人権・民主主義

単純な算数でわかる今回の不正選挙! バイデン勝利はありえない!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

今回の大統領選挙で大掛かりな不正があったことを、単純な算数で考えてみよう。

この大統領選挙では投票率は66.2%に達し、この100年間で最も高い投票率となったと報道されている。

さて、全米の有権者登録者数を合計すると2億1379万9467人であるので、このうちの66.2%が投票したとすれば、投票者数が1億4175万人以上になることはないはずだ。1億4175万人だと66.3%が投票したことになってしまうからだ。

ところでトランプ大統領が獲得した票数は7400万票だと報道されているが、だとしたらバイデンの獲得票数は6775万票を超えることはありえない。

とすると、バイデンが獲得したとされる8100万票とこの6775万票との差の1325万票は一体何を意味するのか。

この1325万票は少なくとも郵便投票を用いた不正投票であったことを意味するはずだ。

死者の名前を使って投票した、二重に投票した、有権者でないのに投票した…といったものが、少なくとも1325万票あったということになる。

この単純な事実から、今回の大統領選挙において大量の不正が行われたのは明らかである。

郵便投票で不正は起きないと堂々と主張していた主流派メディアには、この点の説明責任をしっかりと果たしてもらいたいものだ。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

www.thegatewaypundit.comの記事
https://www.thegatewaypundit.com/2020/12/breaking-huge-simple-math-shows-biden-claims-13-million-votes-eligible-voters-voted-2020-election/
ギャラップからの引用画像(Trump & Biden)
https://content.gallup.com/origin/gallupinc/GallupSpaces/Production/Cms/POLL/yv3hjxpqee253co-qe1lda.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  4. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!

    「朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは韓米同盟があるせ…

  2. 人権・民主主義

    民主党の選挙不正には長年の歴史がある! 重大な内部告発!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イリ…

  3. 人権・民主主義

    不正選挙に使われたUSBが紛失状態! ペンシルバニア州公聴会!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ペン…

  4. 道理

    トランプ大統領の会社の資産評価に関する疑惑捜査開始! NY司法長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  5. 人権・民主主義

    無念! トランプ大統領が敗北を受け入れる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!連邦…

  6. 人権・民主主義

    究極の逆転劇! トランプ勝利への道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!様々…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    恐怖! 武漢で新型コロナ「治癒」後に死亡! 退院前2回の検査も陰性!(朝香 豊)…
  2. Featured Video Play Icon

    道理

    やっちまった〜! 原田環境相の「処理水の海洋放出しかない」発言を、小泉新環境相が…
  3. 人権・民主主義

    本当は圧勝だったトランプ! シドニー・パウウェル弁護士が明かす!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    国連人権理事会のアジア太平洋代表に中国が選出! 国連の信頼性がさらに低下!(朝香…
  5. 安全保障

    NATO、中国の軍事拡大を注意深く監視へ! 宇宙も作戦領域に入れる! (朝香 豊…
PAGE TOP