道理

ソフトバンクの会計に疑念の目! 含み益経営に赤信号点滅か?(朝香 豊)

ウィーワークの件から、ソフトバンクの投資企業の企業評価に厳しい目が向けられている。

ウィーワークの場合、ソフトバンクグループが初めて出資したのは2年前で、その時の評価額は210億ドルだった。1年前に30億ドルを追加投資した時の評価額は450億ドルで、その後15億ドルのワラントで合意したときには470億ドルとされた。だが、それも今では78億ドルとも言われている。

ウィーワークの評価があまりにでたらめだったために、ポートフォリオにある他の企業全てについても、評価額が甘すぎるのではないかとの疑念を呼び起こしている。

ウィーワークほどではないとしても、評価が甘い企業を多く抱えているとすれば、いくら高い利回りを実現していると口先で言っても、絵に描いた餅にすぎない。

投資先は未上場企業が圧倒的で、それゆえに株式売却による実現益は生まれていないことの方が普通だ。つまり、紙の上でしか利益が出ていないというのが大半なのだ。

配車サービスのウーバーもソフトバンクグループの出資企業だが、上場後も冴えない決算となり、上場当初から見れば株価も大きく下がった。

「滴滴出行」は、ウーバー同様の配車サービスを中国で展開している企業だ。ソフトバンクグループが出資を始めた4年前の評価は60億ドルだったが、年1回の追加出資のたびに評価額が切り上げられて、今は560億ドルとされている。

これまでの評価額の引き上げがあまりに大きく、類似企業のウーバーが今なお大幅な赤字経営に苦しんでいることから、この会社にしてもウィーワークのように大きく引き下げざるをえなくなる疑心暗鬼を人が抱くのは、自然であろう。

だが、「滴滴出行」は未公開株であることもあり、ソフトバンクグループは従来の評価額を変えていない。

こうしたことから、ソフトバンク流のやり方とは、以下のようなものだとの不信感が広がっている。

1)従来よりも高い価格で株を取得することで、企業の全体価値が実際に上がったように見せるようにする。

2)上場までは、その企業評価をなるべき切り下げないで維持する。

3)その上で、上場時に幻想を持った投資家に株を販売することで売り抜ける。

ソフトバンクに対する世間の評価が激変し、信頼を持たれなくなってきているのではないか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ネタ元のブルームバーグの記事https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-11-26/Q1IEWPDWLU6P01?srnd=cojp-v2

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  2. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  3. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    沖縄タイムスが軍隊廃止のコスタリカを絶賛! 歴史的背景を無視!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!常備…

  2. 安全保障

    ミャンマーを憂慮するのは終わりだ! 日本政府は黒幕の中国を非難せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 人権・民主主義

    韓国検察が文在寅に叛旗を翻す! チョ・グク法相の親族を逮捕へ! (朝香豊)

    韓国のソウル中央地検はチョ・グク法相をめぐる不透明な投資疑惑に…

  4. 人権・民主主義

    昭和天皇が燃やされる映像作品はヘイトではない=東大特任助教! (朝香 豊)

    国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・そ…

  5. 道理

    NHKの受信料、テレビなし世帯の負担も検討! 総務省!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!NH…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国が台湾人のドメインを購入! ネット世論操作に利用!(朝香 豊)
  2. 中国

    中国で相次ぐ天変地異! 火山の爆発もある?(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    アメリカ3大テレビ局が中国批判を避けている! 研究機関が公表!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    下船させるってどういうこと? WHOの方針!(朝香 豊)
  5. 未分類

    台湾の台南市で、戦前の日本風の校舎を再現! (朝香 豊)
PAGE TOP