安全保障

敵基地に限定することには意味ないから敵基地攻撃能力は不要? 立憲民主党・泉健太代表のおかしな議論!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

立憲民主党の泉健太代表はNHKの番組「日曜討論」において「敵基地攻撃というもので何を防ごうとしているのか、これはちょっとわかりません」と発言したことが話題になっている。この部分だけが切り取られて一人歩きしているところがあるが、実はこの発言は必ずしもおかしな発言ではない。

というのは泉氏はこの発言に引き続いて「周辺国は移動式発射装置でミサイルを発射するわけであり、動かない基地だけを攻撃したところで抑止できるかどうかはわからない」とも述べているからだ。この点はまさしくその通りではないだろうか。

移動式発射装置で基地から移動したミサイルなどは、基地の外であっても当然攻撃対象となるべきだ。従って「基地」という限定を付けることに大きな意味はない。「基地」という限定を完全に外して「敵地攻撃能力」を保有するという考えの方が明らかに正しい。中国が日本に向けているミサイルは「基地」だけに限定されて向けられているわけでは当然ない。我が国が中国に向けるミサイルにおいても「基地」に限定する必要性など全くないだろう。

とはいえ泉氏は、動かない基地だけを攻撃したところで抑止力に疑問符が付くことを理由としながら、「敵基地攻撃能力なるもので防衛費をどんどん膨らませて、限られた防衛費でそこのウェイトを無駄に高めていくことが防衛全体に歪みをもたらすことがある」という妙な議論を展開し、敵基地攻撃能力を保持することに対して否定的な見解を示した。全く論理的に整合性の取れない議論である。

攻撃対象を無駄に基地に限定する「敵基地攻撃能力」ではなく、そのような前提を取り外した「敵地攻撃能力」を保有すべきだと考え、そのための防衛整備を行うとすれば、我が国の防衛に大いに資することになるのではないか。その上で中国全土を攻撃できる能力を優先的に高めるとした場合に、防衛全体に歪みをもたらすことにはならないだろう。

中国本土の上陸作戦を行うことは自衛隊は全く必要としていない。自衛隊はあくまでも外国からの攻撃がある際にそれに対抗できる手段を重点的に整備するのが本筋である。このために必要な敵地攻撃能力を重点的に整備するというのは極めて理にかなっている。限られた防衛費であるからこそ、なおさらこの点に重点を置くべきだろう。

保有するミサイルの射程を5000キロまで伸ばし、中国全土を攻撃対象にできるミサイル網を整備するというのが我が国にとっての最優先課題になるのではないか。中国の政治の中枢の中南海なども射程に収め、いつでも狙えることをアピールしておくことも、抑止力という観点から重要である。

費用対効果という観点から見ても極めて合理的である。ミサイルが1発30億円だとしても1000発揃えて3兆円ですんでしまう。整備費用を10年かけてまかなうことを考えれば、1年当たり3000億円しかかからない。これだけで中国は日本や台湾への侵略を大いにためらうことになるだろう。

さらに、こうしたミサイルを東南アジア諸国にどんどん輸出したらどうだろうか。日本にとって貴重な外貨獲得手段になると同時に、量産による価格低下も期待できる。

ついでに言えば、こうしたミサイルの売り込みと同時に、東南アジア諸国などと日本が集団安全保障協定を締結するところまで持っていったらどうだろうか。

例えばフィリピンが中国から攻撃された場合には、フィリピンからだけでなく日本などの防衛協定を結んだ他のアセアン諸国などからも中国にミサイルが飛ぶことを保証するのである。このような仕組みができていれば、中国が簡単に軍事侵攻するぞという脅しをかけることはできなくなるだろう。もちろんアセアンに属さない諸国、例えばオーストラリアなども当然巻き込んで構わない。

攻めの安全保障体制によって中国を徹底的に封じ込める路線を、岸田総理は明確に打ち出すべきである。

※拡散制限を回避するために、「朝香豊の日本再興ニュース」ブログからの直リンクをつけていません。コメント欄にリンクをつけておきますので、こちらへのご協力もよろしくお願いいたします。

「朝香豊の日本再興ニュース」ブログの応援、よろしくお願いいたします。(リンクのブログ記事の「朝香豊は今何位?」をクリック!)
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の高圧的外交に結束して対抗しよう! トルドー首相の正論!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7154

台湾有事は日本有事! 安倍元首相の発言に中国が猛反発! 中国の意図が見える!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7071

未だに国防費1%枠にこだわる公明党! 自民党はより強力なグリップを発揮せよ!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7029

産経新聞の記事
https://www.sankei.com/article/20220109-ZSTL7NKWXFLOFFOQHJ3BFG33TY/
泉健太氏の画像
https://www.asahicom.jp/articles/images/hw414_AS20220107001794_comm.jpg
敵基地攻撃能力について話す泉健太氏

https://youtu.be/rcjCf0ady1Y

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  2. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 外交

    中国が対米戦略を大転換か? 環球時報が方針転換を主張! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    台湾、中国のスパイを拘束! 豪に亡命した中共スパイの暴露から!(朝香 豊)

    オーストラリアに亡命した元中国のスパイ・王立強氏の暴露により、…

  3. 外交

    落胆の対中姿勢! 岸田新総理!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!岸田…

  4. 経済

    中国で「住宅価格値下げの禁止」が広がる! 誓約書を書かされた企業も出現!(朝香 豊)

    中国の地方政府の中には、住宅の販売価格を値下げしないように要求…

  5. 安全保障

    ツイッターが危険! 中華系のLi氏が取締役に就任!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    新型コロナウイルスははやり人造か? 新たな疑惑が提起される!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    米議会は超党派で中国に圧力をかけ、香港を守る意思を明確にした!
  3. 未分類

    立憲民主党で新代表に泉氏が当選! 誰がなっても混乱は必至!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    アメリカがギリシャ北部の港の民営化に積極的な動き! 中国牽制のためか?(朝香 豊…
  5. 道理

    旭日旗禁止のために払う韓国側の「努力」を笑ってはならない
PAGE TOP