安全保障

武漢ウイルス研究所でコウモリの飼育はなかったはウソ! ウソがバレた!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

問題のコロナウイルスについて武漢に調査にでかけたWHOの結論のおかしな点が、意外なところから指摘された。

今回の調査団の一員で英国の動物学者のピーター・ダスザック氏は、武漢ウイルス研究所が実験室で生きたコウモリを使ってウイルステストを行ったことを完全に否定していた。ダスザック氏は昨年4月にツイッターで「研究者はコウモリを飼ってもいないし、殺してもいない。すべてのコウモリはサンプリングをした後に、元の洞窟に戻されている。これは一つの保護措置であり、疾病の広がりという観点からすれば、殺処分にしたり実験室で飼おうとするよりずっと安全である」とツイートしていた。

ところが、武漢ウイルス研究所がコウモリを飼っていたと思われる証拠が出てきたのだ。人工的な条件下でコウモリを健康的に成長させ、繁殖させることができるコウモリ飼育ケージの特許を、2018年6月に武漢ウイルス研究所は出願していた。そしてこの特許は2019年1月4日に正式に認められている。

また2020年10月16日にも同研究所は、野生のコウモリを人工的に繁殖させる方法に関する、また別の特許を出願していることも判明した。

これはダスザック氏の話と現実は全く違っていて、武漢ウイルス研究所においてコウモリが飼育されていたことがほぼ間違いないことを示している。

この点での相違だけで武漢ウイルス研究所から例のウイルスが持ち出された、あるいは漏れ出たと結論づけることはできないが、なぜこの点で中国側が虚偽の報告をWHO側に行い、WHO側はその虚偽を事実のように扱ったのかは興味深いところである。

アメリカ政府が武漢ウイルス研究所がウイルスの発生源である証拠を掴んでいることを、ポンペオ前国務長官は述べているが、今回のこの話はポンペオ発言のほうが信憑性があることを裏付けたとも言えるだろう。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.dailymail.co.ukの記事
https://www.dailymail.co.uk/news/article-9257413/Secret-bat-cages-Wuhan-lab-researchers-planned-breed-animals-virus-experiments.html
コウモリの画像
https://www.ft.com/__origami/service/image/v2/images/raw/https%3A%2F%2Fs3-ap-northeast-1.amazonaws.com%2Fpsh-ex-ftnikkei-3937bb4%2Fimages%2F0%2F7%2F8%2F4%2F27274870-5-eng-GB%2FCropped-1590440608photo.JPG?source=nar-cms

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  4. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  5. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国の高圧的外交に結束して対抗しよう! トルドー首相の正論!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  2. 安全保障

    「感染経路が見えなくなってきた」…加藤厚労大臣! 遅いんだよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    フランスもファーウェイ排除を拒否! 5G網でイギリスに続く!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フラ…

  4. 人権・民主主義

    「議事堂襲撃事件」にFBIが関与か? タッカー・カールソンが報道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フォ…

  5. 人権・民主主義

    習近平思想の学習が、中国中の宗教コミュニティで義務化へ!(朝香 豊)

    中国中の宗教コミュニティで習近平思想の学習が義務化されつつある…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    韓国財界が北朝鮮に激怒! 現代グループの裏金で核開発を進めながら、用済みになると…
  2. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?
  3. 安全保障

    もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. Featured Video Play Icon

    経済

    中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 外交

    中国企業の人工島建設提案をツバルは拒絶! 親台湾姿勢を堅持!(朝香 豊)
PAGE TOP