人権・民主主義

ブティジェッジも予備選で不正を使っていた! おぞましい米民主党の腐敗!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ロバート・エルドリッヂ博士によると、民主党が選挙で不正を行うのは前々から知られていることで、数え切れないほどだそうだ。

その一例として、エルドリッヂ博士はブティジェッジ前サウスベンド市長の話を挙げた。

ブティジェッジ氏は今年の民主党の大統領選挙候補として名乗りを上げ、序盤戦ではかなり善戦して一気に知名度を上げた。

よく知られているのが民主党のアイオワ州党員集会で、サンダース上院議員が26.1%の得票だったのに対して、ブティジェッジ氏が26.2%となり、わずかに0.1ポイント上回ってアイオワ州を制したという話だ。

エルドリッヂ博士はブティジェッジ陣営が集計アプリを作った「シャドウ」という会社に出資している上に、この会社の創業者の夫が同陣営の顧問だったことを指摘しつつ、多くの票がサンダース側からブティジェッジ側に流れていたことが後に判明したと書いている。

これが事実だとすると、民主党が腐っていたのは民主党中央だけではなく、地方組織も含めて相当な汚染が広がっていて、割と「当たり前」のようになっていたことが示唆される。

民主党の闇は深い。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

世界日報の記事
https://www.worldtimes.co.jp/world/usa/109541.html
static.reuters.comからの引用画像(ブティジェッジ氏)
https://static.reuters.com/resources/r/?m=02&d=20190604&t=2&i=1394057151&r=LYNXNPEF5300V&w=640
www.robertdeldridge.comからの引用画像(ロバート・エルドリッヂ博士)
https://www.robertdeldridge.com/wp-content/uploads/2017/08/IMG_9849.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    トランプの4年間はバイデンの50年間に勝る! 黒人活動家が共和党大会で演説!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!現在…

  2. 人権・民主主義

    無念! トランプ大統領が敗北を受け入れる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!連邦…

  3. 人権・民主主義

    ハンターのみならずジョー・バイデンも関与か? 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  4. 人権・民主主義

    デモ参加者が実弾発射と香港警察! ヤラセか? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  5. 安全保障

    中国で都市封鎖が拡大! 外出禁止も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 道理

    米企業開発の新型コロナ薬が「浙江省産」の「中華神薬」だって! ありえん!(朝香 …
  2. 未分類

    自民党が踏みとどまる! 立憲・共産は退潮!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    TikTokの過去の買収案件の見直しを、マルコ・ルビオ上院議員が呼びかけ!(朝香…
  4. 安全保障

    米政府、ファーウェイへの締め付け強化へ! 日本の政府・財界は、この動きを見逃すな…
  5. 安全保障

    沖縄タイムスが軍隊廃止のコスタリカを絶賛! 歴史的背景を無視!(朝香 豊)
PAGE TOP