人権・民主主義

小党乱立で混乱する韓国! 4月に国会議員選挙!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

4月15日の国会議員選挙を間近にして、韓国では政党の設立が相次いでいる。

韓国は小選挙区比例代表並立制のような感じだが、年末の選挙法改正で、小選挙区で多くの議席を確保した政党は、比例代表では議席が確保できないような変な仕組みを採用した。

そのため、小選挙区での勝利を目指す政党が、比例代表では別の政党をでっち上げるといったことまで行われているのだ。

24日段階で登録した政党の数は50に達し、その他に結党準備中の政党が27あるという。

登録期限が27日までということになっているので、この27の政党すべてが要件を満たせるかどうかはわからないが、仮に満たした場合には77の政党が乱立することになる。

これらの政党名が投票用紙の両面に印刷され、その中で支持したい政党にチェックを入れる仕組みになる。

政党の並び順は、所属政党の現役議員の多い順番がまず優先され、議席数が同じだと「カナダラ順」(日本のあいうえお順のようなもの)で記載されることになる。

そこで、なるべく投票用紙の表側に名前が乗せられるようにしたいということから、「行こう環境党」とか「国家革命配当金党」といった変な政党名が乱立しているようだ。

また似たような名前の政党がいっぱいできてしまい、有権者にはどれがどれだかわかりにくいという問題まで生じさせた。

選挙後に開かれた国会では、すぐに選挙法改正を行わないといけないという声がすでに上がっている。

韓国の政界はかなり混乱しているようだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の朝鮮日報の記事
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/25/2020032580076.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  2. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  4. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    国連人権理事会がアメリカを非難! 中国提案の決議は採択!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国連…

  2. 人権・民主主義

    技能実習生は低賃金? 意外な高待遇も!(平野 正幸)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  3. 経済

    韓国のルノーサムスンが夜間生産を停止! 強硬な組合員を排除して昼間だけ生産へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ルノ…

  4. 人権・民主主義

    トランプ弾劾へ! 広がる魔女裁判!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  5. 韓国・北朝鮮

    韓国対北朝鮮のサッカーの試合 TV放送できない模様!(朝香 豊)

    北朝鮮にどうしてここまで韓国が冷遇されることになるのか、わから…

  6. 人権・民主主義

    韓国のチョ・グク法相の辞任の「裏」を見落とすな!(朝香 豊)

    疑惑に揺れる韓国のチョ・グク法相が突然辞任した。国民の…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    恒大集団の預金凍結! 株も債券も暴落!(朝香 豊)
  2. 道理

    尖閣周辺に中国船、16日連続! 日中首脳会談を受けて変化なし!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    クリントン夫妻が殺し屋を雇った疑惑! FBIがセス・リッチ事件の情報を公開! (…
  4. 未分類

    立憲民主党で新代表に泉氏が当選! 誰がなっても混乱は必至!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国の深刻なスパイ行為にアメリカは厳しく対処! 日本はどうする?(朝香 豊)
PAGE TOP