道理

コロナ陰謀説には広告を載せない! Googleの言論弾圧!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

Googleの広告を載せたいと思っているウェブサイトやアプリが、コロナ感染が広がる中で科学的な合意に反する「危険なコンテンツ」を載せている場合には、Googleは広告を載せない方針を示した。

一例として、新型コロナウイルスが中国の研究所で生物兵器として作られたというような陰謀論には広告料は払わないと、Googleは述べている。

Googleは同様の陰謀論を促進するような宣伝もまた、広告として引き受けない姿勢も示した。

さて、中国による陰謀だったことが最終的に判明したら、Googleはどういう対応を行うつもりなのだろうか。

「この水さえ飲めば万病に効く」みたいなものに広告をつけないのは理解はできるが、政治的な立場によってはその可能性は排除できないと思われているものについて、広告を付けないという方針には、リベラルのおごりを感じる。

陰謀論を断定的に論じることには慎重であるべきではあるとは思うが、語ること自体を悪とすることにも慎重であるべきだろう。

こうなったら、中国による陰謀が論証されて、Googleのメンツが丸つぶれになることを願う。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/us-health-coronavirus-advertising/google-bans-ads-on-coronavirus-conspiracy-theory-content-idINKCN24I27N
BBCからの引用画像(CONSPIRACY)
https://ichef.bbci.co.uk/images/ic/1024×576/p08ktgnr.jpg
Googleからの引用画像(新型コロナウイルス)
https://s4.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20200615&t=2&i=1522275734&r=LYNXMPEG5E0ZU&w=1280
ロイターからの引用画像(Google)
https://s4.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20200717&t=2&i=1526181027&w=&fh=545px&fw=&ll=&pl=&sq=&r=LYNXNPEG6G1IV

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  2. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 中国

    中国で末端の行政単位に行政執法権付与の愚策! 追い詰められた中国共産党!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  2. 人権・民主主義

    トランプ弾劾へ! 広がる魔女裁判!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  3. 安全保障

    FBIが捜査するスパイ案件の半数は中国! 中国は最大級の脅威! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 人権・民主主義

    「価値観の多様化」の矛盾! 特定の価値観の排除!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 道理

    日韓首脳対話は、韓国が周到な準備の上での不意打ち! 撮影も無断だった!(朝香 豊)

    韓国大統領府が公表した、安倍総理と文在寅大統領の面談の写真は、…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    台湾で訪台する中国人のための文書偽造が問題に! 日本は大丈夫なのか?(朝香 豊)…
  2. 安全保障

    クルーズ船の感染は日本の不手際ではない! 日本政府は世界に訴えよ!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ロシアも武漢からの国民の退避を中国政府と相談! 日本はまだ?(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    WHO内にも台湾を肯定的に高く評価する声が登場! 変わる力関係!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    金与正氏が韓国に悪罵! 文政権はまたも従北対応!(朝香 豊)
PAGE TOP