人権・民主主義

新型肺炎の感染者数・死亡者数は、中国政府発表よりはるかに多い!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

詳しい事情はわからないが、中国(湖北省)では、感染の疑いがあっても、病院にも診療所にも行くことが許されていないため、自宅で死を待つしかないという人も多いようだ。

死亡してからようやく遺体の回収がなされるが、新型肺炎による死亡にはカウントされない。

前日まで何の症状も示さなかった12歳の男の子が、突然倒れて病院に担ぎ込まれたが、病院到着時にはすでに亡くなっていた。

症例的には新型肺炎の疑いが濃厚だが、このケースでも、新型肺炎による死亡にはカウントされなかった。

この情報をネットに上げた父親の高飛さんは、警察に呼び出された。

31歳の妊婦は、病院で重症の肺炎、呼吸困難、感染性ショックと診断書に書かれ、亡くなったが、新型肺炎による死亡にはカウントされなかった。

こうした例に見られるように、中国での新型肺炎の感染者数・死亡者数は、中国政府発表よりはるかに多いということを、改めて理解しておこう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

以下の動画も御覧ください。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  2. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 経済

    中国での新型コロナウイルスの本当の死者数は2000万人? 携帯契約数が激減!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 中国

    武漢発の新型肺炎、真の感染源は海鮮市場ではなかった?? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  3. 人権・民主主義

    韓国銀行のまとめた報告書が執筆者に無断で改竄された!(朝香 豊)

    韓国の中央銀行である韓国銀行は昨年、最低賃金の影響に関する報告…

  4. 人権・民主主義

    イギリスは香港市民に永住権を与えるか?

    英国は香港市民に英国の永住権を認めるのだろうか。英…

  5. 安全保障

    武漢大学が新たな検査方法を開発! PCRよりはるかに優れている??(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!レコ…

  6. 安全保障

    新型コロナウイルス はやはり人為か? ケンブリッジ大学の論文集に掲載!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロン…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国、GDP成長率6%目標を事実上取り下げる! 景気減速はごまかせない!(朝香 …
  2. 安全保障

    イラン政府が新型コロナで情報隠蔽の疑い!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国で都市封鎖が拡大! 外出禁止も!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    香港民主派の大物、黎智英氏逮捕! 西側の反発は必至!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    米上院議員が相次いで中国共産党とWHOを非難! 手を緩めないアメリカ!(朝香 豊…
PAGE TOP