道理

ウクライナ元検察トップがバイデン 疑惑を語る!(朝香 豊)

ウクライナ元検察トップがNHKのインタビューに答え、バイデン 副大統領(当時)は息子に捜査の手が及ぶのを恐れ、当時の検事総長の解任をウクライナのポロシェンコ大統領(当時)に求め、実際に解任されたこと、そしてその後10億ドルの支援がウクライナに対してアメリカ側から行われたことを証言した。

この報道は一見スクープのように見えるかもしれないが、実はそうでもない。というのは、当のバイデン氏自身がこの経緯を自慢してペラペラ喋っている動画が存在し、トランプ大統領はツイッターでその動画をアップしているからだ。

アメリカ合衆国憲法には「大統領の義務」が定められており、「大統領は、法律が忠実に執行されることに留意し、かつ、合衆国のすべての官吏を任命する」と書かれている。

この規定からすれば、当時のバイデン副大統領が法律が忠実に執行されたかどうかを調査するのは、トランプ大統領の義務とも言えるわけで、この調査を不当だとして「弾劾」騒ぎを行なっている民主党がいかに怪しいかが見えるであろう。

むしろ問題は、当時のバイデン副大統領が見返りを与えてウクライナの検事総長の解任を行わせたことにこそあると言えるだろう。

これに関連するNHKの記事https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191003/k10012110311000.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  2. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  3. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国で教会の十戒が削除され、習近平の言葉に差し替えられている! (朝香 豊)

    中国において教会は、中国共産党の指導によって、キリスト教の教え…

  2. 人権・民主主義

    中国で6歳男児がわずか2週間待ちで肺移植! (朝香 豊)

    中国で白血病を患う6歳の男児が、わずか2週間待ちで肺移植手術を…

  3. Featured Video Play Icon

    道理

    チョ・ググ氏の法相就任に障害はないと、韓国政府関係者が表明!

    これで韓国民の理解は本当に得られるのか❓青瓦台関係…

  4. 道理

    新聞の正確な記事と責任ある論評の意義は一段と大きくなっている? ふざけるな!(朝香 豊)

    不確かなフェイクニュースがインターネットを通じて拡散する中、し…

  5. 道理

    ローマで中国国歌が流れる! 「中国ありがとう!」って、気持ち悪くないか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 道理

    激しい中国の締め付けで、香港のキャセイ航空は経営危機に!(朝香 豊)

    キャセイ航空では、社員の一部が香港デモに参加したが、これに対す…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 経済

    中国の不動産販売が9割減! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    イランのコッズ部隊の司令官暗殺で、日本を無視! アメリカ!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    韓国の新聞社で若手記者が反旗を翻す! 朝日も続け!(朝香 豊)
  4. 経済

    麻生財務相「消費税減税は考えていない」 日本を潰す気か!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    マサチューセッツ工科大学、中国AI企業との協業を見直しへ!(朝香 豊)
PAGE TOP