人権・民主主義

小党乱立で混乱する韓国! 4月に国会議員選挙!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

4月15日の国会議員選挙を間近にして、韓国では政党の設立が相次いでいる。

韓国は小選挙区比例代表並立制のような感じだが、年末の選挙法改正で、小選挙区で多くの議席を確保した政党は、比例代表では議席が確保できないような変な仕組みを採用した。

そのため、小選挙区での勝利を目指す政党が、比例代表では別の政党をでっち上げるといったことまで行われているのだ。

24日段階で登録した政党の数は50に達し、その他に結党準備中の政党が27あるという。

登録期限が27日までということになっているので、この27の政党すべてが要件を満たせるかどうかはわからないが、仮に満たした場合には77の政党が乱立することになる。

これらの政党名が投票用紙の両面に印刷され、その中で支持したい政党にチェックを入れる仕組みになる。

政党の並び順は、所属政党の現役議員の多い順番がまず優先され、議席数が同じだと「カナダラ順」(日本のあいうえお順のようなもの)で記載されることになる。

そこで、なるべく投票用紙の表側に名前が乗せられるようにしたいということから、「行こう環境党」とか「国家革命配当金党」といった変な政党名が乱立しているようだ。

また似たような名前の政党がいっぱいできてしまい、有権者にはどれがどれだかわかりにくいという問題まで生じさせた。

選挙後に開かれた国会では、すぐに選挙法改正を行わないといけないという声がすでに上がっている。

韓国の政界はかなり混乱しているようだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の朝鮮日報の記事
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/25/2020032580076.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  4. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    軍艦島の説明に強制労働をきちんと入れろ! ユネスコが決議採択!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 人権・民主主義

    どんどんファシズムに走るアメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Fa…

  3. 人権・民主主義

    ドイツのメルケル首相が中国に対して香港の件で釘をさす!

    いいぞ、メルケル!ドイツのメルケル首相は中国の李克…

  4. 人権・民主主義

    香港中文大学で警察が2356発の催涙弾を打ち込む! 狙いはネット規制か!(朝香 豊)

    香港の東大とも呼ばれることもある香港中文大学に、12日の夜に香…

  5. 人権・民主主義

    ハンターのみならずジョー・バイデンも関与か? 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  6. 人権・民主主義

    香港政府、ウイグルを参考に「反テロ訓練施設」建設予定!(朝香 豊)

    香港政府が新疆ウイグル自治区の再教育キャンプを視察した上で、大…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    アメリカがギリシャ北部の港の民営化に積極的な動き! 中国牽制のためか?(朝香 豊…
  2. 人権・民主主義

    韓国検察がチョ・グク法相の自宅を家宅捜索! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    語られない熱海の土石流の原因! 背後に同和あり!(朝香 豊)
  4. 韓国・北朝鮮

    「帰国事業」で北に移った朝鮮人が、北朝鮮軍で日本の都市を襲撃する特殊部隊を作って…
  5. 安全保障

    呪われた中国! 三峡ダム崩壊の可能性をまじめに考える!(朝香 豊)
PAGE TOP