安全保障

州知事拉致未遂の犯人は反警察グループだ! 「白人至上主義者」は悪質なフェイク!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

10月8日に、ミシガン州のウィトマー州知事(民主党)を拉致しようとする計画がFBIの内偵で事前に発覚し、13人が逮捕された。

このグループはバージニア州のノーサム州知事(民主党)も攻撃対象としていたとされ、親トランプの「白人至上主義者」たちの武装グループによる犯行だと報道された。

だが、この報道は悪質なフェイクである。

まず、逮捕された13人のうちの1人のダニエル・ハリスはBLM運動の参加者だったことが確認されている。

ハリスが「黒人の命は大切」だとするBLM運動に参加している「白人至上主義者」だとすると、それは論理矛盾と言うべきだろう。

ハリスは白人警官によって黒人のジョージ・フロイドが亡くなった事件を許されないと思っていて、警察の暴力への反発からBLMに参加していた。

別の逮捕者の1人のブランドン・カセルタはSNS上でトランプ大統領をしょっちゅう批判していたことで知られる。(今は彼のアカウントは凍結されていて、SNSの投稿は確認できない。)

彼も警察が大嫌いなアナーキスト(無政府主義者)で、彼が映った動画の背景には無政府主義の旗が飾られており、アナーキストの典型的な主張を述べている。(この動画はブログ下部にアップしてある。)

13人のうち、ショーン・フィクス、ヌル兄弟、ジョセフ・モリソンなど7人は、反政府・反警察の民兵集団であるWolverine Watchmenのメンバーだった。

ここからわかるのは、彼らが親トランプ派の「白人至上主義者」の集まりなどでは断じてないということだ。

彼らはアナーキスト的傾向を持つ、反警察・反政府主義者のグループであり、警察を大切にするトランプとはむしろ敵対関係にある。

さて報道では、ウィトマー知事やノーサム知事がトランプの政策に反対して都市封鎖を実行していることに対して、トランプ大統領が「ミシガンを解放せよ」「バージニアを解放せよ」と言っていたことに、このグループが呼応したもののように扱われてきた。

だが、そもそもこの計略が実行に移され、成功していたとしても、大統領選挙で有利になるのはバイデン側であって、トランプ側ではない。

成功しようが、失敗しようが、事前に発覚しようが、すべて有利になるのはバイデン側であって、トランプ側ではない。

トランプを勝たせようという勢力がそんなアホなことをやるわけがないではないか。

メディアの偏向を改めて思い知らされた事件である。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のOakland County Timesの記事
http://oaklandcounty115.com/2020/06/08/lake-orion-protest-affirms-black-lives-matter-movement/
ネタ元のConan Dailyの記事
https://conandaily.com/2020/10/10/brandon-caserta-biography-13-things-about-gretchen-whitmer-kidnapping-conspirator-from-michigan/
ネタ元のConan Dailyの記事
https://conandaily.com/2020/10/11/shawn-fix-biography-13-things-about-gretchen-whitmer-kidnapping-conspirator-from-michigan/
ネタ元のConan Dailyの記事
https://conandaily.com/2020/10/11/eric-molitor-biography-13-things-about-gretchen-whitmer-kidnapping-conspirator-from-michigan/
ネタ元のConan Dailyの記事
https://conandaily.com/2020/10/11/joseph-morrison-biography-13-things-about-wolverine-watchmen-co-founder/
Foxからの引用画像(ウィトマー知事拉致未遂犯人)
https://images.foxtv.com/static.fox2detroit.com/www.fox2detroit.com/content/uploads/2020/10/764/432/13-accused-kidnapping-plot.jpg?ve=1&tl=1BBVCPNCETVFG3NJICBOD3GTBZQ.jpg
Amazonからの引用画像(無政府主義者の旗)
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41NZtLXyUVL._AC_SX450_.jpg

警察を敵視するブランドン・カセルタ

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  5. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ハンターのみならずジョー・バイデンも関与か? 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  2. 安全保障

    第2次朝鮮戦争の可能性高いと、ハーバード大教授が警告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!クリン…

  3. 安全保障

    台湾で訪台する中国人のための文書偽造が問題に! 日本は大丈夫なのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!台湾で…

  4. 安全保障

    台湾で中国からの干渉を防ぐ「反浸透法」成立! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  5. 人権・民主主義

    単純な算数でわかる今回の不正選挙! バイデン勝利はありえない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    中国共産党が過去の裏切者の話を掲載! 中国高官の米亡命は共産党体制と習近平を揺る…
  2. 人権・民主主義

    韓国のチョ・グク法相の辞任の「裏」を見落とすな!(朝香 豊)
  3. 道理

    自動ブレーキなどが搭載された「安全運転サポート車」の購入を政府が支援!(朝香 豊…
  4. 人権・民主主義

    韓国で市長選挙への大統領府不正介入で、検察が再び家宅捜査へ!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    新型コロナウイルス対応で日本を殺すな! 末端の疲弊から目をそらしてはいけない!(…
PAGE TOP