審理が始まる。

現職にない大統領の弾劾を行うという、全くもっておかしなことが始まろうとしているわけだが、この弾劾が成立する目はないだろう。

共和党支持者の多数派は今やトランプ支持者となっており、トランプ抜きの共和党はもはや考えられなくなっているからだ。数名の議員が民主党の提起する弾劾案に賛同する可能性はあるが、それを超えることは考えにくい。

以前のメルマガにも書いたと思うが、実質的には弾劾されることのない弾劾審理が行われるのであれば、これはトランプ側としてはむしろ最高の宣伝の場になるはずだ。

弾劾審理は全米に同時中継もされるし、審理の中身が詳細に報道されるのは必然である。

弾劾審理の中でトランプは、この弾劾の不当性も訴えるであろうが、今回の選挙不正の疑惑についても当然主張することになるだろう。

「アメリカ国民の分断の解消」をバイデン側が主張するのであれば、今回の選挙不正の疑惑に真正面から向き合うことが一番であり、そこから逃げるのは不適切だということも、強く訴えることになるだろう。選挙不正の証拠をいろいろと公表することも行うかもしれない。

ニューズマックスのキャスターのグレッグ・ケリーは日曜日にトランプとゴルフを行い、トランプが意気揚々としていたことを報じた。

ここから逆転劇がいよいよ開始される。我々はこれから続く弾劾審理の行方に着目しようではないか。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.thegatewaypundit.comの記事
https://www.thegatewaypundit.com/2021/02/can-tell-spirits-high-top-everything-newsmax-host-greg-kelly-tells-audience-time-president-trump-past-weekend-video/
トランプ大統領の画像
https://amayei.nyc3.digitaloceanspaces.com/2020/11/trump.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  5. 橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    「公共のメディア」のはずのChoose Life Projectに立憲民主党が1000万円提供! 広…

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 人権・民主主義

    デンマークでコロナ規制撤廃! 日本はデンマークを見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!デン…

  3. 安全保障

    BLMがノーベル平和賞にノミネート! あの運動を「平和」だとする矛盾!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

  4. 人権・民主主義

    香港「国家安全維持法」の衝撃! 裁判権の独立も失う! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  5. 安全保障

    日本学術会議6人除外に警察出身の杉田官房副長官が関与? 公安上の問題か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「日…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    科学情報の窃盗のほとんどに中国共産党が関与! フランスで報告書!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    無法地帯が生まれたシアトル! 背後に組織があるのは確実!(朝香 豊)
  3. 経済

    40年ぶりのインフレに苦しむアメリカ! 明らかになるバイデンの無能!(朝香 豊)…
  4. 経済

    迷走する「GoToキャンペーン」! 見失いたくない旅行業・観光業の打撃!(朝香 …
  5. 人権・民主主義

    選手のツイッター投稿に激怒! 中国がアーセナルの試合を取りやめる!(朝香 豊)
PAGE TOP