人権・民主主義

フェイスブックがトランプ投稿を削除! リベラル・ファシズムを許すな!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

トランプ大統領は米FOXニュースに出演し、子どもは新型コロナウイルスに「ほぼ免疫がある」と主張した。

この出演動画をリンク元にして、トランプ大統領がFacebookに投稿を行ったところ、Facebookはこれを「新型コロナウイルス感染症に関する有害な偽情報」だとして、この投稿を削除した。

Twitterも同様の投稿を理由として、トランプ陣営のアカウントを一時制限したようだ。

さて、ここでよく考えてもらいたいのだが、トランプ大統領の発言は間違っているのだろうか。

「免疫がある」というのは、「抗体を持つ」というのよりずっと幅広い概念だ。

「体を鍛えているから、免疫力が高い」とか、「歳を取ってきたので、免疫力が落ちてきた」なんてことを日常会話で口にすることもあるが、ここで語られる「免疫」とは、「病気になりにくい」「重症化しにくい」ということである。

英語で「免疫の」という意味を持つ”immune”も、語源的には「im(不)+mune(変化)」のような感じでできていて、体調の激しい悪化が起きにくい意味合いで使われている。

日本語の「免疫」も「疫」を「免れる」ということであり、病気にかかりにくいとか重症化しにくいという意味だろう。

そもそもFacebook上にも”immunity boosting foods”(免疫を高める食事)のような投稿が割とあることからすれば、こうした広い意味での「免疫」をFacebookは受け入れていることになる。

子供が新型コロナウイルスで重症化しにくいのはよく知られた事実であり、これを「免疫がある」と主張して「偽情報」と言えるのだろうか。

さらに言えば、Facebookは単に「偽情報」だとしたのではなく、「有害な偽情報」だと規定したわけだが、この主張のどこに「有害性」があるのだろうか。

新型コロナウイルスは絶対的に危険なウイルスであり、いかなる意味でもこの危険性を弱める発言は不適切で有害だとみなすというのだろうか。

特定の立場の主張のみを正しいと認定し、それに対する異論を排除しようとするのは、ファシズムだ。

リベラル・左派は「アンチ・ファシズム」を主張する団体(アンティファ)と親和性が強いが、自分たちが信じる正しさを優先してそれとは異なる見方を排除しようとする点では、彼らこそがファシズムとなっている。

彼らは思い上がっていて、その問題点に気付いていない。

我々が戦うべき相手は、何らかの思想を絶対的に正しいとした上で、そこから全ての物事の正邪・善悪を判断しようとするイデオロギー本位の考えである。

イデオロギーの克服が我々に突きつけられた課題であることが、今回のトランプ大統領の件でも示されたと言えるだろう。

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3297720
Flickr.comからの引用画像(トランプ大統領)
https://live.staticflickr.com/5730/30020836983_0c6d0e542e_b.jpg
quartet-communications.comからの引用画像(Facebook-logo)
https://quartet-communications.com/wp-content/uploads/2019/11/Facebook-logo-PSD-e1446793077775.jpg
rtbsquare.workからの引用画像(twitter-logo)
https://rtbsquare.work/wp-content/uploads/2017/12/Twitter.jpg
ユーグレナヘルスケアラボからの引用画像(免疫)
https://www.euglab.jp/_assets/img/lp/meneki/img-01.png
Timesofindiaからの引用画像(immunity boosting foods)
https://static.toiimg.com/photo/74800296.cms
slate.comからの引用画像(Fascism)
https://compote.slate.com/images/85f42b82-a1c8-4eba-b6cf-8ce696e98a88.jpg
123rf.comからの引用画像(ideology)
https://previews.123rf.com/images/dizanna/dizanna1805/dizanna180500543/102414281-ideology-word-cloud-collage-business-concept-background.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 人権・民主主義

    韓国で反文在寅派が大規模集会 法相辞任を要求! (朝香 豊)

    韓国で反文在寅系の約20の保守派団体が大規模集会を開き、チェ・…

  2. 安全保障

    香港の自由と民主主義の死! 菅政権は対中政策の転換を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!全国…

  3. 人権・民主主義

    米共和党の重鎮が相次ぎ、中国建国70周年に批判的声明!(朝香 豊)

    米共和党上院議員のトップ(院内総務)であるミッチ・マコーネル氏…

  4. 人権・民主主義

    恐怖! 中国では臓器移植で「30才以下」などの注文までできる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 人権・民主主義

    中国が台湾人のドメインを購入! ネット世論操作に利用!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ウイルスは10月に武漢P4実験室から漏洩か? 携帯使用記録が示唆!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. 人権・民主主義

    脱北女性が韓国当局者に強姦されている!(朝香 豊)
  4. 道理

    持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国が武漢市に加えて新たに2市を封鎖! 武州肺炎の拡散は確実!(朝香 豊)
PAGE TOP