安全保障

中国の監視カメラ企業など8社をトランプ政権はブラックリストに掲載!(朝香豊)

トランプ政権は、中国の監視カメラ企業のハイクビジョン、ダーファ・テクノロジーなどを事実上の禁輸措置の対象となるエンティティー・リストに掲載すると発表した。

これにより、米政府の特別な許可がない限り、米国原産技術25%以上の製品の利用ができなくなり、これらの企業は事実上米企業との取引が禁止されることになる。

日本企業であっても再輸出規制がかかるため、米国原産技術25%以上を含んだ技術の輸出は不可能になる。

また、米国原産技術を使った研究や技術開発からもこれらの会社を排除する必要がある。

エンティティリストに掲載されたことで、これらの企業は米国市場での資金調達も困難になった。

これらの企業は、顔認証や音声認識などの米国原産の技術のライセンス供与も停止されることになることから、従来の製品の販売が許されなくなる可能性もある。

アメリカは日本などの同盟国にも同様の規制を中国に対して行うように求めている。

それを行った場合には、日本企業への打撃もあるが、中国への打撃も極めて大きいだろう。

ファーウェイをエンティティー・リストに加えた時とは違って、今回はウイグルなどでの激しい人権侵害に関わっていることが理由として挙げられた。

今後中国を追い詰めていくためには、人権侵害を理由とした方が日本やヨーロッパ諸国などの理解を得やすいと考えたのかもしれない。

また民主党の大統領候補として有力なバイデン氏の息子が、ウイグルの人権侵害企業への投資に関わっていることを、暗に批判する意図もあるのかもしれない。

ソースとなったブルームバーグの記事https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-07/PZ0XIP6KLVRI01

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 安全保障

    「アビガン」に高い治療効果! 明らかな副作用なし!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 安全保障

    英空母を南シナ海派遣へ! 極東常駐案も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  3. 安全保障

    新型肺炎のデータ破棄を指示! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!遼寧…

  4. 安全保障

    帰国者からの単純計算では、武漢全体の感染者数は16万超えになる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!29…

  5. 安全保障

    日本で改憲意識が急激に高まっている!

    日本人の意識もようやく急激に変化してきたようだ。日経新聞とテレ…

  6. 安全保障

    中国がCTBTに違反して小規模核実験の可能性! 米国務省が指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    韓国の北朝鮮への有償融資9億ドル余、返済は240万ドルのみ!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国が尖閣領有権主張の「オンライン博物館」を開設! 日本はカウンターを打て!(朝…
  3. 経済

    中国、ハイテク分野の研究開発費を大幅増! 日本も負けるな! (朝香 豊)
  4. 道理

    これはオシャレ! 中国の放送時間に合わせた試合時間の変更に、フランスのサッカーフ…
  5. 経済

    新型コロナ対策で、きめ細かいイギリスの処置! 日本も見習え!(朝香 豊)
PAGE TOP