安全保障

フィリピンで中国軍兵士が潜伏か? 調査へ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

フィリピン国防省は、中国の人民解放軍の兵士がフィリピンに潜入している疑いがあるとして、調査している。

フィリピンでは約20万人の中国人が働いているとされ、その中にはゲーミング事業やオンラインカジノに従事している人も多いようだ。

フィリピン政府は以前はゲーミング事業に従事する人たち向けに特別労働ビザを発給していたが、ゲーミング事業の関与が疑われる誘拐、人身売買、売春などの違法行為が目立つため、最近は規制傾向にある。

このゲーミング事業で働く中国から来た労働者2人が、殺人を犯したとして警察に拘束されたが、取り調べの中でこの2人が、中国人民解放軍の所属であることがわかった。

この事件とは別に、ゲーミング事業に関わる労働者が射撃場を建設し、怪しい動きをしているとして、ゴードン上院議員のところにタレコミがあった。

それで不安を抱える住民たちのために、ゴードン上院議員はフィリピンの国防省に実態調査を求めたというわけだ。

場合によっては数千人にも及ぶ中国人民解放軍の兵士がフィリピンに潜入している可能性もあるかもしれないという。

フィリピンの安全保障問題を伝えるNGOの「フィリピン防衛フォーラム」は、ゲーミング事業に関わる約2万人の中国人労働者を抱える地区が、軍司令部、海軍基地、空軍基地から約3キロしか離れていないことを問題視している。

スパイ目的で潜入している可能性は大いにあるし、テロ攻撃を仕掛ける場合にも、こうした軍施設が射程に入りやすいのではないかというわけだ。

ところで、こうした中国の人民解放軍の兵士が潜入している可能性があるのは、フィリピンだけのことだろうか。

日本国内にも潜入している可能性はないのか。

そうした調査は十分に進められているのか。

フィリピン以上に我が国のことが心配である。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/52602.html
画像は同記事から
https://img.epochtimes.jp/i/2020/03/06/t_pl3qmd8vrhagjmxwr5hv.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  2. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  3. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 中国

    中国全土からの邦人の帰国を検討しよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  2. 中国

    中国発の原因不明の肺炎! 香港・マカオ・台湾・韓国にも拡大!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    対中経済安保の強化策を連発! 菅政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅政…

  4. 安全保障

    米豪はレアアースの安定調達の計画を発表へ! (朝香 豊)

    現在中国が世界生産量の80%を占めているレアアースの安定調達の…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    発覚し始めた不正の数々! アメリカ大統領選挙!(朝香 豊)
  2. 未分類

    英ブレグジット党が保守党と事実上の選挙協力! 労働党には壊滅的打撃か?(朝香 豊…
  3. 安全保障

    文在寅大統領は「安定・終息」判断していた! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    米下院がルール変更! トランプ大統領には差別発言を容認!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    拉致被害者だけではない! 北朝鮮「帰国事業」の被害者も取り返せ!(朝香 豊)
PAGE TOP