人権・民主主義

米下院がルール変更! トランプ大統領には差別発言を容認!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

民主党が多数派を制している連邦議会の下院において、「人種差別主義者」(racist)とか「白人至上主義者」(white supremacist)といった、従来大統領に向かって使うことが許されていなかった差別的決めつけを、トランプ大統領の弾劾の審理を進める際には使うことを一時的に許したことがわかった。

トランプ大統領を人種差別主義者だとか白人至上主義者だとかと呼ぶのは、事実に基づかない勝手な決めつけでしかない侮辱だが、こんなことをルールを変えて認めるとは、議会の品位を大いに汚すものではないのか。多数派である民主党の良識を大いに疑うしかない。

これに基づき、下院民主党の Cori Bush議員は「私はドナルド・J・トランプに対する弾劾案を支持する立場で発言し、もし私たちが白人至上主義の反乱を引き起こした白人至上主義者の大統領の罷免ができないことになるなら、最も被害を受けているミズーリ州の第一地区にあるコミュニティーのようなものです。第117回の下院は私たちには黒人の命を守る立法を行う義務があることを理解しなければなりません。この過程の第一ステップは白人至上主義者の最高司令官を弾劾することから開始して白人至上主義を根絶することです。」と発言した。

彼女はこの発言の動画を、自分のツイッターに誇らしく載せている。

さて、この発言はツイッター社には何の問題もない発言として扱われているようで、何のお咎めもない状態だ。

彼らのダブルスタンダードぶりがまた発揮された。

なお、彼女のツイッターはこのブログの下の方に貼ってあるので、動画も当然見ることができる。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.thegatewaypundit.comの記事
https://www.thegatewaypundit.com/2021/01/evil-democrats-changed-house-rules-smear-president-trump-repeatedly-impeachment-sham-racist-white-supremacist-chief/
Cori Bush議員の画像
https://i.ytimg.com/vi/rouHokKy1-Q/maxresdefault.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  4. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 人権・民主主義

    殺害した警官は逮捕されたのか? 議事堂襲撃の謎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!実は…

  2. 人権・民主主義

    フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!プロ…

  3. 安全保障

    さらに危険性を増した香港国家安全法! 令状なし捜査も可能に! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国家…

  4. 道理

    NHKの受信料、テレビなし世帯の負担も検討! 総務省!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!NH…

  5. 人権・民主主義

    皮肉! 習近平の父親はウイグルに寛容だった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします習近平…

  6. 人権・民主主義

    香港の地下鉄を破壊しているのは、香港警察か? 動画あり!(朝香 豊)

    香港でよく発生する「黒衣暴徒」による地下鉄破壊活動においては、…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    着実に進む中国のバブル崩壊! 「四川信託」破綻が示すもの!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    強力な対北朝鮮制裁「ワームビア法」がアメリカで成立へ!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ウクライナ疑惑で新しい動き! バイデンを潰せるか?(朝香 豊)
  4. 中国

    新型肺炎で中国との境界封鎖要求高まる! 香港!(朝香 豊)
  5. 外交

    グレタさんを支える環境団体のバックに中国政府?(朝香 豊)
PAGE TOP