安全保障

中国の監視カメラ企業など8社をトランプ政権はブラックリストに掲載!(朝香豊)

トランプ政権は、中国の監視カメラ企業のハイクビジョン、ダーファ・テクノロジーなどを事実上の禁輸措置の対象となるエンティティー・リストに掲載すると発表した。

これにより、米政府の特別な許可がない限り、米国原産技術25%以上の製品の利用ができなくなり、これらの企業は事実上米企業との取引が禁止されることになる。

日本企業であっても再輸出規制がかかるため、米国原産技術25%以上を含んだ技術の輸出は不可能になる。

また、米国原産技術を使った研究や技術開発からもこれらの会社を排除する必要がある。

エンティティリストに掲載されたことで、これらの企業は米国市場での資金調達も困難になった。

これらの企業は、顔認証や音声認識などの米国原産の技術のライセンス供与も停止されることになることから、従来の製品の販売が許されなくなる可能性もある。

アメリカは日本などの同盟国にも同様の規制を中国に対して行うように求めている。

それを行った場合には、日本企業への打撃もあるが、中国への打撃も極めて大きいだろう。

ファーウェイをエンティティー・リストに加えた時とは違って、今回はウイグルなどでの激しい人権侵害に関わっていることが理由として挙げられた。

今後中国を追い詰めていくためには、人権侵害を理由とした方が日本やヨーロッパ諸国などの理解を得やすいと考えたのかもしれない。

また民主党の大統領候補として有力なバイデン氏の息子が、ウイグルの人権侵害企業への投資に関わっていることを、暗に批判する意図もあるのかもしれない。

ソースとなったブルームバーグの記事https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-07/PZ0XIP6KLVRI01

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 安全保障

    台湾、中国のスパイを拘束! 豪に亡命した中共スパイの暴露から!(朝香 豊)

    オーストラリアに亡命した元中国のスパイ・王立強氏の暴露により、…

  2. 安全保障

    アップルに入り込んでいた中国人スパイ、ミサイルの機密書類も所持発覚!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アップ…

  3. 安全保障

    「北ミサイルは韓国への挑発ではない」 韓国国防相が発言! (朝香 豊)

    韓国と北朝鮮は1年前に両国の緊張緩和を進めるために「9・19軍…

  4. 安全保障

    歓迎! 日本政府がついに韓国との世論戦に参入方針を示す! (朝香 豊)

    韓国政府は事実とは違う主張をしたり、自分たちに不都合な情報を隠…

  5. 安全保障

    サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

    イランの関与が濃厚となったサウジ攻撃について、おそらくこういう…

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港に呼び鈴を送った人が逮捕! 浮き彫りになる中国の異様さ!(朝香 豊)
  2. Featured Video Play Icon

    人権・民主主義

    「香港を称える歌」が香港市民の間に急激に普及! あらゆる場所で大合唱されるように…
  3. 経済

    米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    道路陥没で落下した3人を救助せずに、セメント注入! 中国!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国に5Gの市民監視用のロボット警官が登場! 中国の監視社会化はどこまで進むのか…
PAGE TOP