人権・民主主義

単純な算数でわかる今回の不正選挙! バイデン勝利はありえない!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

今回の大統領選挙で大掛かりな不正があったことを、単純な算数で考えてみよう。

この大統領選挙では投票率は66.2%に達し、この100年間で最も高い投票率となったと報道されている。

さて、全米の有権者登録者数を合計すると2億1379万9467人であるので、このうちの66.2%が投票したとすれば、投票者数が1億4175万人以上になることはないはずだ。1億4175万人だと66.3%が投票したことになってしまうからだ。

ところでトランプ大統領が獲得した票数は7400万票だと報道されているが、だとしたらバイデンの獲得票数は6775万票を超えることはありえない。

とすると、バイデンが獲得したとされる8100万票とこの6775万票との差の1325万票は一体何を意味するのか。

この1325万票は少なくとも郵便投票を用いた不正投票であったことを意味するはずだ。

死者の名前を使って投票した、二重に投票した、有権者でないのに投票した…といったものが、少なくとも1325万票あったということになる。

この単純な事実から、今回の大統領選挙において大量の不正が行われたのは明らかである。

郵便投票で不正は起きないと堂々と主張していた主流派メディアには、この点の説明責任をしっかりと果たしてもらいたいものだ。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

www.thegatewaypundit.comの記事
https://www.thegatewaypundit.com/2020/12/breaking-huge-simple-math-shows-biden-claims-13-million-votes-eligible-voters-voted-2020-election/
ギャラップからの引用画像(Trump & Biden)
https://content.gallup.com/origin/gallupinc/GallupSpaces/Production/Cms/POLL/yv3hjxpqee253co-qe1lda.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  4. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  5. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国本土の大学生の中でも、香港にエールを送る学生が多数登場!(朝香 豊)

    中国国外にも中国語のインターネット掲示板が存在するが、その中の…

  2. 道理

    尖閣周辺に中国船、16日連続! 日中首脳会談を受けて変化なし!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!尖閣…

  3. 安全保障

    暴かれてきた膨大な闇の繋がり! 民主党・ドミニオン・CIA・共産国家群!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  4. 外交

    許すな、日本共産党! 共産党が東京五輪組織委員会に旭日旗に反対の申し入れ! (朝香 豊)

    東京五輪組織委員会と小池都知事に対して、日本共産党は旭日旗の東…

  5. 人権・民主主義

    中国で拘束された商社マンに、懲役3年の実刑判決!(朝香 豊)

    中国当局に拘束されていた伊藤忠商事の40代の日本人男性社員に対…

  6. 人権・民主主義

    テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!池上…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ソフトバンクに打撃! AI技術の米国から中国への持ち出しはダメ!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    TSMC議論での深田萌絵氏に対する反論! (朝香 豊)
  3. 中国

    症状が出ていない感染者からもウイルスはうつる! 新型肺炎!(朝香 豊)
  4. 経済

    有機EL 世界初の新技術生産ラインを日本に整備!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
PAGE TOP