道理

ワシントン像もジェファーソン像も引き倒される! BLM運動の異常性!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「黒人の命は大切」(Black Lives Matter)運動は、どんどんとおかしな方向に動いている。

シアトルでは警察が入れない無法地帯が作られ、「自治」の名のもとに、地域住民からみかじめ料を徴収するようなことまで行われている。

ミネアポリスでは、既存の警察を解体する動きが進んでいる。

アトランタでは、警察に従わずに逃亡を試みた黒人犯に、銃を放った警官が懲戒免職になっただけでなく、死刑にもなりかねない罪で告発された。

アメリカに西洋人として初めて足を踏み入れたコロンブス、初代のアメリカ大統領のワシントン、独立宣言の起草で中心的な役割を果たしたジェファーソンの像までが、引き倒され、落書きをされ、踏みつけられている。

像の頭部に星条旗を巻きつけて火を点けるような真似まで行われた。

彼らは、アメリカの歴史・伝統・誇りを傷つけることを行いながら、恬として恥じない。

このことが多くの人たちの心を傷つけているであろうことに、気付こうともしない。

確かにワシントンもジェファーソンも多くの奴隷を所有してプランテーション経営を行っていた。

それは名家に生まれた彼らの、ある意味必然でもあったことも理解すべきだと思う。

奴隷所有者だったから絶対悪だというのは、あまりに理解が一面的すぎる。

そもそも2人とも、奴隷制度に何の疑問も持っていなかったわけではない。

ワシントンは奴隷の家族をバラバラにして売ることに抵抗を感じ、奴隷の同意なしには売り渡しをすることをやめたことでも知られる。

そうしたことで、売り渡せない奴隷が高齢化しても数多く抱えることになり、それが経済的に割に合わないという理由からであったようだが、奴隷をすべて手放したいとの思いも持っていた。

ジェファーソンも奴隷制度には否定的な考えを持っていた。

彼が起草したもともとの独立宣言の案には、奴隷貿易を批判する文章も入っていたのだ。

奴隷貿易という人倫にもとる行為を行うことで利益を上げているイギリス王室を批判していた。

だが、アメリカの植民地代表が集まった大陸会議では、奴隷制のおかげで多くの利益を得ている代表も多く、奴隷制への非難を独立宣言文に入れることへの抵抗が激しかった。

結局大陸会議はこうした文面を削除したため、私たちが知っている独立宣言にはこうした文は入っていないだけである。

法律家としてジェファーソンは、黒人の弁護活動も数多く行ったことで知られるし、奴隷輸入禁止法の制定のために奔走して、成立させている。

ジェファーソンは奴隷を解放することが国家の責務であると考えながらも、自身の莫大な債務の担保に奴隷を充てていたことで、彼自身が奴隷を手放すことができなかったとも言われている。

このように、彼らが奴隷制度に対して何らの疑問を感じていなかったというのは事実ではない。

だが、仮に彼らが何らの疑問を感じていなかったとしても、彼らのアメリカの建国における貢献を否定することはできないであろう。

「黒人の命は大切」という運動が、黒人も白人も関係なく、すべての人間の人格を大切にしようというものであるなら、こうした人たちの像を引き倒して、落書きなどで貶めるような真似は絶対にしないであろう。

こうした蛮行に、サイレントマジョリティーが大いに心を痛めているのは、間違いないだろう。

ブログの下の方に、引き倒されたワシントン像を映したYouTubeの動画が貼り付けてあるので、ぜひご覧頂きたい。

 
 
もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

引き倒されたワシントン像のYouTubeの動画

ネタ元のCBSニュースの記事
https://www.cbsnews.com/news/protesters-portland-oregon-topple-george-washington-statue/
画像はKoin.comから
https://www.koin.com/news/protests/portland-protests-black-lives-matter-blm-george-floyd-police-reform-racial-justice-demonstration-rally-march-day-21/
https://www.koin.com/wp-content/uploads/sites/10/2020/06/portland-protests-day-21-06182020-22.jpg?w=690&h=385&crop=1&resize=1280,720

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  2. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 安全保障

    ハンター・バイデンは習近平とも関係していた! 中国への投資案件で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  2. 人権・民主主義

    FacebookやTwitterの検閲が問題視に! アメリカ政界が動く!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!民主…

  3. 人権・民主主義

    死んだネコに選挙権? 郵便投票は不正の温床! トランプ正しい!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 道理

    中国の武漢で原因不明の肺炎! 27人発症確認!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. Featured Video Play Icon

    道理

    チョ・ググ氏の法相就任に障害はないと、韓国政府関係者が表明!

    これで韓国民の理解は本当に得られるのか❓青瓦台関係…

  6. 安全保障

    国内のアウトブレイク対策に移行せよ! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ダイ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    感染急拡大でパリ全域でマスクを義務化! だが死者はかつての1/100!(朝香 豊…
  2. 人権・民主主義

    統計学から指摘される不正選挙の証拠! ベンフォードの法則!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    ハンターは立派な男だ! ジョー・バイデンは開き直る!(朝香 豊)
  4. 経済

    米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    台湾のマスク管理を学べ! (朝香 豊)
PAGE TOP