人権・民主主義

米下院がルール変更! トランプ大統領には差別発言を容認!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

民主党が多数派を制している連邦議会の下院において、「人種差別主義者」(racist)とか「白人至上主義者」(white supremacist)といった、従来大統領に向かって使うことが許されていなかった差別的決めつけを、トランプ大統領の弾劾の審理を進める際には使うことを一時的に許したことがわかった。

トランプ大統領を人種差別主義者だとか白人至上主義者だとかと呼ぶのは、事実に基づかない勝手な決めつけでしかない侮辱だが、こんなことをルールを変えて認めるとは、議会の品位を大いに汚すものではないのか。多数派である民主党の良識を大いに疑うしかない。

これに基づき、下院民主党の Cori Bush議員は「私はドナルド・J・トランプに対する弾劾案を支持する立場で発言し、もし私たちが白人至上主義の反乱を引き起こした白人至上主義者の大統領の罷免ができないことになるなら、最も被害を受けているミズーリ州の第一地区にあるコミュニティーのようなものです。第117回の下院は私たちには黒人の命を守る立法を行う義務があることを理解しなければなりません。この過程の第一ステップは白人至上主義者の最高司令官を弾劾することから開始して白人至上主義を根絶することです。」と発言した。

彼女はこの発言の動画を、自分のツイッターに誇らしく載せている。

さて、この発言はツイッター社には何の問題もない発言として扱われているようで、何のお咎めもない状態だ。

彼らのダブルスタンダードぶりがまた発揮された。

なお、彼女のツイッターはこのブログの下の方に貼ってあるので、動画も当然見ることができる。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.thegatewaypundit.comの記事
https://www.thegatewaypundit.com/2021/01/evil-democrats-changed-house-rules-smear-president-trump-repeatedly-impeachment-sham-racist-white-supremacist-chief/
Cori Bush議員の画像
https://i.ytimg.com/vi/rouHokKy1-Q/maxresdefault.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  2. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    台湾人有名ユーチューバー、中国に屈しない姿勢を見せる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 人権・民主主義

    香港で反体制派に対する暴力が頻発! 暴力で萎縮させる路線か? (朝香 豊)

    香港では、デモ行進の件で警察との交渉を終えて、警察署を出た3分…

  3. 人権・民主主義

    民主党に都合の悪い言論を取締り? Twitterの怪しい動き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

  4. 道理

    新聞の正確な記事と責任ある論評の意義は一段と大きくなっている? ふざけるな!(朝香 豊)

    不確かなフェイクニュースがインターネットを通じて拡散する中、し…

  5. 人権・民主主義

    反日偏向を告発した高校生への弾圧強化! 韓国仁憲高校!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!学校…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国の工場で「火事」が多発! 体制危機の象徴!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    韓国の文化体育観光部局長、親日発言で罷免! 年金も半分に減額! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国軍と関わる企業リストの作成を、超党派の米議員が要請! アメリカは強い! (朝…
  4. 人権・民主主義

    英紙が中国の宣伝コラムの掲載を停止! 広がる嫌中感情!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    北のミサイル、目標めがけて軌道修正できる模様!(朝香 豊)
PAGE TOP