安全保障

韓国「国家情報院」の院長に朴智元氏! バリバリの親北派! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

韓国の文在寅大統領は、韓国政府の中心的な情報機関である「国家情報院」の院長に朴智元氏を選んだ。

朴智元氏は、北朝鮮に対する制裁を止める「太陽政策」を展開した金大中大統領の側近中の側近だった人物だ。

現在も、「金大中平和センター」の副理事長を務める。(理事長は金大中氏の妻)

韓国の金大中大統領と北朝鮮の金正日委員長との会談を実現するために、現代(ヒュンダイ)グループから480億円ほどを裏金として用意させて、北への送金を行わせたのは、この朴智元氏だ。

このことが発覚した際に、朴智元氏は懲役3年の刑に処された。

韓国が建設費用を全額支払って作った南北連絡事務所を北朝鮮が爆破した直後に、このような親北の人物を指名できるところが、いかにも文在寅大統領らしいと言えるだろう。

なお、親北勢力が韓国内でまだ完全な掌握ができていないのは、この「国家情報院」と韓国軍と韓国検察だと言われている。

このうち韓国検察については、「高位公職者犯罪捜査処」の設置によって骨抜きできるのは既定路線であり、この設置は今月にも行われると言われている。

「国家情報院」のトップに朴智元氏を就けることで、インテリジェンスにおいても反北朝鮮色を完全に抜くことを目指すのだろうと思われる。
 
また、文在寅大統領は、北朝鮮が引き起こした大韓航空機爆破事件について、「国家情報院」の前身の「安全企画部」の自作自演説を取りたがっていると考えられている。

朴智元氏が「国家情報院」のトップになり、「再調査」を行うことで、あの爆破事件の真犯人は北朝鮮ではなく、韓国の「安全企画部」の自作自演だったと主張する布石にしようとしている可能性もある。

これと連動させることで、韓国内の保守派を厳しく取り締まることまで考えているのかもしれない。

そういう点で、見逃してはいけない人事ではないかと思われる。
 
 
もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3291852?cx_part=latest
画像は中央日報の記事から
https://s.japanese.joins.com/JArticle/256776?sectcode=200&servcode=200
https://s.japanese.joins.com/upload/images/2019/08/20190821113615-1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  3. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  4. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 安全保障

    サウジへの派遣軍の増員は抑止と防衛のためだ=ポンペオ国務長官 (朝香 豊)

    ポンペオ米国務長官は、サウジアラビアの石油施設への攻撃を受けて…

  2. 韓国・北朝鮮

    青瓦台(韓国大統領府)のツイッターが、なんと、鍵アカに! (朝香 豊)

    韓国大統領府の公式ツイッターアカウントが鍵アカウントになってい…

  3. 人権・民主主義

    トランプの不当圧力記事は誤報! ワシントン・ポストが訂正記事!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 外交

    台湾訪問団のチェコに対して中国が脅迫! これにEU諸国が大反発!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!チェ…

  5. 外交

    迅速合意なければ、トランプ政権は対中摩擦を激化させる?? (朝香 豊)

    ”China 2049"の著者としても知られる、ハドソン研究所…

  6. 安全保障

    日韓GSOMIA、破棄から一転継続へ!(朝香 豊)

    韓国の文在寅政権は、土壇場になって日韓GSOMIAの継続に方針…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    スウェーデン検察、自国の元在中国大使を「外国勢力との不当交渉」で起訴!(朝香 豊…
  2. 安全保障

    中国のハニトラにかかった下院議員! ペロシは擁護!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    実際の感染者数は、やはり中国発表の100倍で考えるべき! 新型コロナウイルス!(…
  4. 人権・民主主義

    何が問題なの? 室蘭市の小学校の教頭が、韓国批判のネット書き込みを問題視される!…
  5. 経済

    終わっている立憲民主党の経済政策! 民主党政権の悪夢から何も学んでいない!(朝香…
PAGE TOP