人権・民主主義

選挙不正の9つのキーポイント! ジュリアーニ弁護士が指摘!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

トランプ弁護団のジュリアーニ弁護士は、今回の選挙不正に関する9つのキーポイントを明らかにした。

1つ目は、郵便投票の集計をする際に、登録通りに正しく署名されていて本人確認がきちんとできているかの確認は実に重要だが、選挙監視員はこれができず、さらに封筒が破棄されて有効かどうかわからなくさせられている点だ。

2つ目は、ペンシルバニア州で共和党が仕切っている選挙区域においては、州法に基づいて不在者投票(郵便投票)を行った有権者が「ミス」を犯した場合の訂正が許されずに無効とされたのに対して、民主党が仕切っている選挙区域においては許された。これは恐らく、署名が登録したものと違うとか、住所や生年月日が一致しないと指摘された時に、民主党側ではその「訂正」が認められたということを言っているのだろうと思うが、違っていたらその時点でアウトにすべきものだろう。

3つ目は、有権者が投票所にでかけていったところ、「あなたはすでに投票を終えている」と言われて投票できなかったことである。郵便投票や期日前投票でなりすましが行われたと思われる。

4つ目は、郵便投票に問題点があっても問題にしないように、また締め切り期限後に届いたものについても期日内に到着したものとするようにとの指示が出ていたことだ。

5つ目は、バイデン票だけが複数回投票集計機に掛けられるということが見つかったことだ。ミシガン州では最低6万票、最大で10万票がこれによる票の水増しになっていると推計され、これには60人の証人もいる。

6つ目は、ウィスコンシン州では事前登録せずに郵便投票が数多くなされた点だ。ミルウォーキーでは6万票、マジソンでは4万票がそのような票となっている。

7つ目は、特にウィスコンシン州やミシガン州では居住している住民よりも多くの票が記録されている地区があることだ。ジョージア州では州外の住民からの投票も行われていた。

8つ目は、投票機と投票集計ソフトが社会主義を標榜するベネズエラの体制と関わる企業のものである点だ。投票結果を変えられるアルゴリズムを採用している。そしてその操作が行われたとしか考えられない一気のバイデン票の伸びが見つかっている。

9つ目は、憲法は投票がうまくいかない場合の大統領選出プロセスを規定していることだ。憲法のこの規定は腐敗や外国勢力の干渉に対する対抗処置である。不正投票はトランプとバイデンの票差の2倍以上はあるから、トランプ大統領が大統領になる道は開かれているとした。

この9つの点に絞って法廷闘争を行っていく方針をトランプ陣営は固めたと見ればよい。今後の戦いに目を向けておこう。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のwww.breitbart.comの記事
https://www.breitbart.com/2020-election/2020/11/19/9-key-points-from-trump-campaign-press-conference-on-challenges-to-election-results/
media.breitbart.comからの引用画像(Rudy Giuliani)
https://media.breitbart.com/media/2020/11/Rudy-Giuliani-Associated-Press-640×480.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 安全保障

    大統領選挙人投票に異議を唱える上院議員が続々と! ペンス副大統領も賛成へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

  2. 人権・民主主義

    習近平国家首席の国賓待遇来日批判、野党にも広がる! 頑張ろう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国民…

  3. 人権・民主主義

    アメリカ3大テレビ局が中国批判を避けている! 研究機関が公表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リベ…

  4. 道理

    パウエル弁護士のトランプ弁護団からの離脱! 事実は事実として受け止めよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ト…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港国家安全法の危険な中身! 我々も処罰対象に!(朝香 豊)
  2. 中国

    さらに強まる習近平独裁体制! 任志強は党籍剥奪!(朝香 豊)
  3. 経済

    景気悪化を認めない財務省! 日本経済を殺す気か!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    「価値観の多様化」の矛盾! 特定の価値観の排除!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    北海道議会庁舎の喫煙室設置方針にNO! どうしてここまで不寛容なのか! (朝香 …
PAGE TOP