人権・民主主義

公共施設での「表現の不自由展」の開催を容認! 狂った大阪地裁判決!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

大阪府立労働センターで7月16~18日に開催予定だった展示会「表現の不自由展かんさい」の利用承認を施設側が取り消したのは違法だとして、実行委員会のメンバーが処分の効力停止を求めた申し立てについて、大阪地裁(森鍵一裁判長)は訴えを認め、展示会の開催を認める決定を言い渡した。

森鍵裁判長は決定理由で、警察による警備などがあっても混乱が防止できないなどの特別な事情があるとはいえないとし、実行委側の申し立てを認めた。

裁判官は「表現の自由」について何もわかっていない。一般の人たちには不愉快な作品であっても、彼らが「表現の自由」を行使して民間の貸しスタジオなどを用意して作品展を開くことには問題はない。

問題は、多くの人たちに不愉快さを与える作品展を、公費を投入することで安価に運営されている公共施設で行わせることが適当なのかどうかという点である。

天皇陛下の御真影を焼いてその灰を踏みつける動画とか、特攻隊員を間抜けだと貶めたりする作品などを展示する行いが公費補助するに値すると本気で思っているのだろうか。

裁判官に尋ねたいのは、習近平や金正恩の写真を焼いてその灰を踏みつけるような動画作品を展示する展覧会の開催を、「表現の自由」の名の下に公費補助して許可するのか、という点だ。

習近平も金正恩も言わずと知れた絶対的な独裁者であり、彼らを憎んでいる人たちは世の中にはたくさんいるだろう。そうした人たちの「表現の自由」を公費補助をして後押しすることは、「公共の福祉」に適うことなのだろうか。

そんなわけはないだろう。日本の裁判官がこの程度の理屈がわからないことは、実に残念である。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.sankei.comの記事
https://www.sankei.com/article/20210709-E64JDW6C7BNJZLWYD7CIP4ZI6Y/?817946
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/929
「間抜けな日本人の墓」作品の画像
https://newsbyl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-yn/rpr/taketosekiguchi/00147019/top_image.jpeg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  4. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港理工大学に警察隊が突入! 医療スタッフも負傷者も逮捕!(朝香 豊)

    11月17日から激しい攻防が繰り広げられてきた香港理工大学で、…

  2. 安全保障

    武漢の海鮮市場起源説はやはりおかしい! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 人権・民主主義

    ナヴァロ報告書第3弾発表! 「トランプは勝っていた」を最終確認!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 人権・民主主義

    韓国、検察解体へ大なた! 政権批判を抹殺へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    モデルナもファイザーも安全性に問題なし! 新型コロナワクチン!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    トランプ陣営がニューヨークタイムズを提訴! これで民主党は壊滅する!(朝香 豊)…
  3. 安全保障

    ウイルスのゲノム配列を解析・公開した中国の研究所が、閉鎖されていた!(朝香 豊)…
  4. 安全保障

    未だに国防費1%枠にこだわる公明党! 自民党はより強力なグリップを発揮せよ!(朝…
  5. 未分類

    アフリカでも中国離反の動きが! 追い詰められる中国!(朝香 豊)
PAGE TOP