安全保障

武漢ウイルス研究所でコウモリの飼育はなかったはウソ! ウソがバレた!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

問題のコロナウイルスについて武漢に調査にでかけたWHOの結論のおかしな点が、意外なところから指摘された。

今回の調査団の一員で英国の動物学者のピーター・ダスザック氏は、武漢ウイルス研究所が実験室で生きたコウモリを使ってウイルステストを行ったことを完全に否定していた。ダスザック氏は昨年4月にツイッターで「研究者はコウモリを飼ってもいないし、殺してもいない。すべてのコウモリはサンプリングをした後に、元の洞窟に戻されている。これは一つの保護措置であり、疾病の広がりという観点からすれば、殺処分にしたり実験室で飼おうとするよりずっと安全である」とツイートしていた。

ところが、武漢ウイルス研究所がコウモリを飼っていたと思われる証拠が出てきたのだ。人工的な条件下でコウモリを健康的に成長させ、繁殖させることができるコウモリ飼育ケージの特許を、2018年6月に武漢ウイルス研究所は出願していた。そしてこの特許は2019年1月4日に正式に認められている。

また2020年10月16日にも同研究所は、野生のコウモリを人工的に繁殖させる方法に関する、また別の特許を出願していることも判明した。

これはダスザック氏の話と現実は全く違っていて、武漢ウイルス研究所においてコウモリが飼育されていたことがほぼ間違いないことを示している。

この点での相違だけで武漢ウイルス研究所から例のウイルスが持ち出された、あるいは漏れ出たと結論づけることはできないが、なぜこの点で中国側が虚偽の報告をWHO側に行い、WHO側はその虚偽を事実のように扱ったのかは興味深いところである。

アメリカ政府が武漢ウイルス研究所がウイルスの発生源である証拠を掴んでいることを、ポンペオ前国務長官は述べているが、今回のこの話はポンペオ発言のほうが信憑性があることを裏付けたとも言えるだろう。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.dailymail.co.ukの記事
https://www.dailymail.co.uk/news/article-9257413/Secret-bat-cages-Wuhan-lab-researchers-planned-breed-animals-virus-experiments.html
コウモリの画像
https://www.ft.com/__origami/service/image/v2/images/raw/https%3A%2F%2Fs3-ap-northeast-1.amazonaws.com%2Fpsh-ex-ftnikkei-3937bb4%2Fimages%2F0%2F7%2F8%2F4%2F27274870-5-eng-GB%2FCropped-1590440608photo.JPG?source=nar-cms

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  2. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 安全保障

    新型ウイルスは人に大いに感染しやすい構造!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 安全保障

    アップルに入り込んでいた中国人スパイ、ミサイルの機密書類も所持発覚!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アップ…

  3. 人権・民主主義

    銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

  4. 安全保障

    愛媛銀行経由で5億円超、埼玉県信用組合経由で19億円のマネロン発覚! (朝香 豊)

    愛媛銀行大阪支店に口座を持つ男性が、同行の石井支店の窓口を利用…

  5. 中国

    中国政府はアメリカ政府の支援を拒否! 新型肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  6. 人権・民主主義

    高まるタイの反政府運動! 王室の危機!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!タイ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国の不思議な不動産統計! 政府部内で混乱が生じている? (朝香 豊)
  2. 中国

    なおも続く中国の豪雨! 三峡ダムは全力で放水! 下流域の被害は甚大!(朝香 豊)…
  3. 中国

    中国共産党内部で、水面下で党内対立激化か?(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    TikTokで中国のウイグル政策を批判した女子高生、アカウントが一時停止に! (…
  5. 道理

    22歳幼稚園教諭が同居の祖母を殺害! 介護疲れの悲劇!(朝香 豊)
PAGE TOP