人権・民主主義

韓国銀行のまとめた報告書が執筆者に無断で改竄された!(朝香 豊)

韓国の中央銀行である韓国銀行は昨年、最低賃金の影響に関する報告書をまとめて発表した。

この報告書はソウル市立大のソン・ホンジェ教授と韓国銀行のイム・ヒョンジュン研究委員が共同執筆したものだが、ソン・ホンジェ教授が知らないうちに報告書が書き直されていることが判明した。

しかも文在寅政権の政策に厳しく批判的だったはずのものが、批判色が極めて薄いものに変わっていたのである。

もとの報告書には、「最低賃金引き上げの副作用を最小化するため、引き上げペースを調節する必要がある」、「最低賃金引き上げに伴う労働所得減少現象が労働時間の週52時間上限制と重なり、さらに深刻化しかねない」のような記述があり、現在文在寅政権によって進められている最低賃金の引き上げ政策に対して強い否定的なトーンによってまとめられていた。

上記のような表現が削られた一方で、「勤労者の勤労所得減少効果は懸念すべき水準とは認められない」、「最低賃金の適用を受ける勤労者の勤労時間縮小とそれによる所得減少効果は懸念すべき水準とは認められない」、「最低賃金の影響を受ける人の比率が1ポイント上昇すると、正社員と非正社員の月平均給与の格差が5000ウォン(約448円)拡大するとみられるが、正社員か否かによる月平均給与の格差が平均159万ウォンである点を考慮すれば、大幅に拡大するとは言いにくい」といった、否定色を打ち消す内容が書き加えられていた。

文在寅政権のもとで、政府の政策への批判が学術の世界でも制限されてきていることが浮き彫りになった。

こういう左翼の手口には、我々は十分に気をつけておかないといけない。

ソースとなった朝鮮日報の記事http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/08/2019100880010.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    文政権は北朝鮮の人権状況を考えよ! 国際人権団体が公開書簡発表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アム…

  2. 人権・民主主義

    中国、インターネット管理をさらに強化! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 人権・民主主義

    香港の地下鉄を破壊しているのは、香港警察か? 動画あり!(朝香 豊)

    香港でよく発生する「黒衣暴徒」による地下鉄破壊活動においては、…

  4. 人権・民主主義

    ウイグルの収容所の様子を、BBCがまた放送!(朝香 豊)

    最近、中国の人権問題に厳しい報道を続けるBBCが、国際調査報道…

  5. 人権・民主主義

    不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    削除不可能なマルウェアが見つかる! 中国製アンドロイドスマホ!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港警察の暴力に反対する声明、3700人の著名学者らが署名! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    米共和党のマコーネル議員、香港市民を支持する声明をトランプ大統領に求める!(朝香…
  4. 安全保障

    WHOが全員検査を勧告! やはり背景には中国か?(朝香 豊)
  5. 安全保障

    コロナ調査要求に対して、中国が豪州を恫喝! 豪州ははねのける! (朝香 豊)
PAGE TOP