人権・民主主義

フェイスブックがトランプ投稿を削除! リベラル・ファシズムを許すな!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

トランプ大統領は米FOXニュースに出演し、子どもは新型コロナウイルスに「ほぼ免疫がある」と主張した。

この出演動画をリンク元にして、トランプ大統領がFacebookに投稿を行ったところ、Facebookはこれを「新型コロナウイルス感染症に関する有害な偽情報」だとして、この投稿を削除した。

Twitterも同様の投稿を理由として、トランプ陣営のアカウントを一時制限したようだ。

さて、ここでよく考えてもらいたいのだが、トランプ大統領の発言は間違っているのだろうか。

「免疫がある」というのは、「抗体を持つ」というのよりずっと幅広い概念だ。

「体を鍛えているから、免疫力が高い」とか、「歳を取ってきたので、免疫力が落ちてきた」なんてことを日常会話で口にすることもあるが、ここで語られる「免疫」とは、「病気になりにくい」「重症化しにくい」ということである。

英語で「免疫の」という意味を持つ”immune”も、語源的には「im(不)+mune(変化)」のような感じでできていて、体調の激しい悪化が起きにくい意味合いで使われている。

日本語の「免疫」も「疫」を「免れる」ということであり、病気にかかりにくいとか重症化しにくいという意味だろう。

そもそもFacebook上にも”immunity boosting foods”(免疫を高める食事)のような投稿が割とあることからすれば、こうした広い意味での「免疫」をFacebookは受け入れていることになる。

子供が新型コロナウイルスで重症化しにくいのはよく知られた事実であり、これを「免疫がある」と主張して「偽情報」と言えるのだろうか。

さらに言えば、Facebookは単に「偽情報」だとしたのではなく、「有害な偽情報」だと規定したわけだが、この主張のどこに「有害性」があるのだろうか。

新型コロナウイルスは絶対的に危険なウイルスであり、いかなる意味でもこの危険性を弱める発言は不適切で有害だとみなすというのだろうか。

特定の立場の主張のみを正しいと認定し、それに対する異論を排除しようとするのは、ファシズムだ。

リベラル・左派は「アンチ・ファシズム」を主張する団体(アンティファ)と親和性が強いが、自分たちが信じる正しさを優先してそれとは異なる見方を排除しようとする点では、彼らこそがファシズムとなっている。

彼らは思い上がっていて、その問題点に気付いていない。

我々が戦うべき相手は、何らかの思想を絶対的に正しいとした上で、そこから全ての物事の正邪・善悪を判断しようとするイデオロギー本位の考えである。

イデオロギーの克服が我々に突きつけられた課題であることが、今回のトランプ大統領の件でも示されたと言えるだろう。

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3297720
Flickr.comからの引用画像(トランプ大統領)
https://live.staticflickr.com/5730/30020836983_0c6d0e542e_b.jpg
quartet-communications.comからの引用画像(Facebook-logo)
https://quartet-communications.com/wp-content/uploads/2019/11/Facebook-logo-PSD-e1446793077775.jpg
rtbsquare.workからの引用画像(twitter-logo)
https://rtbsquare.work/wp-content/uploads/2017/12/Twitter.jpg
ユーグレナヘルスケアラボからの引用画像(免疫)
https://www.euglab.jp/_assets/img/lp/meneki/img-01.png
Timesofindiaからの引用画像(immunity boosting foods)
https://static.toiimg.com/photo/74800296.cms
slate.comからの引用画像(Fascism)
https://compote.slate.com/images/85f42b82-a1c8-4eba-b6cf-8ce696e98a88.jpg
123rf.comからの引用画像(ideology)
https://previews.123rf.com/images/dizanna/dizanna1805/dizanna180500543/102414281-ideology-word-cloud-collage-business-concept-background.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  2. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  3. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…

関連記事

  1. 安全保障

    武漢の海鮮市場起源説はやはりおかしい! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 人権・民主主義

    台湾の国家承認を各国に促す法案をアメリカが準備! (朝香 豊)

    台湾の国家承認や台湾との非政府間交流を各国に促すよう米政府に要…

  3. 安全保障

    米バイデン政権が備蓄した石油の放出を要請! 自らの責任は棚上げはおかしい!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  4. 人権・民主主義

    大統領選挙の疑惑は深まった! アリゾナ州マリコパ郡の監査結果!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 道理

    数万ドルの献金で麻薬犯でも赦免! 北朝鮮!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!北朝鮮…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    文在寅政権が決めた駐米韓国大使の承認が異例の遅れ! アメリカ側はこのまま拒否か?…
  2. 安全保障

    「新型コロナの流行は中国のせい」は濡れ衣だとし、アメリカを脅す! 中国外交部!(…
  3. 人権・民主主義

    本当は圧勝だったトランプ! シドニー・パウウェル弁護士が明かす!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    NATO、中国の軍事拡大を注意深く監視へ! 宇宙も作戦領域に入れる! (朝香 豊…
  5. 安全保障

    熟練パイロットがAIに完敗! F16でのシミュレート戦!(朝香 豊)
PAGE TOP