人権・民主主義

トランプ弾劾がいよいよ開始! 逆転劇の始まりだ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

いよいよ米上院でトランプ前大統領の弾劾の審理が始まる。

現職にない大統領の弾劾を行うという、全くもっておかしなことが始まろうとしているわけだが、この弾劾が成立する目はないだろう。

共和党支持者の多数派は今やトランプ支持者となっており、トランプ抜きの共和党はもはや考えられなくなっているからだ。数名の議員が民主党の提起する弾劾案に賛同する可能性はあるが、それを超えることは考えにくい。

以前のメルマガにも書いたと思うが、実質的には弾劾されることのない弾劾審理が行われるのであれば、これはトランプ側としてはむしろ最高の宣伝の場になるはずだ。

弾劾審理は全米に同時中継もされるし、審理の中身が詳細に報道されるのは必然である。

弾劾審理の中でトランプは、この弾劾の不当性も訴えるであろうが、今回の選挙不正の疑惑についても当然主張することになるだろう。

「アメリカ国民の分断の解消」をバイデン側が主張するのであれば、今回の選挙不正の疑惑に真正面から向き合うことが一番であり、そこから逃げるのは不適切だということも、強く訴えることになるだろう。選挙不正の証拠をいろいろと公表することも行うかもしれない。

ニューズマックスのキャスターのグレッグ・ケリーは日曜日にトランプとゴルフを行い、トランプが意気揚々としていたことを報じた。

ここから逆転劇がいよいよ開始される。我々はこれから続く弾劾審理の行方に着目しようではないか。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.thegatewaypundit.comの記事
https://www.thegatewaypundit.com/2021/02/can-tell-spirits-high-top-everything-newsmax-host-greg-kelly-tells-audience-time-president-trump-past-weekend-video/
トランプ大統領の画像
https://amayei.nyc3.digitaloceanspaces.com/2020/11/trump.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  4. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  5. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    強制送還直前で米外交官が脱北者を救助! 韓国政府は救助を躊躇!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  2. 人権・民主主義

    ウイグル政策の継続を、中国政府が明言! 形は変わるかも?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!ショハ…

  3. 人権・民主主義

    武漢支援の医療スタッフが医学誌に窮状訴える投書!  その後に謎の撤回!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  4. 人権・民主主義

    台湾の国家承認を各国に促す法案をアメリカが準備! (朝香 豊)

    台湾の国家承認や台湾との非政府間交流を各国に促すよう米政府に要…

  5. 道理

    大不作の北朝鮮で、軍と農民のトラブルが深刻に! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 道理

    広がるベラルーシの反体制デモ! 恐れる中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ベラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    暗号化メッセージアプリをFBIが管理! 犯罪摘発に活かす!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    米朝関係が再び緊張状態へ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国共産党もクライアント! バイデン一家のビジネス!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    新型コロナウイルス はやはり人為か? ケンブリッジ大学の論文集に掲載!(朝香 豊…
  5. 安全保障

    WHOが全員検査を勧告! やはり背景には中国か?(朝香 豊)
PAGE TOP