経済

パンデミックで発展途上国で大量失業! 広がる貧困危機!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、発展途上国の衣類産業は壊滅的な打撃を被っている。

都市封鎖によって衣料品店は世界的に閉鎖に追い込まれており、アパレルブランドは商品を買い取っても販売できるあてがない。

そのため、縫製工場への発注をどんどんキャンセルしているためだ。

収入の見込みがない中では、すでに生産に入った製品であっても買い取ることはできない。

アメリカのペンシルベニア州立大学がバングラデシュの縫製工場に対して実施したアンケート調査によると、発注をキャンセルしたアパレルブランドのうち、72%が原料費用を補償せず、91%が製品の縫製加工の賃金を支払っていない。

注文をキャンセルし買い取っていないのだから、支払う必要はないし、人道的見地からお金を払えと言われても、手元にそれだけのお金もないということだろう。

失業も広がっている。

バングラデシュの縫製労働者のうち、すでに100万人が一時的解雇、または停職処分を受けた。

この動きは今後さらに拡大していくことになるだろう。

しかもこの事態は、当然ながら、バングラデシュに限られるものではないし、縫製産業に限った話でもない。

発展途上国であるがために、失業しても国家が手厚く保障してくれることは期待できない。

収入が絶たれれば、一家がそのまま生活に困窮することになる。

イギリスのキングス・コレッジ・ロンドンとオーストラリア国立大学の共同研究は、新型コロナウイルスによる経済ショックで、全世界で4億人から6億人が新たに貧困状態に落ち込むと警告した。

国連も極度の貧困状態に陥る子供が4200万~6600万人増えて、4億3000万人〜4億5000万人程度になると試算している。

世界経済が止まることによって、生活が破壊されるためだ。

この結果、新型コロナウイルスに感染せずとも、貧困が原因で命を落としていく人が大量に出現することになる。

こうした悲劇が発展途上国に襲いかかっているということも、私たちは知っておくべきだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のBBCの記事
https://www.bbc.com/japanese/52230674
ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58165020X10C20A4000000/
ネタ元のグローバルニュースアジアの記事
http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=6317&&country=12&&p=2
ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3279083?cx_part=latest
画像はAFPBBの同記事から借用
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/1/b/-/img_1bdf5b3e8be185ef4e4b6ed6af4b43af173743.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  2. 橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対…
  3. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  4. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  5. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国の産業スパイを米司法省が訴追へ! スパイ防止対策強化に日本も動け!(朝香 豊)

    アメリカの司法省は、米農業大手モンサント(現バイエル)の中国人…

  2. 外交

    トランプ政権は中国企業の上場廃止と年金基金などの中国運用の制限を検討開始! (朝香 豊)

    トランプ政権は米投資家のポートフォリオ投資による中国への資金流…

  3. 経済

    中国経済の崩壊! 中国政府も認識!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 人権・民主主義

    マスコミは本質を報道せよ! 技能実習制度の問題点は何か? (平野 正幸)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    バイデン一家への外国からの資金は14年前から! 迂回手段はヘッジファンド!(朝香…
  2. 人権・民主主義

    香港デモ隊が「香港臨時政府」樹立を宣言? 中国側のやらせではないのか?(朝香 豊…
  3. 安全保障

    WHOの調査結果にも見える武漢ウイルス研究所起源の証拠 ! 中国と西側との対決の…
  4. 人権・民主主義

    購入したコートから中国の囚人IDカードが見つかる! 北京五輪への疑問を提起!(朝…
  5. 人権・民主主義

    安倍総理から野党と偏向マスコミに対する皮肉か? 官邸での記者会見で!(朝香 豊)…
PAGE TOP