安全保障

米国防大サイバー指揮官課程に自衛官派遣へ! 5eyes以外では日本が初めて!(朝香 豊)

日本政府は来年度の米国防大学サイバー戦争指揮官養成課程に自衛隊将校1人を派遣する。

この課程は従来は、アメリカと緊密な情報共有を行なっている、いわゆる5eyesと呼ばれる国々(アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド)の5カ国にしか門戸は解放されてこなかったが、今回日本の自衛隊が5eyes以外で初めて派遣が許された。

派遣された将官は課程修了後に自衛隊新設組織「サイバー防衛隊」の指揮官となる予定だ。

中国、北朝鮮、ロシアなどによるサイバー攻撃が質量ともに高まっている中で、日本はアメリカと宇宙とサイバーでの安全保障協力体制を強化している。

我が国の防衛能力を高めていくものとして、今回の派遣を歓迎したい。

これに関連する中央日報の記事https://japanese.joins.com/JArticle/258323

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

※日本再興のために、1)リンク先に飛んで、2)「人気ブログランキング」のアイコンをクリックして、朝香 豊を応援してください。

画像はhttps://s.eximg.jp/exnews/feed/Buzzap/Buzzap_58181_1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  4. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    台湾のTSMCがファーウェイからの受注を停止! 中国に大打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!半導…

  2. 安全保障

    イランの保健副大臣が感染! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  3. 安全保障

    主要戦略物資は国内生産へ! ナバロ大統領補佐官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 安全保障

    北朝鮮、多弾頭ICBMを開発か? 脅威のレベルがさらにあがった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国国防…

  5. 安全保障

    郵便投票用紙が大量に捨てられる! アメリカ大統領選挙!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 安全保障

    中国で都市封鎖が拡大! 外出禁止も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    アメリカはイラン中央銀行に制裁を発動! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国企業がなぜか落札! カナダ大使館のセキュリティーシステム!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    西側企業・国家機関内部に中共支部! 195万人の中共党員データがリーク!(朝香 …
  4. 安全保障

    外国からのパクリで強大化した中国! したたかなその戦略を甘く見るな!(朝香 豊)…
  5. 人権・民主主義

    左翼グループが移民税関捜査局で「抗議行動」! オレゴン州ポートランド!(朝香 豊…
PAGE TOP