人権・民主主義

英紙が中国の宣伝コラムの掲載を停止! 広がる嫌中感情!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

イギリス紙「デイリー・テレグラフ」は、中国国営英字紙”China Daily”のコラム”China Watch”の掲載を中止した。

このコラムの執筆者は中国人で、その内容は、中国を称賛するとか、中国への否定的な評価に対抗するようなものが多かった。

この掲載によってこれまで「デイリー・テレグラフ」には毎年75万ポンド(約1億円)の収入があり、10年以上にわたって重要な収益源となってきたから、今回の決定は経営的にはかなりのダメージであろう。

しかも現在は、このコロナウイルスの感染拡大で広告費も激減しているはずであるから、「デイリー・テレグラフ」には決してやさしい判断ではなかったと思われる。

それでも中止の決定を行ったのは、中国政府が新型コロナウイルスのパンデミックを中国の影響力の拡大のために使う使い方があまりにもあからさまで、これに対する疑問が高まったせいだと考えられている。

というのは、過去に出された同コラムの中には、「ウイルスの感染防止のために中国が英雄的な努力を払っているのをけなすな」とか、「感染拡大を中国を攻撃する機会にするのは間違っている」といった内容のものがあるが、これらはウェプ版から削除されているからだ。

つまり、既発行のものなのに、ウェブで見ることができないように変更されているのだ。

「デイリー・テレグラフ」自身も、新型コロナウイルスの感染拡大では、中国政府の責任を追及したり、中国政府の発表の不正確さを問題視する立場で報道を行っている。

こうした「デイリー・テレグラフ」の編集姿勢に、”China Daily”側が「修正」を求め、その結果として関係を続けていくことができないと「デイリー・テレグラフ」が判断したのかもしれない。

実は同様の動きはアメリカのニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストなどでもすでに出ていたもので、両者もすでに”China Daily”との関係を絶っている。

こうした新聞社のアメリカ人記者の中国からの国外追放処分があったが、そこにはこういう事情も関係していたところがあるようだ。

英米のマスコミの中には、中国への警戒感はかなり高まっているようだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のガーディアンの記事
https://www.theguardian.com/media/2020/apr/14/daily-telegraph-stops-publishing-section-paid-for-by-china
画像はflickr.comから
https://live.staticflickr.com/7288/16175763120_6ca61f0987_b.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  4. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  5. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

関連記事

  1. 人権・民主主義

    想像を絶するモスクの大量破壊! 新疆ウイグル自治区!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オー…

  2. 中国

    中共体制の崩壊につながるか? 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    中国とつながるドミニオン! クリントン財団とも深い関係!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米国…

  4. 安全保障

    アメリカ保守派が中国に対して20兆ドルの損害賠償を請求! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 中国

    中国人少女がなんとタピオカの飲み過ぎで入院! (朝香 豊)

    食欲不振と腹痛などの症状を訴えた中国人の少女が病院で診察を受け…

  6. 安全保障

    米議事堂が大混乱! アンティファとBLMにやられる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!運命…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    百度、アリババ、テンセントは「中国共産党の武器」だと、米国務省が名指しで批判! …
  2. 安全保障

    新型コロナウイルスの対応を、現実に即した運営に変えよう!(朝香 豊)
  3. 未分類

    体内から致死量のフェンタニルが検出されていた! ジョージ・フロイド!(朝香 豊)…
  4. 安全保障

    中国共産党を国際犯罪組織に指定せよ! 米議会に法案提出!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    コロナにまつわる闇を告発! 米上院議員5名が記者会見!(朝香 豊)
PAGE TOP