未分類

中国、ロシア、北朝鮮を味方につけて沖縄独立を! 愚かすぎる琉球新報の主張!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ロシアのウクライナ全面侵略を受けて、3年前の琉球新報の2019年3月31日の記事に改めて注目したい。

この記事は、普天間基地の負担軽減のために辺野古にV字型の滑走路を作るという政府方針を改めないなら、沖縄は独立を志向した方がいいかもしれないが、そのために「沖縄が味方に付けるべき相手は中国、ロシア、北朝鮮のうちの1国。または3国全て」という内容のものだ。

こうした国の力を借りてしまえば、こうした国に乗っ取られるのは明らかだが、琉球新報は「幸い沖縄には、大国の間隙を縫って独立を保った奇跡のミニ国家、琉球王国の伝統とノウハウがある。それを生かせば道が開ける」との空想論を展開している。

その上で「独立沖縄は民主主義体制の、貧しくても「明るい沖縄共和国」であるべき」だと主張しているが、中国、ロシア、北朝鮮の強い影響力を受けて、その独裁体制から独立できると考えているのが狂っているとしか言えないだろう。

プーチンは明白な独立国であるウクライナに対してさえ「宗主国」意識を全開させて、ロシアへの完全従属を求めて強烈な軍事行動を行っている。これがこうした強権国家の現実である。

ロシアの後ろ盾で「沖縄共和国」が誕生したとしても、その沖縄はロシアの強権支配に甘んじなければならなくなるのはあまりにも明白である。

はっきり言っておくが、習近平の率いる中国はプーチン率いるロシアよりも圧倒的に恐ろしい体制だ。軍事力も経済力も段違いに大きく、国内の言論統制についてもロシアとは比較にならないくらいに強い。

さらに言えば、中国は沖縄に対する領土的野心を隠していない。広東省には「中華民族琉球特別自治区準備委員会」という政治団体も作られている。この団体は日本からの琉球独立を支持しているだけでなく、沖縄列島がそもそも中国の領土であることまで主張している。その代表である趙東氏は「琉球は中華民族のなわばりであり、そこの住む人の意見は関係ない」との見解を表明している。

仮に彼らに後ろ盾になってもらって沖縄独立を果たした場合には、現実には沖縄が中国に支配されること、ウイグルやチベットと変わらない状態にさせられることを理解すべきだろう。「民主主義体制の明るい沖縄共和国」などには絶対にならない。

現在の沖縄のあり方に不満があるのだろうが、その不満をこうして思い切って発言しながら逮捕などされずにいられることのありがたみも感じてみてはどうだろうか。中国が支配する状況になれば、中国に逆らう言論などもともと存在しえないのだ。自分たちがいかに恵まれた立場にあるか、よく考えてみたほうがいい。

そもそも中国を後ろ盾にした場合には、中国を沖縄に招き入れる尖兵の役割を果たし、沖縄を軍事衝突の場に変える可能性を自ら作り出していることに気づくべきではないか。沖縄独立論を主張するだけであればまだわかるが、中国、ロシア、北朝鮮の支援を入れようとすることの巨大なリスクを全く考えていないというのは、救いようがない。

こうした主張を展開することは、ウクライナ以上に危険な状態に沖縄を追いやることになることについて、沖縄の左派陣営もまじめに考えたらどうだろうか。

どうせ何を言ったところで大丈夫だとたかをくくっているのだろうが、中国の介入を呼び込むような火遊びをしている場合でないことを、ロシアのウクライナ侵略は如実に示してくれてはいないだろうか。
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

沖縄独立運動や憲法9条改正反対運動に中国共産党の工作あり! 仏国防省傘下の研究機関が報告書まとめる!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6884

尖閣周辺で活発化する中国の動き! パワーバランスが崩れてきた!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/4433

琉球新報の記事
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-896730.html
琉球独立の画像
https://www.ntt-i.net/kariyushi/syuri-enzetsu.jpeg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  5. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…

関連記事

  1. 未分類

    落胆の人事! 岸田新体制!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自民…

  2. 未分類

    ごまかしに徹する北海道新聞! 記者の逮捕に関する「調査報告」で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!旭川…

  3. 未分類

    高市早苗氏の当選の流れが見えてきた! 自民党総裁選挙!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自民…

  4. 未分類

    金正恩は本当に脳死か? それとも回復過程か? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!朝鮮…

  5. 未分類

    イタリアから大統領選に介入した? イタリア連邦裁判所で証言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!情報…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    体内から致死量のフェンタニルが検出されていた! ジョージ・フロイド!(朝香 豊)…
  2. 人権・民主主義

    民主党の選挙不正には長年の歴史がある! 重大な内部告発!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    カナダ人9割が中国は信頼できないと回答! 世論調査!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    楽天が中国テンセントから出資受け入れ! 容認した日本政府への落胆!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    ありえない、検察庁法改正案の見送り! リベラル派の大陰謀!(朝香 豊)
PAGE TOP