道理

ソフトバンクの会計に疑念の目! 含み益経営に赤信号点滅か?(朝香 豊)

ウィーワークの件から、ソフトバンクの投資企業の企業評価に厳しい目が向けられている。

ウィーワークの場合、ソフトバンクグループが初めて出資したのは2年前で、その時の評価額は210億ドルだった。1年前に30億ドルを追加投資した時の評価額は450億ドルで、その後15億ドルのワラントで合意したときには470億ドルとされた。だが、それも今では78億ドルとも言われている。

ウィーワークの評価があまりにでたらめだったために、ポートフォリオにある他の企業全てについても、評価額が甘すぎるのではないかとの疑念を呼び起こしている。

ウィーワークほどではないとしても、評価が甘い企業を多く抱えているとすれば、いくら高い利回りを実現していると口先で言っても、絵に描いた餅にすぎない。

投資先は未上場企業が圧倒的で、それゆえに株式売却による実現益は生まれていないことの方が普通だ。つまり、紙の上でしか利益が出ていないというのが大半なのだ。

配車サービスのウーバーもソフトバンクグループの出資企業だが、上場後も冴えない決算となり、上場当初から見れば株価も大きく下がった。

「滴滴出行」は、ウーバー同様の配車サービスを中国で展開している企業だ。ソフトバンクグループが出資を始めた4年前の評価は60億ドルだったが、年1回の追加出資のたびに評価額が切り上げられて、今は560億ドルとされている。

これまでの評価額の引き上げがあまりに大きく、類似企業のウーバーが今なお大幅な赤字経営に苦しんでいることから、この会社にしてもウィーワークのように大きく引き下げざるをえなくなる疑心暗鬼を人が抱くのは、自然であろう。

だが、「滴滴出行」は未公開株であることもあり、ソフトバンクグループは従来の評価額を変えていない。

こうしたことから、ソフトバンク流のやり方とは、以下のようなものだとの不信感が広がっている。

1)従来よりも高い価格で株を取得することで、企業の全体価値が実際に上がったように見せるようにする。

2)上場までは、その企業評価をなるべき切り下げないで維持する。

3)その上で、上場時に幻想を持った投資家に株を販売することで売り抜ける。

ソフトバンクに対する世間の評価が激変し、信頼を持たれなくなってきているのではないか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ネタ元のブルームバーグの記事https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-11-26/Q1IEWPDWLU6P01?srnd=cojp-v2

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. Featured Video Play Icon

    道理

    NHKは肝心な背景についても丁寧に述べる報道を行え!

    NHKのニュースだと、SNSで無責任な噂が拡散した可能性が…

  2. 人権・民主主義

    「黒人の命は大切」でロレアルが迷走! 「白」という言葉は使わない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

  3. 人権・民主主義

    BLM”本当の”意味とは? Burn、Loot、Murder!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!NH…

  4. 人権・民主主義

    ハンター・バイデンの新たな疑惑発覚! 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  5. 外交

    日本とのWTO紛争で韓国は100戦100勝だと胸を張る! ちなみに世耕氏の見解と大きく異なる! (朝…

    韓国産業通商資源部の兪明希通商交渉本部長は、「日本とのWTO紛…

  6. 人権・民主主義

    米議会は超党派で中国に圧力をかけ、香港を守る意思を明確にした!

    さすが、アメリカ!米議会は、香港情勢に関し、超党派…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    神戸鋼でも、防衛省関連情報の漏洩が発覚! 日本の対応は甘い!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    アメリカ3大テレビ局が中国批判を避けている! 研究機関が公表!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ドイツのメルケル首相が中国に対して香港の件で釘をさす!
  4. 道理

    外国からの研究資金の開示義務づけへ! 科研費対象研究!(朝香 豊)
  5. 経済

    今回の想定を超える台風被害の背景に、インフラの老朽化の影響がある! (朝香 豊)…
PAGE TOP