人権・民主主義

トランプ弾劾がいよいよ開始! 逆転劇の始まりだ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

いよいよ米上院でトランプ前大統領の弾劾の審理が始まる。

現職にない大統領の弾劾を行うという、全くもっておかしなことが始まろうとしているわけだが、この弾劾が成立する目はないだろう。

共和党支持者の多数派は今やトランプ支持者となっており、トランプ抜きの共和党はもはや考えられなくなっているからだ。数名の議員が民主党の提起する弾劾案に賛同する可能性はあるが、それを超えることは考えにくい。

以前のメルマガにも書いたと思うが、実質的には弾劾されることのない弾劾審理が行われるのであれば、これはトランプ側としてはむしろ最高の宣伝の場になるはずだ。

弾劾審理は全米に同時中継もされるし、審理の中身が詳細に報道されるのは必然である。

弾劾審理の中でトランプは、この弾劾の不当性も訴えるであろうが、今回の選挙不正の疑惑についても当然主張することになるだろう。

「アメリカ国民の分断の解消」をバイデン側が主張するのであれば、今回の選挙不正の疑惑に真正面から向き合うことが一番であり、そこから逃げるのは不適切だということも、強く訴えることになるだろう。選挙不正の証拠をいろいろと公表することも行うかもしれない。

ニューズマックスのキャスターのグレッグ・ケリーは日曜日にトランプとゴルフを行い、トランプが意気揚々としていたことを報じた。

ここから逆転劇がいよいよ開始される。我々はこれから続く弾劾審理の行方に着目しようではないか。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.thegatewaypundit.comの記事
https://www.thegatewaypundit.com/2021/02/can-tell-spirits-high-top-everything-newsmax-host-greg-kelly-tells-audience-time-president-trump-past-weekend-video/
トランプ大統領の画像
https://amayei.nyc3.digitaloceanspaces.com/2020/11/trump.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  3. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    蔡英文総統、中国による台湾への浸透を阻止する法案の審議を要請!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 人権・民主主義

    恐怖! 中国では臓器移植で「30才以下」などの注文までできる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 人権・民主主義

    ありえない、検察庁法改正案の見送り! リベラル派の大陰謀!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!検察…

  4. 人権・民主主義

    選挙は敗北したが、戦いは続く! トランプ大統領のスピーチ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  5. 人権・民主主義

    中国の大学憲章から「思想の自由」が消える! 学生が抵抗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!上海の復…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    菅総理の自民総裁選挙不出馬で、勝つのは岸田か高市か! 高市の可能性も大いにある!…
  2. 人権・民主主義

    SNSの勝手な検閲を禁止! ポーランドで新法制定の動き!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    新型コロナウイルスで渡航制限の拡大を検討! トランプ大統領!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    韓国で休園・休校が相次ぐ! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    「緊急事態宣言」法が成立! だが、中身は全く不十分! (朝香 豊)
PAGE TOP