人権・民主主義

フェイスブックがトランプ投稿を削除! リベラル・ファシズムを許すな!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

トランプ大統領は米FOXニュースに出演し、子どもは新型コロナウイルスに「ほぼ免疫がある」と主張した。

この出演動画をリンク元にして、トランプ大統領がFacebookに投稿を行ったところ、Facebookはこれを「新型コロナウイルス感染症に関する有害な偽情報」だとして、この投稿を削除した。

Twitterも同様の投稿を理由として、トランプ陣営のアカウントを一時制限したようだ。

さて、ここでよく考えてもらいたいのだが、トランプ大統領の発言は間違っているのだろうか。

「免疫がある」というのは、「抗体を持つ」というのよりずっと幅広い概念だ。

「体を鍛えているから、免疫力が高い」とか、「歳を取ってきたので、免疫力が落ちてきた」なんてことを日常会話で口にすることもあるが、ここで語られる「免疫」とは、「病気になりにくい」「重症化しにくい」ということである。

英語で「免疫の」という意味を持つ”immune”も、語源的には「im(不)+mune(変化)」のような感じでできていて、体調の激しい悪化が起きにくい意味合いで使われている。

日本語の「免疫」も「疫」を「免れる」ということであり、病気にかかりにくいとか重症化しにくいという意味だろう。

そもそもFacebook上にも”immunity boosting foods”(免疫を高める食事)のような投稿が割とあることからすれば、こうした広い意味での「免疫」をFacebookは受け入れていることになる。

子供が新型コロナウイルスで重症化しにくいのはよく知られた事実であり、これを「免疫がある」と主張して「偽情報」と言えるのだろうか。

さらに言えば、Facebookは単に「偽情報」だとしたのではなく、「有害な偽情報」だと規定したわけだが、この主張のどこに「有害性」があるのだろうか。

新型コロナウイルスは絶対的に危険なウイルスであり、いかなる意味でもこの危険性を弱める発言は不適切で有害だとみなすというのだろうか。

特定の立場の主張のみを正しいと認定し、それに対する異論を排除しようとするのは、ファシズムだ。

リベラル・左派は「アンチ・ファシズム」を主張する団体(アンティファ)と親和性が強いが、自分たちが信じる正しさを優先してそれとは異なる見方を排除しようとする点では、彼らこそがファシズムとなっている。

彼らは思い上がっていて、その問題点に気付いていない。

我々が戦うべき相手は、何らかの思想を絶対的に正しいとした上で、そこから全ての物事の正邪・善悪を判断しようとするイデオロギー本位の考えである。

イデオロギーの克服が我々に突きつけられた課題であることが、今回のトランプ大統領の件でも示されたと言えるだろう。

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3297720
Flickr.comからの引用画像(トランプ大統領)
https://live.staticflickr.com/5730/30020836983_0c6d0e542e_b.jpg
quartet-communications.comからの引用画像(Facebook-logo)
https://quartet-communications.com/wp-content/uploads/2019/11/Facebook-logo-PSD-e1446793077775.jpg
rtbsquare.workからの引用画像(twitter-logo)
https://rtbsquare.work/wp-content/uploads/2017/12/Twitter.jpg
ユーグレナヘルスケアラボからの引用画像(免疫)
https://www.euglab.jp/_assets/img/lp/meneki/img-01.png
Timesofindiaからの引用画像(immunity boosting foods)
https://static.toiimg.com/photo/74800296.cms
slate.comからの引用画像(Fascism)
https://compote.slate.com/images/85f42b82-a1c8-4eba-b6cf-8ce696e98a88.jpg
123rf.comからの引用画像(ideology)
https://previews.123rf.com/images/dizanna/dizanna1805/dizanna180500543/102414281-ideology-word-cloud-collage-business-concept-background.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港に呼び鈴を送った人が逮捕! 浮き彫りになる中国の異様さ!(朝香 豊)

    中国政府は、香港に呼び鈴を送った人を逮捕した。呼び鈴に…

  2. 道理

    尖閣周辺に中国船、16日連続! 日中首脳会談を受けて変化なし!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!尖閣…

  3. 人権・民主主義

    アメリカ議会で遠隔投票を検討! 日本も急げ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 人権・民主主義

    香港でウイグル人に声援を送る集会! 東トリキスタンの旗も振られる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新疆…

  5. 人権・民主主義

    武漢支援の医療スタッフが医学誌に窮状訴える投書!  その後に謎の撤回!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  6. 人権・民主主義

    国連人権理事会がアメリカを非難! 中国提案の決議は採択!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国連…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    6Gの開発支援の基金は、たったの1100億円? 大丈夫か、日本!(朝香 豊)
  2. 経済

    Googleは脱税捜査を受け、1200億円支払いでフランスと合意 国際課税の統一…
  3. 安全保障

    感染者数の日韓の差は単に検査数の違いか?  そうではない!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    中国に言論の自由を求める大きな動き発生! 習近平体制は終わるか?(朝香 豊)
  5. 経済

    着実に進む中国のバブル崩壊! 「四川信託」破綻が示すもの!(朝香 豊)
PAGE TOP