安全保障

米国防大サイバー指揮官課程に自衛官派遣へ! 5eyes以外では日本が初めて!(朝香 豊)

日本政府は来年度の米国防大学サイバー戦争指揮官養成課程に自衛隊将校1人を派遣する。

この課程は従来は、アメリカと緊密な情報共有を行なっている、いわゆる5eyesと呼ばれる国々(アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド)の5カ国にしか門戸は解放されてこなかったが、今回日本の自衛隊が5eyes以外で初めて派遣が許された。

派遣された将官は課程修了後に自衛隊新設組織「サイバー防衛隊」の指揮官となる予定だ。

中国、北朝鮮、ロシアなどによるサイバー攻撃が質量ともに高まっている中で、日本はアメリカと宇宙とサイバーでの安全保障協力体制を強化している。

我が国の防衛能力を高めていくものとして、今回の派遣を歓迎したい。

これに関連する中央日報の記事https://japanese.joins.com/JArticle/258323

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

※日本再興のために、1)リンク先に飛んで、2)「人気ブログランキング」のアイコンをクリックして、朝香 豊を応援してください。

画像はhttps://s.eximg.jp/exnews/feed/Buzzap/Buzzap_58181_1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    湖北省観光客のビザを延長! 彼らの健康は日本政府が責任を持つことか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!大阪…

  2. 安全保障

    「ズーム(Zoom)」は危険! 中華アプリには警戒を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  3. 安全保障

    中国企業がなぜか落札! カナダ大使館のセキュリティーシステム!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    米議事堂が大混乱! アンティファとBLMにやられる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!運命…

  5. 安全保障

    河野防衛相、中国の軍事拡大に警告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  6. 安全保障

    太平洋島嶼国の光ケーブル事業で中国排除! 対中姿勢に大きな変化!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    森友問題で「赤木ファイル」が公開! さらに明白になった佐川理財局長の罪と安倍総理…
  2. 外交

    19世紀のドイツ製地図に竹島の日本領記載確認!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    「武漢日記」著者に中国内で大バッシング! 裏切り者! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    「不正選挙に抗議するグループ」を削除! フェイスブック!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    日米印豪の防衛協力をNATO並に引き上げる! ビーガン国務副長官!(朝香 豊)
PAGE TOP