安全保障

主要戦略物資は国内生産へ! ナバロ大統領補佐官!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのピーター・ナバロ大統領補佐官は、新型コロナウイルスの感染拡大が引き起こした事態を念頭に、「私たちが学んだことの1つは、グローバル・サプライチェーンに危険なほど依存しすぎているということだ」と述べ、戦略物質の国内生産回帰を目指す姿勢を鮮明にした。

ナバロ補佐官は、「現在、50カ国以上が既に何らかの輸出制限をかけている。つまり、どんなに多くの条約を結んでも、どんなに多くの同盟関係を築いても、どんなに多くの電話会談をしても、『必要なものが手に入らない』という危機に陥る可能性は免れない」と述べた。

アメリカは抗生物質の97%、医薬品の原材料の80%を中国に依存しているとも言われる。

ジェネリック医薬品の製造においても、中国企業のシェアが圧倒的に高く、アメリカで使用が拡大しているインド企業のものにしても、その原料の80%は中国に依存している状態だ。

こうした観点から、グローバルサプライチェーンを組み換えると同時に、国家の総力を挙げて戦略物資の国内生産回帰を目指すつもりなのだろう。

日本も戦略物資の国内の生産回帰を目指すべきだ。

今回のコロナ騒動で急激に落ち込んでいる投資意欲を、この生産回帰への投資を国が大胆にバックアップすることで支えていくというのも、戦略的に考えたい路線だ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/04/54345.html
ネタ元のTrend Watcherの記事
https://www.trendswatcher.net/110120/geopolitics/中国依存により浮き彫りとなった脅威/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  2. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    武漢の研究室で漏洩か? 米国務省が新情報を公表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  2. 外交

    ファーウェイ孟晩舟被告の裁判で、テレビに映ったメッセージボードはヤラセだった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  3. 経済

    待ったなしの米債務上限問題! 民主党左派の動きで世界経済崩壊も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!現在…

  4. 人権・民主主義

    新型コロナウイルスを、反体制派の弾圧に使う中国! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    孔子学院の年内全校閉鎖を求める! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 人権・民主主義

    中国で、新型肺炎を両肺移植手術で治療! その肺はどこから…(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    習近平思想の学習アプリに、スマホの管理権限を乗っ取る機能がある!(朝香 豊)
  2. 道理

    武漢の新型肺炎を最初にSNSに上げた、李文亮医師の追悼動画が作られた!(朝香 豊…
  3. 人権・民主主義

    SNS批判で動くホーリー上院議員! 怒っているのはトランプ大統領だけではない!(…
  4. 安全保障

    仲裁裁判所の判決を無視しろ、そうしたら南シナ海の共同開発の利権を与えてやると、中…
  5. 経済

    12月の景気動向指数が発表! 抜本的な経済方針の転換を!(朝香 豊)
PAGE TOP