人権・民主主義

英紙が中国の宣伝コラムの掲載を停止! 広がる嫌中感情!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

イギリス紙「デイリー・テレグラフ」は、中国国営英字紙”China Daily”のコラム”China Watch”の掲載を中止した。

このコラムの執筆者は中国人で、その内容は、中国を称賛するとか、中国への否定的な評価に対抗するようなものが多かった。

この掲載によってこれまで「デイリー・テレグラフ」には毎年75万ポンド(約1億円)の収入があり、10年以上にわたって重要な収益源となってきたから、今回の決定は経営的にはかなりのダメージであろう。

しかも現在は、このコロナウイルスの感染拡大で広告費も激減しているはずであるから、「デイリー・テレグラフ」には決してやさしい判断ではなかったと思われる。

それでも中止の決定を行ったのは、中国政府が新型コロナウイルスのパンデミックを中国の影響力の拡大のために使う使い方があまりにもあからさまで、これに対する疑問が高まったせいだと考えられている。

というのは、過去に出された同コラムの中には、「ウイルスの感染防止のために中国が英雄的な努力を払っているのをけなすな」とか、「感染拡大を中国を攻撃する機会にするのは間違っている」といった内容のものがあるが、これらはウェプ版から削除されているからだ。

つまり、既発行のものなのに、ウェブで見ることができないように変更されているのだ。

「デイリー・テレグラフ」自身も、新型コロナウイルスの感染拡大では、中国政府の責任を追及したり、中国政府の発表の不正確さを問題視する立場で報道を行っている。

こうした「デイリー・テレグラフ」の編集姿勢に、”China Daily”側が「修正」を求め、その結果として関係を続けていくことができないと「デイリー・テレグラフ」が判断したのかもしれない。

実は同様の動きはアメリカのニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストなどでもすでに出ていたもので、両者もすでに”China Daily”との関係を絶っている。

こうした新聞社のアメリカ人記者の中国からの国外追放処分があったが、そこにはこういう事情も関係していたところがあるようだ。

英米のマスコミの中には、中国への警戒感はかなり高まっているようだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のガーディアンの記事
https://www.theguardian.com/media/2020/apr/14/daily-telegraph-stops-publishing-section-paid-for-by-china
画像はflickr.comから
https://live.staticflickr.com/7288/16175763120_6ca61f0987_b.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  5. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

関連記事

  1. 人権・民主主義

    トランプ新党できたら参加を考える! 共和党の70%!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロン…

  2. 道理

    広がるベラルーシの反体制デモ! 恐れる中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ベラ…

  3. 安全保障

    神戸鋼でも、防衛省関連情報の漏洩が発覚! 日本の対応は甘い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!三菱…

  4. 人権・民主主義

    WHO内にも台湾を肯定的に高く評価する声が登場! 変わる力関係!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  5. 安全保障

    無法地帯が生まれたシアトル! 背後に組織があるのは確実!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!シア…

  6. 人権・民主主義

    デモに参加して逮捕された人たちを支持する集会が、モスクワで開かれた! (朝香 豊)

    香港の抗議活動は相変わらず続いているが、この影響はロシアにも影…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    政府の対応は破綻! 究極の選択でものごとを考えるべき時だ!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  3. 人権・民主主義

    香港で民主派デモへの寄付金10億円を凍結! 取り締まりをさらに強化!(朝香 豊)…
  4. 人権・民主主義

    韓国がまたまた検事の大異動を発表! 政権疑惑潰しをさらに進める!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国で開催された「世界弁護士大会」に、人権派弁護士の参加が禁止される!(朝香 豊…
PAGE TOP