道理

ソフトバンクの会計に疑念の目! 含み益経営に赤信号点滅か?(朝香 豊)

ウィーワークの件から、ソフトバンクの投資企業の企業評価に厳しい目が向けられている。

ウィーワークの場合、ソフトバンクグループが初めて出資したのは2年前で、その時の評価額は210億ドルだった。1年前に30億ドルを追加投資した時の評価額は450億ドルで、その後15億ドルのワラントで合意したときには470億ドルとされた。だが、それも今では78億ドルとも言われている。

ウィーワークの評価があまりにでたらめだったために、ポートフォリオにある他の企業全てについても、評価額が甘すぎるのではないかとの疑念を呼び起こしている。

ウィーワークほどではないとしても、評価が甘い企業を多く抱えているとすれば、いくら高い利回りを実現していると口先で言っても、絵に描いた餅にすぎない。

投資先は未上場企業が圧倒的で、それゆえに株式売却による実現益は生まれていないことの方が普通だ。つまり、紙の上でしか利益が出ていないというのが大半なのだ。

配車サービスのウーバーもソフトバンクグループの出資企業だが、上場後も冴えない決算となり、上場当初から見れば株価も大きく下がった。

「滴滴出行」は、ウーバー同様の配車サービスを中国で展開している企業だ。ソフトバンクグループが出資を始めた4年前の評価は60億ドルだったが、年1回の追加出資のたびに評価額が切り上げられて、今は560億ドルとされている。

これまでの評価額の引き上げがあまりに大きく、類似企業のウーバーが今なお大幅な赤字経営に苦しんでいることから、この会社にしてもウィーワークのように大きく引き下げざるをえなくなる疑心暗鬼を人が抱くのは、自然であろう。

だが、「滴滴出行」は未公開株であることもあり、ソフトバンクグループは従来の評価額を変えていない。

こうしたことから、ソフトバンク流のやり方とは、以下のようなものだとの不信感が広がっている。

1)従来よりも高い価格で株を取得することで、企業の全体価値が実際に上がったように見せるようにする。

2)上場までは、その企業評価をなるべき切り下げないで維持する。

3)その上で、上場時に幻想を持った投資家に株を販売することで売り抜ける。

ソフトバンクに対する世間の評価が激変し、信頼を持たれなくなってきているのではないか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ネタ元のブルームバーグの記事https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-11-26/Q1IEWPDWLU6P01?srnd=cojp-v2

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 道理

    北朝鮮が日本船舶のバラスト水放出を反倫理的犯罪だと非難!

    日本政府はこういう馬鹿げた話にもきちんと反論しようね。…

  2. 安全保障

    日本は国内のアウトブレイクに備える段階! フェーズを変えよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  3. 人権・民主主義

    「黒人の命は大切」でロレアルが迷走! 「白」という言葉は使わない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

  4. 道理

    米軍に安易な基地名見直しの動き! 南北戦争の南部指導者名は外すべきか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米軍…

  5. 人権・民主主義

    日韓のメディア系の労組って、こんなに仲いいのね! 共同宣言発表! (朝香 豊)

    韓国の全国言論労働組合(言論労組)と日本マスコミ文化情報労組会…

  6. 人権・民主主義

    韓国の新聞社で若手記者が反旗を翻す! 朝日も続け!(朝香 豊)

    韓国で政権側の新聞だとみなされていた「ハンギョレ」で事件が起こ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国への技術流出防止を念頭に、外資規制強化の方針!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国がフランスを貶めるコラムを掲載! フランスが大反発!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    WHOがようやく緊急事態宣言! 日本政府は即座に中国からの渡航禁止を行え!(朝香…
  4. 経済

    EUもついに緊縮財政見直しか? 日本も続け! (朝香 豊)
  5. 道理

    英軍ラグビーチームが靖国を訪問したことに関する韓国の報道は実はフェイクではない!…
PAGE TOP