人権・民主主義

フェイスブックが反中共姿勢を鮮明にする新聞の広告を拒絶! 共和党下院議員が問題視!(朝香 豊)

アメリカの共和党のジム・バンクス下院議員は、中国の人権蹂躙を調査報道している大紀元時報の広告をフェイスブックが外したのか、マーク・ザッカーバーグ氏に宛てた手紙の中で説明するように求めた。

バンクス議員らは中国共産党政権がいかにして米国内でプロパガンダを広げているかを調査している。

大紀元時報はフェイスブック社の広告指針に違反したとして、フェイスブックへの広告掲載を拒否されていた。

中国の迫害をやめさせようとしている大紀元時報の努力をフェイスブックが邪魔立てしようとしているのを、議会は傍観するわけにはいかない、アメリカと中国との世界的なソフトパワーを巡る競争において、フェイスブックは間接的に中国の側を味方してきたと、バンクス議員はザッカーバーグ氏に宛てた手紙の中で書いている。

大紀元時報は中国大陸内部に信じられないくらいに広大な情報源を持ち続け、西側のどの新聞よりも中国の情報を集めるのに適しているということも記しながら、バンクス議員はフェイスブックが中国からの脅迫を受けているかどうかも問題にしている。

ザッカーバーグ氏は対中政策の事実上の転換を表明したところでもあり、このバンクス議員の問いかけに対してどのように答えることになるのか、注目される。

これの元ネタとなるWashigton Free Beaconの記事https://freebeacon.com/national-security/lawmaker-probes-facebook-advertisement-ban-of-anti-china-news-site/

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    SNSの左翼偏向を許さない大統領令発令へ! トランプ大統領! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  2. 人権・民主主義

    ツイッターもフェイスブックも偏向していた! 上院公聴会で明らかに!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 人権・民主主義

    韓国検察が最後の意地を見せる! チョ・グク氏を在宅起訴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!昨年…

  4. 人権・民主主義

    機密文書公開で早速ヒラリーの犯罪が明らかに!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!20…

  5. 安全保障

    香港国家安全維持法が成立! 残念ながら香港は敗北!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    金与正氏が韓国に悪罵! 文政権はまたも従北対応!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国共産党もクライアント! バイデン一家のビジネス!(朝香 豊)
  3. 経済

    終わっている立憲民主党の経済政策! 民主党政権の悪夢から何も学んでいない!(朝香…
  4. 未分類

    EUなどと不必要な摩擦! 自滅に向かう中国!(朝香豊)
  5. 安全保障

    「新型コロナの流行は中国のせい」は濡れ衣だとし、アメリカを脅す! 中国外交部!(…
PAGE TOP