人権・民主主義

新型肺炎の感染者数・死亡者数は、中国政府発表よりはるかに多い!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

詳しい事情はわからないが、中国(湖北省)では、感染の疑いがあっても、病院にも診療所にも行くことが許されていないため、自宅で死を待つしかないという人も多いようだ。

死亡してからようやく遺体の回収がなされるが、新型肺炎による死亡にはカウントされない。

前日まで何の症状も示さなかった12歳の男の子が、突然倒れて病院に担ぎ込まれたが、病院到着時にはすでに亡くなっていた。

症例的には新型肺炎の疑いが濃厚だが、このケースでも、新型肺炎による死亡にはカウントされなかった。

この情報をネットに上げた父親の高飛さんは、警察に呼び出された。

31歳の妊婦は、病院で重症の肺炎、呼吸困難、感染性ショックと診断書に書かれ、亡くなったが、新型肺炎による死亡にはカウントされなかった。

こうした例に見られるように、中国での新型肺炎の感染者数・死亡者数は、中国政府発表よりはるかに多いということを、改めて理解しておこう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

以下の動画も御覧ください。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)

    中国が次々世代通信技術「6G」技術の研究開発を正式に開始した。…

  2. 安全保障

    中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  3. 安全保障

    インド政府もZoomの公的利用を禁止へ! 世界的に広がるZoomの禁止!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イン…

  4. 人権・民主主義

    BLM”本当の”意味とは? Burn、Loot、Murder!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!NH…

  5. 人権・民主主義

    道路陥没で落下した3人を救助せずに、セメント注入! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします中国の…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    イギリスは香港市民に永住権を与えるか?
  2. 中国

    武漢の新型肺炎は報道より遥かに深刻か! 現地の声!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    韓国検察は文在寅派に屈せず、チョ・グク新法相の親族を逮捕! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    香港「蘋果日報」の株価連日の急騰! 黎智英氏逮捕への香港市民の抗議!(朝香 豊)…
  5. 安全保障

    TikTokとオラクルとの提携案をトランプ政権は拒絶! 原則を貫くトランプ!(朝…
PAGE TOP