人権・民主主義

ブティジェッジも予備選で不正を使っていた! おぞましい米民主党の腐敗!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ロバート・エルドリッヂ博士によると、民主党が選挙で不正を行うのは前々から知られていることで、数え切れないほどだそうだ。

その一例として、エルドリッヂ博士はブティジェッジ前サウスベンド市長の話を挙げた。

ブティジェッジ氏は今年の民主党の大統領選挙候補として名乗りを上げ、序盤戦ではかなり善戦して一気に知名度を上げた。

よく知られているのが民主党のアイオワ州党員集会で、サンダース上院議員が26.1%の得票だったのに対して、ブティジェッジ氏が26.2%となり、わずかに0.1ポイント上回ってアイオワ州を制したという話だ。

エルドリッヂ博士はブティジェッジ陣営が集計アプリを作った「シャドウ」という会社に出資している上に、この会社の創業者の夫が同陣営の顧問だったことを指摘しつつ、多くの票がサンダース側からブティジェッジ側に流れていたことが後に判明したと書いている。

これが事実だとすると、民主党が腐っていたのは民主党中央だけではなく、地方組織も含めて相当な汚染が広がっていて、割と「当たり前」のようになっていたことが示唆される。

民主党の闇は深い。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

世界日報の記事
https://www.worldtimes.co.jp/world/usa/109541.html
static.reuters.comからの引用画像(ブティジェッジ氏)
https://static.reuters.com/resources/r/?m=02&d=20190604&t=2&i=1394057151&r=LYNXNPEF5300V&w=640
www.robertdeldridge.comからの引用画像(ロバート・エルドリッヂ博士)
https://www.robertdeldridge.com/wp-content/uploads/2017/08/IMG_9849.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  2. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ナイジェリアの法律家連合も中国を提訴! 200兆円を要求! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ナイ…

  2. 安全保障

    大統領選挙人投票に異議を唱える上院議員が続々と! ペンス副大統領も賛成へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

  3. 安全保障

    アリゾナ州もドミニオンの調査へ! トランプ勝利への道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!6時…

  4. 道理

    米軍に安易な基地名見直しの動き! 南北戦争の南部指導者名は外すべきか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米軍…

  5. 人権・民主主義

    「慰安婦は売春の一種」と述べた延世大学の柳教授の講座は停止扱いに! (朝香 豊)

    韓国の延世大学の柳錫春教授は、「売春は古い産業であり、多くの国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    習近平主席が姿を消す! すでに一週間!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    コロナ対策での米台接近に、中国反発! 台湾は中国に反論!(朝香 豊)
  3. 道理

    ウクライナ元検察トップがバイデン 疑惑を語る!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  5. 人権・民主主義

    ハンター・バイデンの新たな疑惑発覚! 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)
PAGE TOP