安全保障

フィリピンで中国軍兵士が潜伏か? 調査へ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

フィリピン国防省は、中国の人民解放軍の兵士がフィリピンに潜入している疑いがあるとして、調査している。

フィリピンでは約20万人の中国人が働いているとされ、その中にはゲーミング事業やオンラインカジノに従事している人も多いようだ。

フィリピン政府は以前はゲーミング事業に従事する人たち向けに特別労働ビザを発給していたが、ゲーミング事業の関与が疑われる誘拐、人身売買、売春などの違法行為が目立つため、最近は規制傾向にある。

このゲーミング事業で働く中国から来た労働者2人が、殺人を犯したとして警察に拘束されたが、取り調べの中でこの2人が、中国人民解放軍の所属であることがわかった。

この事件とは別に、ゲーミング事業に関わる労働者が射撃場を建設し、怪しい動きをしているとして、ゴードン上院議員のところにタレコミがあった。

それで不安を抱える住民たちのために、ゴードン上院議員はフィリピンの国防省に実態調査を求めたというわけだ。

場合によっては数千人にも及ぶ中国人民解放軍の兵士がフィリピンに潜入している可能性もあるかもしれないという。

フィリピンの安全保障問題を伝えるNGOの「フィリピン防衛フォーラム」は、ゲーミング事業に関わる約2万人の中国人労働者を抱える地区が、軍司令部、海軍基地、空軍基地から約3キロしか離れていないことを問題視している。

スパイ目的で潜入している可能性は大いにあるし、テロ攻撃を仕掛ける場合にも、こうした軍施設が射程に入りやすいのではないかというわけだ。

ところで、こうした中国の人民解放軍の兵士が潜入している可能性があるのは、フィリピンだけのことだろうか。

日本国内にも潜入している可能性はないのか。

そうした調査は十分に進められているのか。

フィリピン以上に我が国のことが心配である。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/52602.html
画像は同記事から
https://img.epochtimes.jp/i/2020/03/06/t_pl3qmd8vrhagjmxwr5hv.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  2. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  3. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  4. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    ドコモ口座を愉快犯レベルで捉えるな! 国家が背景である可能性も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)

    中国が次々世代通信技術「6G」技術の研究開発を正式に開始した。…

  3. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?

    トランプ大統領は、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)…

  4. 安全保障

    フランクフルトのCIAのサーバを巡って銃撃戦! 6人が死亡!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!マキ…

  5. 安全保障

    トランプ政権は中共解体計画策定! スティーブ・バノン氏!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    TikTokとオラクルとの提携案をトランプ政権は拒絶! 原則を貫くトランプ!(朝…
  2. 外交

    コロナ騒動の中でも、ベネズエラに揺さぶりをかけるアメリカ! (朝香 豊)
  3. 経済

    ビジネスマンは意外と脱中国化に賛成している! 日経新聞のアンケート結果!(朝香 …
  4. 外交

    トランプ大統領、対中融和姿勢から一転強硬姿勢へ! (朝香 豊)
  5. 経済

    EU商工会議所も中国批判へ!  (朝香 豊)
PAGE TOP