安全保障

明らかになるドミニオンのデタラメさ! 選挙法に違反!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ミシガン州の裁判所の決定で12月14日にドミニオンの調査報告書の中身が明らかになった。

連邦選挙委員会のガイドラインでは、25万投票につき1件以下のミスまでしか許されないが、アントリム郡の場合にはエラー率は68.05%に達しており、当然ながらこのガイドラインに違反している。

また、ドミニオンを利用すると、凄まじい数の人為的な「裁定」を必要とすることも明らかになった。この「裁定」によって、外部から知られることなく、意のままに投票結果を動かすことができる。これはドミニオンの投票集計機を意図的に利用できることを意味し、透明性の観点からも問題である。

さらに、今回の2020年の選挙においては、この「裁定」としてどのようなことを行ったかの過去ログが消えていることも発覚した。これは以前の選挙ではありえなかった話である。こうした過去ログの消失は正しく選挙が行われたかどうかを調査したいと思ってもできないようになっているので、州の選挙法にも違反している。

さらに、11月4日の午後11時3分以前のセキュリティー関連の過去ログも消えていることがわかった。つまり、投票が締め切られてから丸一日以上にわたる、開票にとって最も大切な時間の間に、外部からどんな干渉を受けていたのかわからないようになっているわけだ。

驚くべきことに、ドミニオンが2つの異なったシステムを使い分けていることも明らかになった。この詳細部分はわからないが、単純なソフトウェアのアップデートではどうやらないようだ。

最初の純粋な投票結果を10月23日に組み込まれたシステムによって一旦改変され、それがさらに11月5日に組み込まれたシステムによって再度改変されているということのようだ。これは元々予定していたレベルの不正ではあまりにトランプ大統領が強いので対応できなくなり、新バージョンでさらなる改変を行ったということなのだろう。

選挙途中でのシステム変更は州の裁判法に違反するだけでなく、68.05%というとんでもない不正カウントが、ヒューマンエラーなどによってもたらされたものではないことをはっきりと示している。

やとんでもないシステムであったことが明白になったといえよう。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

headlines360の記事
https://headlines360.news/2020/12/17/dominion-machines-intentionally-and-purposefully-designed-with-inherent-errors-report/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国本土の大学生の中でも、香港にエールを送る学生が多数登場!(朝香 豊)

    中国国外にも中国語のインターネット掲示板が存在するが、その中の…

  2. 安全保障

    暗号機製造メーカーを米独情報機関が秘密裏に運営 ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!外交…

  3. 安全保障

    最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!安倍…

  4. 道理

    トランプ再選の切り札は封印か? トランプ大統領は怒り心頭!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  5. 経済

    今度はワインを標的! 進む中国のオーストラリアいじめ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    出生率が0.92まで低下! 大丈夫か、韓国!(朝香 豊)
  2. 外交

    機密情報持ち出しで、ロシアスパイの書類送検の方針を、ロシアはけん制!(朝香 豊)…
  3. 人権・民主主義

    ジョージア州で発覚した異常開票状況! それでも主流派メディアは言い逃れに必死!(…
  4. 人権・民主主義

    韓国の親北団体、「ハリス大使斬首コンテスト」を予告! 米大使館の前で!(朝香 豊…
  5. 中国

    新型コロナウイルスはどう広がったのか! 大胆推理!(朝香 豊)
PAGE TOP