安全保障

中国の監視カメラ企業など8社をトランプ政権はブラックリストに掲載!(朝香豊)

トランプ政権は、中国の監視カメラ企業のハイクビジョン、ダーファ・テクノロジーなどを事実上の禁輸措置の対象となるエンティティー・リストに掲載すると発表した。

これにより、米政府の特別な許可がない限り、米国原産技術25%以上の製品の利用ができなくなり、これらの企業は事実上米企業との取引が禁止されることになる。

日本企業であっても再輸出規制がかかるため、米国原産技術25%以上を含んだ技術の輸出は不可能になる。

また、米国原産技術を使った研究や技術開発からもこれらの会社を排除する必要がある。

エンティティリストに掲載されたことで、これらの企業は米国市場での資金調達も困難になった。

これらの企業は、顔認証や音声認識などの米国原産の技術のライセンス供与も停止されることになることから、従来の製品の販売が許されなくなる可能性もある。

アメリカは日本などの同盟国にも同様の規制を中国に対して行うように求めている。

それを行った場合には、日本企業への打撃もあるが、中国への打撃も極めて大きいだろう。

ファーウェイをエンティティー・リストに加えた時とは違って、今回はウイグルなどでの激しい人権侵害に関わっていることが理由として挙げられた。

今後中国を追い詰めていくためには、人権侵害を理由とした方が日本やヨーロッパ諸国などの理解を得やすいと考えたのかもしれない。

また民主党の大統領候補として有力なバイデン氏の息子が、ウイグルの人権侵害企業への投資に関わっていることを、暗に批判する意図もあるのかもしれない。

ソースとなったブルームバーグの記事https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-07/PZ0XIP6KLVRI01

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    2022年まで断続的に都市封鎖が必要かも! ハーバード大学の研究結果!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハー…

  2. 安全保障

    第3回新型コロナウイルス専門家会議開催!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!政府…

  3. 安全保障

    ペンス副大統領が再び厳しい対中国政策の演説へ

    アメリカは中国への攻撃の手をさらに強める❗ペンス副大統領と…

  4. 安全保障

    中国の産業スパイを米司法省が訴追へ! スパイ防止対策強化に日本も動け!(朝香 豊)

    アメリカの司法省は、米農業大手モンサント(現バイエル)の中国人…

  5. 安全保障

    エストニアは5Gからファーウェイを排除へ! (朝香 豊)

    エストニアの国家サイバーセキュリティ政策代表は、アメリカからの…

  6. 安全保障

    帰国者からの単純計算では、武漢全体の感染者数は16万超えになる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!29…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    イランのコッズ部隊の司令官暗殺で、日本を無視! アメリカ!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    サウジアラビアの石油施設への攻撃は、イランがやったとポンペオ国務長官が明言!(朝…
  3. 安全保障

    一帯一路の鉄道プロジェクトの詳細を機密扱いに! ハンガリー議会!(朝香 豊)
  4. 経済

    ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 安全保障

    武漢市が新型コロナウイルス発生の模擬演習をしていた! これが偶然か?(朝香 豊)…
PAGE TOP