安全保障

一帯一路の鉄道プロジェクトの詳細を機密扱いに! ハンガリー議会!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ハンガリー議会は、中国の融資で実施する、ハンガリーの首都のブダペストとセルビアの首都のベオグラードを結ぶ高速鉄道事業の詳細を、向こう10年間にわたって機密扱いとする法案を可決した。

このプロジェクトは、すでに両首都を結んでいる既存の鉄道路線を更新するもので、ギリシャで中国が運営するピレウス港につながる鉄道路線と接続される予定だ。

つまり、中国と海運で結ばれたギリシャを起点に、ギリシャ・マケドニア・セルビア・ハンガリーを鉄道で結ぶというもので、将来的にはここからさらに西欧とも接続することも計画しているとされる。

内陸国であるハンガリーには、海運と接続できるこのプロジェクトの持つ意義が大きいのは確かだろうが、プロジェクトは中国の一帯一路構想の一環でもあり、これによって中国のEU内でのプレゼンスが非常に大きなものとなるのは間違いない。

ハンガリーはこの事業の投資費用の85%にあたると推計される20億ユーロ(約2400億円)ほどを中国輸出入銀行から借り入れ、残りの15%を自己資金で賄うと言われている。

だが、詳細は全くわからない。

契約内容は秘密とされているからだ。

契約の詳細を開示すれば「ハンガリーが外国から不当な影響を受けずに外交政策や貿易利益を追求する能力が脅かされる」恐れがあるとのことだが、他国を犠牲にするような非倫理的な内容になっているということだろうか。

EUを裏切るような内容が含まれているということだろうか。

ともかく、中国輸出入銀行から必要な資金の融資を受けるには、事業詳細を機密にする必要があり、プロジェクト関連文書の開示には、中華人民共和国政府の同意が必要になっているとされる。

ハンガリーのオルバン・ヴィクトル首相は、ハンガリーがまだ社会主義国であった時に、ソ連軍の駐留とハンガリー社会主義労働者党の一党独裁を批判した反共の闘士だった人物ではあるが、シンガポールや中国のほうが西側諸国よりもうまい国家・経済運営をしているとも考えている。

鉄道建設の一部をオルバン首相に近い企業が担うとの噂もあるが、それだけでこの契約に邁進しているとは考えにくい。

心配なのは、この投資が中国の債務の罠に引っかかる恐れがないかということであり、ハンガリーの国家主権が中国の影響を受けざるをえなくなる事態が生じないかということだ。

そしてまた、EUの独立性にも大きな影響を及ぼす事態にならないかということだ。

今後のEUの結束が守られるかどうかという点でも、看過できない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3283916
画像はPxfuelから
https://p1.pxfuel.com/preview/197/701/175/budapest-keleti-railway-station-railcar-platform-hungary.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  3. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  4. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    日豪防衛協力が進化! 准同盟化へ前進!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  2. 経済

    トランプも、対抗馬の民主党候補も、対中政策のジレンマに陥っている!

    トランプ大統領が中国に仕掛けた貿易戦争が米国経済にもたらす悪影…

  3. 安全保障

    米中の軍事的緊張は急激に高まっている! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2月…

  4. 人権・民主主義

    香港「国家安全維持法」の衝撃! 裁判権の独立も失う! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  5. 安全保障

    日米台で安全保障に関するシンクタンクの会議を開催!(朝香 豊)

    アメリカのシンクタンク「プロジェクト2049研究所」が、「米日…

  6. 安全保障

    EUが外国直接投資の審査を強化! 中国を念頭!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!EU…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    蔡英文勝利! 57%を確保!(朝香 豊)
  2. 経済

    人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 安全保障

    武漢ウイルス研究所でコウモリの飼育はなかったはウソ! ウソがバレた!(朝香 豊)…
  4. 安全保障

    英はファーウェイ5G参入を見直しか? コロナ情報隠蔽で!(朝香 豊)
  5. 外交

    中国が対米戦略を大転換か? 環球時報が方針転換を主張! (朝香 豊)
PAGE TOP