人権・民主主義

公共施設での「表現の不自由展」の開催を容認! 狂った大阪地裁判決!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

大阪府立労働センターで7月16~18日に開催予定だった展示会「表現の不自由展かんさい」の利用承認を施設側が取り消したのは違法だとして、実行委員会のメンバーが処分の効力停止を求めた申し立てについて、大阪地裁(森鍵一裁判長)は訴えを認め、展示会の開催を認める決定を言い渡した。

森鍵裁判長は決定理由で、警察による警備などがあっても混乱が防止できないなどの特別な事情があるとはいえないとし、実行委側の申し立てを認めた。

裁判官は「表現の自由」について何もわかっていない。一般の人たちには不愉快な作品であっても、彼らが「表現の自由」を行使して民間の貸しスタジオなどを用意して作品展を開くことには問題はない。

問題は、多くの人たちに不愉快さを与える作品展を、公費を投入することで安価に運営されている公共施設で行わせることが適当なのかどうかという点である。

天皇陛下の御真影を焼いてその灰を踏みつける動画とか、特攻隊員を間抜けだと貶めたりする作品などを展示する行いが公費補助するに値すると本気で思っているのだろうか。

裁判官に尋ねたいのは、習近平や金正恩の写真を焼いてその灰を踏みつけるような動画作品を展示する展覧会の開催を、「表現の自由」の名の下に公費補助して許可するのか、という点だ。

習近平も金正恩も言わずと知れた絶対的な独裁者であり、彼らを憎んでいる人たちは世の中にはたくさんいるだろう。そうした人たちの「表現の自由」を公費補助をして後押しすることは、「公共の福祉」に適うことなのだろうか。

そんなわけはないだろう。日本の裁判官がこの程度の理屈がわからないことは、実に残念である。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.sankei.comの記事
https://www.sankei.com/article/20210709-E64JDW6C7BNJZLWYD7CIP4ZI6Y/?817946
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/929
「間抜けな日本人の墓」作品の画像
https://newsbyl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-yn/rpr/taketosekiguchi/00147019/top_image.jpeg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  2. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  4. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    英中対立の激化は表面的! 英中緊密化の動きもある!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  2. 安全保障

    日本学術会議6人除外に警察出身の杉田官房副長官が関与? 公安上の問題か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「日…

  3. 安全保障

    ドミニオンの不正の証拠! 公開の許可がついに降りた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ミシ…

  4. 安全保障

    中国の隠蔽と捏造を国際調査せよ! 米共和党有力議員が提言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米共…

  5. 人権・民主主義

    香港警察がデモ逮捕者のレイプをしていると、女子大生が訴える!(朝香 豊)

    香港中文大学で校長と学生との公開対話が行われた。この席…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    光化門広場と道路を無許可で占拠し、親北の元老の葬儀を強行!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    ブティジェッジも予備選で不正を使っていた! おぞましい米民主党の腐敗!(朝香 豊…
  3. 安全保障

    中国が尖閣領有権主張の「オンライン博物館」を開設! 日本はカウンターを打て!(朝…
  4. 経済

    深刻な中国の銀行の資本不足! 世界経済最大の撹乱要因!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    死んだネコに選挙権? 郵便投票は不正の温床! トランプ正しい!(朝香 豊)
PAGE TOP