安全保障

韓国「国家情報院」の院長に朴智元氏! バリバリの親北派! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

韓国の文在寅大統領は、韓国政府の中心的な情報機関である「国家情報院」の院長に朴智元氏を選んだ。

朴智元氏は、北朝鮮に対する制裁を止める「太陽政策」を展開した金大中大統領の側近中の側近だった人物だ。

現在も、「金大中平和センター」の副理事長を務める。(理事長は金大中氏の妻)

韓国の金大中大統領と北朝鮮の金正日委員長との会談を実現するために、現代(ヒュンダイ)グループから480億円ほどを裏金として用意させて、北への送金を行わせたのは、この朴智元氏だ。

このことが発覚した際に、朴智元氏は懲役3年の刑に処された。

韓国が建設費用を全額支払って作った南北連絡事務所を北朝鮮が爆破した直後に、このような親北の人物を指名できるところが、いかにも文在寅大統領らしいと言えるだろう。

なお、親北勢力が韓国内でまだ完全な掌握ができていないのは、この「国家情報院」と韓国軍と韓国検察だと言われている。

このうち韓国検察については、「高位公職者犯罪捜査処」の設置によって骨抜きできるのは既定路線であり、この設置は今月にも行われると言われている。

「国家情報院」のトップに朴智元氏を就けることで、インテリジェンスにおいても反北朝鮮色を完全に抜くことを目指すのだろうと思われる。
 
また、文在寅大統領は、北朝鮮が引き起こした大韓航空機爆破事件について、「国家情報院」の前身の「安全企画部」の自作自演説を取りたがっていると考えられている。

朴智元氏が「国家情報院」のトップになり、「再調査」を行うことで、あの爆破事件の真犯人は北朝鮮ではなく、韓国の「安全企画部」の自作自演だったと主張する布石にしようとしている可能性もある。

これと連動させることで、韓国内の保守派を厳しく取り締まることまで考えているのかもしれない。

そういう点で、見逃してはいけない人事ではないかと思われる。
 
 
もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3291852?cx_part=latest
画像は中央日報の記事から
https://s.japanese.joins.com/JArticle/256776?sectcode=200&servcode=200
https://s.japanese.joins.com/upload/images/2019/08/20190821113615-1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  5. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    米朝関係が再び緊張状態へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!北朝鮮…

  2. 安全保障

    中国の統計は信用ならない! あのイランも言い出す!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  3. 人権・民主主義

    韓国公務員が北朝鮮軍に銃撃・焼却される! 謎の沈黙を続けた文在寅!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  4. 安全保障

    北朝鮮、核・ICBM実験の再開を宣言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  5. 安全保障

    次期戦闘機は国内1社と単独契約 ! 日本主導が確定!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!20…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    東京地検がゴーン妻に逮捕状! 異例の公表!(朝香 豊)
  2. 中国

    武漢の葬儀場に骨壷引き取りの長蛇の列! ここから推定される本当の死者数は?(朝香…
  3. 人権・民主主義

    香港「国家安全法」導入決定! 強硬路線進む中国! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  5. 人権・民主主義

    記者6人が警察の暴力に抗議したことに対抗して、香港警察が記者会見を中止!(朝香 …
PAGE TOP