安全保障

新型コロナの起源についてアメリカで急展開 ! 動きつつある武漢ウイルス研究所起源説への流れ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

この記事は「デイリーWiLLオンライン」の方に完全な記事が掲載されているものの一部です。記事全体を読む場合には、「デイリーWiLLオンライン」の方でお願いします。

 新型コロナウイルスの起源について、アメリカでは急激に風向きが変わってきた。

 昨年、アメリカ大統領選挙が激戦と化していた頃に、新型コロナウイルスは中国の武漢ウイルス研究所と関わりがあるのではないかと指摘すると、たちまち「ファクトチェッカー」から根拠のない陰謀論であると指摘され、SNS上の投稿が強制的に削除されたり、アカウントの停止が相次いだことは、記憶に新しい。

 香港大学でコロナウイルスの研究を行っていて重大な事実に気がつき、これを公表するためアメリカに亡命した閻麗夢博士が、FOXニュースの番組で上記のような主張を行ったことについて、アメリカを代表するファクトチェッカーサイト「ポリティファクト」が「すでに虚偽であることが証明された陰謀論を主張した」と認定したことも忘れるべきではない。

 ところが最近になって、この点に関する雲行きが随分と変わってきた。

「ポリティファクト」のケイティ・サンダース副編集長がアメリカ国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長に「新型コロナウイルスの起源については、いまだにモヤモヤしたものが多くありますが、ウイルスが自然に進化したことに今なお自信をお持ちですか?」と尋ねたところ、ファウチ所長は「実はありません」と答えたのである…

以下については「デイリーWiLLオンライン」を御覧ください。

 「デイリーWiLLオンライン」の該当記事はこちら
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

web-willmagazine.comの記事
https://web-willmagazine.com/international/278iu
www.foxnews.comの記事
https://www.foxnews.com/politics/fauci-not-convinced-covid-19-developed-naturally
www.sundayguardianlive.comの記事
https://www.sundayguardianlive.com/news/significant-evidence-covid-originated-wuhan-lab
武漢ウイルス研究所の画像
https://www.arabnews.com/sites/default/files/styles/n_670_395/public/2020/05/24/2118431-206270035.jpg?itok=mJLHLR3c

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  3. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…

関連記事

  1. 安全保障

    ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  2. 安全保障

    親中派だったマレーシアのナジブ前首相 有罪判決への流れに!(朝香 豊)

    巨額の不正資金疑惑をめぐって職権乱用など42の罪に問われている…

  3. 中国

    中国政府はアメリカ政府の支援を拒否! 新型肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    感染者がいないブラジルが、国家非常事態宣言! 日本は何をしているのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!未だ…

  5. 安全保障

    多くの中国共産党が国連組織に浸透! 影響力の調査を米議員が要求! (朝香 豊)

    現在中国が国連の最大の資金提供國になっていて、それを背景に国際…

  6. 中国

    北京五輪で激化する中国と韓国の対立! 来月の韓国大統領選挙にも絶大な影響!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北京…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    韓国検察の中に文在寅に反旗を翻す動きが現れる!
  2. 安全保障

    ついにドイツが対アジア外交を転換! 中国と距離を取る方針へ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    米共和党は中国大使館前の通りの変更を提案! 李文亮プラザ!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    台湾の国家承認を各国に促す法案をアメリカが準備! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    「全体主義とは共産党」に反発する共産党の主張は破綻している!(朝香 豊)
PAGE TOP