安全保障

トルコ、難民入れるとEU脅す! ヨーロッパ危機!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

トルコ政府はギリシャとの国境を開放して、トルコ領内にいる難民を欧州に流入させると発表した。

2015年にも大量の難民がヨーロッパに渡って大混乱を起こしたが、その時の難民の数は年間で130万人程度と推計されている。

現在トルコ領内にいる難民は400万人以上と言われ、この大群がヨーロッパに流入することになれば、ヨーロッパの混乱は並大抵のことでは済まなくなる。

2016年に、トルコは60億ユーロ(約7200億円)をEUから受け取る代わりに、ヨーロッパに向かおうとする難民をトルコ領内でとどめておくことで合意した。

しかし、その後に難民がどんどんと増え続けていることもあり、トルコのエルドアン大統領は、さらなる譲歩をEU側に対して求めてきた。

これに対してEUは追加で10億ユーロ(約1200億円)を支払うという提案をしたが、それは難民の増加速度に全く追いつくものではないとして、トルコ側は拒否したわけだ。

話を複雑にするのは、トルコ領内にいる難民の大半がシリア難民だということだ。

トルコがシリアの反政府勢力を支援しており、両国の国境地帯に位置するシリアのイドリブ県で激しい戦闘が生じてきた。

つまり、この意味では、難民はトルコが自ら招いていると言っても過言ではない。

しかもヨーロッパを弱体化させるために、意図的にやっているのではないかと勘ぐりたくなるふしもある。

それはともかくとして、こうした結果として難民が増えているから、トルコからもっと金を出せと言われても、EUの側も承服しがたいところがあるのは当然だろう。

だからといって、トルコ側を非難すれば、トルコが納得するわけはない。

トルコは一方的にEUを脅せる立場にいるわけだ。

現実には、国境が完全に開いてしまえば、大量の難民がギリシャ領内に突入するのは避けられない。

そしてトルコ側は現実に国境の検問所を開け、ギリシャ側が催涙ガスを発射するなどして、難民の流入を食い止める段階に入った。

「難民がかわいそう」「彼らにも人権がある」という薄っぺらい人道主義だけでこの問題を捉えていると、国家体制が揺らいでいくことになる。

目的地を求めて動いていく難民たちが、途中で新型コロナウイルスに感染しながら、ヨーロッパ全土に感染を撒き散らしていく「触媒」の働きをする可能性も大いにありうる。

こういう観点で見ると、ヨーロッパは最大級の危機に今陥っているとはいえないだろうか。

これを扱ったBBCの動画を下の方に貼り付けておいたので、よかったら見てもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200306/k10012316911000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_014
画像は同記事から
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200306/K10012316911_2003061216_2003061221_01_03.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  3. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    蔡英文総統、「台湾はすでに独立国家」の強気発言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 人権・民主主義

    中国系テレビメディアの偏向報道をイギリスが調査へ! (朝香 豊)

    英国情報通信庁は、近年英国に進出した中国の官制テレビメディアの…

  3. 安全保障

    文政権の説明破綻! 問題の咸朴島の帰属を巡って (朝香 豊)

    仁川空港から西にわずか45キロしか行っていないところに咸朴島と…

  4. 安全保障

    新型ウイルスは人に大いに感染しやすい構造!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 安全保障

    コロナは急激に弱毒化しているのでは? CDC統計から考える!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    マネロン疑惑でアメリカがドイツ銀行への調査拡大!(朝香 豊)
  2. 道理

    衝撃的な噂は本当なのか? 疑う必要は大!(朝香 豊)
  3. 未分類

    アフリカでも中国離反の動きが! 追い詰められる中国!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国のオーストラリア攻撃が激化! (朝香 豊)
  5. 中国

    香港市民に英市民権与える動きに中国が報復を宣言! 天滅中共への道!(朝香 豊)
PAGE TOP