安全保障

明らかになるドミニオンのデタラメさ! 選挙法に違反!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ミシガン州の裁判所の決定で12月14日にドミニオンの調査報告書の中身が明らかになった。

連邦選挙委員会のガイドラインでは、25万投票につき1件以下のミスまでしか許されないが、アントリム郡の場合にはエラー率は68.05%に達しており、当然ながらこのガイドラインに違反している。

また、ドミニオンを利用すると、凄まじい数の人為的な「裁定」を必要とすることも明らかになった。この「裁定」によって、外部から知られることなく、意のままに投票結果を動かすことができる。これはドミニオンの投票集計機を意図的に利用できることを意味し、透明性の観点からも問題である。

さらに、今回の2020年の選挙においては、この「裁定」としてどのようなことを行ったかの過去ログが消えていることも発覚した。これは以前の選挙ではありえなかった話である。こうした過去ログの消失は正しく選挙が行われたかどうかを調査したいと思ってもできないようになっているので、州の選挙法にも違反している。

さらに、11月4日の午後11時3分以前のセキュリティー関連の過去ログも消えていることがわかった。つまり、投票が締め切られてから丸一日以上にわたる、開票にとって最も大切な時間の間に、外部からどんな干渉を受けていたのかわからないようになっているわけだ。

驚くべきことに、ドミニオンが2つの異なったシステムを使い分けていることも明らかになった。この詳細部分はわからないが、単純なソフトウェアのアップデートではどうやらないようだ。

最初の純粋な投票結果を10月23日に組み込まれたシステムによって一旦改変され、それがさらに11月5日に組み込まれたシステムによって再度改変されているということのようだ。これは元々予定していたレベルの不正ではあまりにトランプ大統領が強いので対応できなくなり、新バージョンでさらなる改変を行ったということなのだろう。

選挙途中でのシステム変更は州の裁判法に違反するだけでなく、68.05%というとんでもない不正カウントが、ヒューマンエラーなどによってもたらされたものではないことをはっきりと示している。

やとんでもないシステムであったことが明白になったといえよう。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

headlines360の記事
https://headlines360.news/2020/12/17/dominion-machines-intentionally-and-purposefully-designed-with-inherent-errors-report/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    韓国で反文在寅派が大規模集会 法相辞任を要求! (朝香 豊)

    韓国で反文在寅系の約20の保守派団体が大規模集会を開き、チェ・…

  2. 人権・民主主義

    チョ・グク氏逮捕濃厚に! 文政権に打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  3. 安全保障

    中国各地で封鎖処置が強化!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  4. 安全保障

    日豪防衛協力が進化! 准同盟化へ前進!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  5. 道理

    韓国検察の反撃! チョグク法相の弟の逮捕状請求!(朝香 豊)

    ソウル中央地検はチョ・グク法相の家族が運営してきた学校法人を巡…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    やはり毒は盛られていた! ロシア反体制指導者ナワリヌイ氏!(朝香 豊)
  2. 道理

    韓国で体に密着する商品から相次いで高放射能が検出され、回収騒ぎになる! (朝香 …
  3. 未分類

    落胆の人事! 岸田新体制!(朝香 豊)
  4. 外交

    韓国 オリンピックなどすべての国際行事で、旭日旗の持ち込みを禁止する国会決議!(…
  5. 安全保障

    歓迎! 日本政府がついに韓国との世論戦に参入方針を示す! (朝香 豊)
PAGE TOP