中国

武漢の葬儀場に骨壷引き取りの長蛇の列! ここから推定される本当の死者数は?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルス感染で数多くの死者を出した武漢の葬儀場では、遺骨を受け取る遺族の長蛇の列ができた。

都市封鎖が行われていた間は、葬式も許されずに、次々と遺体が焼却されていたからだ。

武漢には8つの葬儀場があり、3月23日から4月4日までの13日間で、すでに焼却された遺骨を順次遺族に返すことになる。

こうした葬儀場の1つである武口葬儀場では、1日あたり約500件扱い、13日間の合計で6000件を扱うことになるという。

葬儀場によって扱う人数にどの程度の違いがあるのかはわからないが、仮に同程度だとすると、武漢全体で返還される遺骨の件数は、6000件×8箇所=48000件ということになる。

では、武漢で新型コロナウイルスで亡くなった人の数は48000人かというと、そこまで単純ではない。

新型コロナウイルス感染で亡くなった人でも、封鎖前には普通に葬儀も行われていたから、その段階でなくなった人の数も計算に入れないといけない。

また火葬によらずに土葬になっている遺体も考慮しないといけない。

さらに焼却された遺体の中には、他の要因で亡くなっている人の数も入っていることも考慮しなければならない。

こうした結果として、中国の独立系の経済学者の「財経冷眼」氏は、武漢市内での新型コロナウイルスでの死者数が5.9万人ではないかと推計した。

これはもちろん武漢だけの数字だ。

「財経冷眼」氏は、中国政府の公式発表に示される「武漢の感染者数」と「中国全土の感染者数」の比率を使って、実際の中国全土の感染者数と死者数を推計してみた。

その結果として、感染者数は121万人、死者数は9.7万人という推計値を出した。

中国の公式統計では、感染者数は8万人程度、死者は3000人程度なので、死者数の現実は30倍以上だったのではないかということになる。

「財経冷眼」氏の推計は、限られた情報に基づいての大雑把なものであり、正確である保証はまったくないけれども、中国の公式統計がいかに当てにならないかを示しているとはいえるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/53808.html
画像も同記事から
https://img.epochtimes.jp/i/2020/03/27/t_jpzhfhloh1eu6ocscbsn.jpg
https://pbs.twimg.com/media/EUFCE3oU4AA2MAV?format=jpg&name=small

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 安全保障

    台湾の「駐米大使」が物議を醸す! 米台正式国交樹立への道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 安全保障

    アメリカ、中国便の禁止を検討! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  3. 安全保障

    クルーズ船の全員検査で意見対立! もう水際対応は限界だと認めよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ダ…

  4. 中国

    中国の対処が3週間早かったら、感染は95%減らせた! 英大学調査!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  5. 人権・民主主義

    中国がニューヨーク・タイムズなどの記者を追放! 愚かな一手!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 安全保障

    呪われた中国! 三峡ダム崩壊の可能性をまじめに考える!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!豪雨…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ネットの大幅制限で、イランの閣僚の米資産凍結へ! 米は反政府デモを支持!(朝香 …
  2. 人権・民主主義

    「国家安全維持公署」の署長が決定! 対デモ鎮圧強硬派! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    「国境の壁が犯罪を抑止する」がヘイトだって? ツイッターの検閲をFOXが報道!(…
  4. 経済

    韓国の現代自動車でも労使間の紛糾が発生!(朝香 豊)
  5. 経済

    朝日新聞が創業以来の大赤字! 賃金も賞与も大幅カットへ!(朝香 豊)
PAGE TOP