安全保障

中国を甘く見ていた時代は終わった! オブライエン米大統領補佐官!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのロバート・オブライエン国家安全保障問題担当大統領補佐官は、中国共産党に対するアメリカの立ち位置を完全に変更する重大な発言を行った。

彼の発言の概要は以下の通りだ。

—————
2001年に中国をWTOに招き入れた時には、広範囲な譲歩を行い、貿易上の特権を様々に中国に認めてやった。

中国の目に余る人権侵害を小さく扱い、アメリカ経済を骨抜きにする技術剽窃にも目をつぶった。

中国が豊かになり力をつけてくれば、国民の中から高まる民主主義を求める欲求に沿って中国共産党は自由化を進めていくだろうと、我々は考えていた。

こうした考えは、アメリカ人の生来の楽観性に基づくものでもあるし、ソ連に勝利した経験から来るものでもあった。

だが残念ながら、これは極めて甘い考えでしかなかった。

中華人民共和国に関して、アメリカが深く関与しなくてもそのうち変わっていくだろうと楽観的に見ていた日々は過ぎ去った。

トランプ大統領の指導力のもとで、中国共産党の行動がもたらす脅威、中国共産党が我々の大切な生活を脅かしてくる脅威に、アメリカはついに目覚めたのだ。
—————

さて、5月末にトランプ大統領は、スパイ行為から香港の自由の破壊まであげつらいながら、中国政府を激しく攻撃した。

6月に入ってからは、ポンペオ国務長官がコペンハーゲン民主主義サミットで、自由を取るか暴政を取るかの二者択一だとして、中国の脅威にヨーロッパがともに立ち上がることを求めた。

そして今回、オブライエン大統領補佐官がこのような発言を行った。

今後もトランプ政権の高官によるこのような発言は続いていくであろう。

そのたびにこうした発言はマスコミに取り上げられ、アメリカのみならず世界中の人たちが繰り返し触れることになる。

トランプ政権はこうする中で、中国に対する悪印象を徹底的に植え付けていき、世界の流れを変えていこうとしている。

それは11月の大統領選挙を意識した選挙キャンペーンの意味合いもあるが、今後の世界の流れをどう作っていくのかの明白な意思でもある。

もはやトランプ政権が対中戦略で引くことはありえないだろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のThe Epoch Timesの記事
https://www.theepochtimes.com/us-officials-escalate-warnings-of-threat-posed-by-chinese-communist-party_3401764.html?ref=brief_News&__sta=vhg.uosvpxsfsqssfsmne%7CQYJ&__stm_medium=email&__stm_source=smartech
画像はWikimediaから
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/37/Robert_C._O%27Brien_%28attorney%29_addressing_the_UN_General_Assembly.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    「日本はアジアで最も対策がずさん」! 日本在住の台湾人女優! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  2. 中国

    WTOの判断延期に騙されるな! 新型コロナウィルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  3. 安全保障

    進むコロナの弱毒化! イタリアを代表する医師も言明!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    ファーウェイがフランスに工場建設か! どうせならエリクソンを誘致したら?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ファ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    「緊急事態宣言」法が成立! だが、中身は全く不十分! (朝香 豊)
  2. 道理

    ジェイコブ・ブレークは最低男だった! 明らかになる実態!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    テキサスで不正選挙で逮捕! 知的障害者を利用!(朝香 豊)
  4. 経済

    アルゼンチンがまたデフォルト! 新興国危機のラッシュか?(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
PAGE TOP