人権・民主主義

同一署名の郵便投票が2000通以上! ウィスコンシン州で発覚!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

不正選挙で揺れるアメリカでは、ウィスコンシン州でもありえない不正投票が数多く見つかっている。

その一例は、”MLW”という同一の署名がなされた郵便投票が2000通以上見つかったことだ。

ちなみに”MLW”は同州最大の都市の「ミルウォーキー」の略称で知られているが、見つかったのはミルウォーキーを含まないデーン郡での投票だ。

この点はどうでもいいかもしれないが、ミルウォーキーの住人が自分の投票であることを認証するサインに”MLW”をたまたま使うことはまだありうるとしても、ミルウォーキーに住んでもいない人がかくも大量に”MLW”という署名を使うのは明らかにおかしいだろう。

こうした本人確認がしっかりおこなわれていない不正投票が法的に有効な投票としてカウントされていることは、主流派マスコミが言うように「些末な問題」なのだろうか。

行く先々で数万人のファンを集めていたトランプ大統領と違い、集会を開いても数十人しか集められなかったバイデンが8000万票を超える票を獲得したというのは、どう考えても不自然だろう。

旋風を巻き起こしたあのオバマでさえ6950万票に留まっていたことを考えれば、今回の異常さは群を抜いている。

これだけアメリカの民主主義が疑われる事態が発生しているのに、その真相究明にバイデン陣営もマスメディアもSNS各社も全く関心を寄せていないということが「正常」なことなのだろうか。

真相究明に真剣に取り組もうとすることを冷ややかな目で見るのは、どう考えてもおかしいだろう。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

headlines360の記事
https://headlines360.news/2020/11/28/president-trump-the-recount-in-wisconsin-was-about-finding-the-people-voted-illegally/
headlines360からの引用画像(MLWの署名)
https://headlines360.files.wordpress.com/2020/11/pjimage-26.jpg?w=1200
bostonglobeからの引用画像(オバマ前大統領)
https://bostonglobe-prod.cdn.arcpublishing.com/resizer/lK67MLqx5xp3iH4yfDGw4QN_534=/1440×0/cloudfront-us-east-1.images.arcpublishing.com/bostonglobe/QKQUAZDGVO7GXVUP7TOZSRDEOY.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    北京で住居の「強制退去」に反対! 1万人の市民が署名!(朝香 豊)

    中国北京市昌平区の住民らは、住んでいる住宅が「違法建築」だとし…

  2. 人権・民主主義

    国連人権理事会がアメリカを非難! 中国提案の決議は採択!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国連…

  3. 人権・民主主義

    韓国大統領府が家宅捜索を拒否! 検察最後の意地を力づくで潰す!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  4. 人権・民主主義

    中国系テレビメディアの偏向報道をイギリスが調査へ! (朝香 豊)

    英国情報通信庁は、近年英国に進出した中国の官制テレビメディアの…

  5. 人権・民主主義

    韓国の親北団体、「ハリス大使斬首コンテスト」を予告! 米大使館の前で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国の親…

  6. 人権・民主主義

    なんと、韓国で「慰安婦像を撤去せよ!」の抗議行動!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ソウ…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. 馬雲 ジャック・マー

アーカイブ

  1. 外交

    北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  2. 安全保障

    中国の深刻なスパイ行為にアメリカは厳しく対処! 日本はどうする?(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    中国は香港を支持したNBAのモリー氏の解雇を要求! NBAはこれを拒否! 全米中…
  4. 経済

    アフリカ豚コレラの蔓延に警戒を強める諸外国! 日本は大丈夫か?(朝香 豊)
  5. 安全保障

    主要戦略物資は国内生産へ! ナバロ大統領補佐官!(朝香 豊)
PAGE TOP