人権・民主主義

英紙が中国の宣伝コラムの掲載を停止! 広がる嫌中感情!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

イギリス紙「デイリー・テレグラフ」は、中国国営英字紙”China Daily”のコラム”China Watch”の掲載を中止した。

このコラムの執筆者は中国人で、その内容は、中国を称賛するとか、中国への否定的な評価に対抗するようなものが多かった。

この掲載によってこれまで「デイリー・テレグラフ」には毎年75万ポンド(約1億円)の収入があり、10年以上にわたって重要な収益源となってきたから、今回の決定は経営的にはかなりのダメージであろう。

しかも現在は、このコロナウイルスの感染拡大で広告費も激減しているはずであるから、「デイリー・テレグラフ」には決してやさしい判断ではなかったと思われる。

それでも中止の決定を行ったのは、中国政府が新型コロナウイルスのパンデミックを中国の影響力の拡大のために使う使い方があまりにもあからさまで、これに対する疑問が高まったせいだと考えられている。

というのは、過去に出された同コラムの中には、「ウイルスの感染防止のために中国が英雄的な努力を払っているのをけなすな」とか、「感染拡大を中国を攻撃する機会にするのは間違っている」といった内容のものがあるが、これらはウェプ版から削除されているからだ。

つまり、既発行のものなのに、ウェブで見ることができないように変更されているのだ。

「デイリー・テレグラフ」自身も、新型コロナウイルスの感染拡大では、中国政府の責任を追及したり、中国政府の発表の不正確さを問題視する立場で報道を行っている。

こうした「デイリー・テレグラフ」の編集姿勢に、”China Daily”側が「修正」を求め、その結果として関係を続けていくことができないと「デイリー・テレグラフ」が判断したのかもしれない。

実は同様の動きはアメリカのニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストなどでもすでに出ていたもので、両者もすでに”China Daily”との関係を絶っている。

こうした新聞社のアメリカ人記者の中国からの国外追放処分があったが、そこにはこういう事情も関係していたところがあるようだ。

英米のマスコミの中には、中国への警戒感はかなり高まっているようだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のガーディアンの記事
https://www.theguardian.com/media/2020/apr/14/daily-telegraph-stops-publishing-section-paid-for-by-china
画像はflickr.comから
https://live.staticflickr.com/7288/16175763120_6ca61f0987_b.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  3. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  4. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  5. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港警察の暴力に反対する声明、3700人の著名学者らが署名! (朝香 豊)

    「現代言語学の父」 として広く知られるノーム・チョムスキー教授…

  2. 道理

    疑惑の判定に抗議しない日本のおかしさ! 選手の「心のケア」にこそ抗議が必要!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北京…

  3. 人権・民主主義

    香港で元日デモ! 100万人超が参加! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  4. 安全保障

    湖北省から帰国組の施設滞在期間の短縮を検討! アホか!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅官…

  5. 人権・民主主義

    国際調査報道ジャーナリスト連合が、中国のウイグル人弾圧の内部文書を公表! (朝香 豊)

    世界各国の記者で作る「国際調査報道ジャーナリスト連合」は、中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    習近平国家主席の国賓来日予定に変更なし! 菅官房長官!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    アメリカが中国大使館員を追放! 米海軍基地への侵入を試みる!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    北海道議会庁舎の喫煙室設置方針にNO! どうしてここまで不寛容なのか! (朝香 …
  4. 人権・民主主義

    SNS批判で動くホーリー上院議員! 怒っているのはトランプ大統領だけではない!(…
  5. 安全保障

    マサチューセッツ工科大学、中国AI企業との協業を見直しへ!(朝香 豊)
PAGE TOP