道理

ウクライナ元検察トップがバイデン 疑惑を語る!(朝香 豊)

ウクライナ元検察トップがNHKのインタビューに答え、バイデン 副大統領(当時)は息子に捜査の手が及ぶのを恐れ、当時の検事総長の解任をウクライナのポロシェンコ大統領(当時)に求め、実際に解任されたこと、そしてその後10億ドルの支援がウクライナに対してアメリカ側から行われたことを証言した。

この報道は一見スクープのように見えるかもしれないが、実はそうでもない。というのは、当のバイデン氏自身がこの経緯を自慢してペラペラ喋っている動画が存在し、トランプ大統領はツイッターでその動画をアップしているからだ。

アメリカ合衆国憲法には「大統領の義務」が定められており、「大統領は、法律が忠実に執行されることに留意し、かつ、合衆国のすべての官吏を任命する」と書かれている。

この規定からすれば、当時のバイデン副大統領が法律が忠実に執行されたかどうかを調査するのは、トランプ大統領の義務とも言えるわけで、この調査を不当だとして「弾劾」騒ぎを行なっている民主党がいかに怪しいかが見えるであろう。

むしろ問題は、当時のバイデン副大統領が見返りを与えてウクライナの検事総長の解任を行わせたことにこそあると言えるだろう。

これに関連するNHKの記事https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191003/k10012110311000.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  4. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  5. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    中国で新たなペスト確認! ネットの投稿は強制削除!(朝香 豊)

    中国の内モンゴル自治区は新たなペスト感染を確認したと発表した。…

  2. 道理

    国立アイヌ施設「ウポポイ」開業! こんな施設が必要か? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北海…

  3. 安全保障

    アメリカ保守派が中国に対して20兆ドルの損害賠償を請求! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    日本の半導体戦略の敗北 ! 日本自身が抱えている弱点を直視しよう!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    イラン革命防衛隊が全責任を認める! ウクライナ機撃墜で!(朝香 豊)
  3. 中国

    中国本土のイベントに台湾の国民党は代表団を派遣せず! 反中に動く台湾の世論!(朝…
  4. 安全保障

    新型コロナウイルスに人工生成の痕跡あり! 伝染病学の専門家が証言!(朝香 豊)
  5. 経済

    広西チワン族自治区に大量のバッタ発生! 中国南部地域への拡散は必至! (朝香 豊…
PAGE TOP