道理

コロナ陰謀説には広告を載せない! Googleの言論弾圧!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

Googleの広告を載せたいと思っているウェブサイトやアプリが、コロナ感染が広がる中で科学的な合意に反する「危険なコンテンツ」を載せている場合には、Googleは広告を載せない方針を示した。

一例として、新型コロナウイルスが中国の研究所で生物兵器として作られたというような陰謀論には広告料は払わないと、Googleは述べている。

Googleは同様の陰謀論を促進するような宣伝もまた、広告として引き受けない姿勢も示した。

さて、中国による陰謀だったことが最終的に判明したら、Googleはどういう対応を行うつもりなのだろうか。

「この水さえ飲めば万病に効く」みたいなものに広告をつけないのは理解はできるが、政治的な立場によってはその可能性は排除できないと思われているものについて、広告を付けないという方針には、リベラルのおごりを感じる。

陰謀論を断定的に論じることには慎重であるべきではあるとは思うが、語ること自体を悪とすることにも慎重であるべきだろう。

こうなったら、中国による陰謀が論証されて、Googleのメンツが丸つぶれになることを願う。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/us-health-coronavirus-advertising/google-bans-ads-on-coronavirus-conspiracy-theory-content-idINKCN24I27N
BBCからの引用画像(CONSPIRACY)
https://ichef.bbci.co.uk/images/ic/1024×576/p08ktgnr.jpg
Googleからの引用画像(新型コロナウイルス)
https://s4.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20200615&t=2&i=1522275734&r=LYNXMPEG5E0ZU&w=1280
ロイターからの引用画像(Google)
https://s4.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20200717&t=2&i=1526181027&w=&fh=545px&fw=&ll=&pl=&sq=&r=LYNXNPEG6G1IV

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  3. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  4. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 中国

    中国体制内部でも、習近平おろしが顕在化! 4月で失脚か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    米中の軍事的緊張は急激に高まっている! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2月…

  3. 安全保障

    英空母を南シナ海派遣へ! 極東常駐案も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  4. 道理

    男系継承の重みを踏まえる! 菅総理明言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅義…

  5. 安全保障

    習近平総書記は韓国訪問へ! 世界の流れに逆行する韓国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自由…

  6. 中国

    中国、武漢をようやく封鎖! 春節前にギリギリ間に合った!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    竹島はサンフランシスコ条約で韓国領! 噴飯ものの主張が韓国で登場!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    日本で人工呼吸器の増産が進まない理由がわかった! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国共産党を国際犯罪組織に指定せよ! 米議会に法案提出!(朝香 豊)
  4. 経済

    韓国経済にデフレの波! 文政権ピンチ!(朝香 豊)
  5. Huawei のロゴ

    安全保障

    アメリカがファーウェイなどの排除を、小規模民間通信会社にまで拡充へ! (朝香 豊…
PAGE TOP